« 今後の旅行予定 | Main | [Journey] 北海道紋別郡(名寄本線・豊野駅 '89. 2. 8) »

May 07, 2020

今まで乗ってきたJR線の距離を再計算する

こういう機会でもあり、ここで今まで乗ってきたJR線の距離を再計算してみた。

会社 営業キロ 乗車キロ 乗車率
JR北海道 2,371.6 2,371.6 100.0%
JR東日本 7,208.6 7,192.0 99.8%
JR東海 1,967.5 1,967.5 100.0%
JR西日本 4,888.3 4,877.3 99.8%
JR四国 855.2 850.9 99.5%
JR九州 2,251.6 2,251.6 100.0%
合計 19,542.8 19,510.9 99.8%

 

 

 

 

 

 

 

新たに乗った路線の加算よりも、廃止になった路線をマイナスすることのほうが多かった。

まず、きょう5月7日付けで廃線になったJR北海道の札沼線(北海道医療大学-新十津川間)。この線に乗ったのは大学の春休み、まだ国鉄だった頃に周遊券で旅行していて暇を持て余して思いつきで寄り道したときの、たぶん一度だけだった。午後の列車に乗り、終点の新十津川駅に着いたときには日が落ちていた。三脚を立てて夜の駅を撮った。

…しかし今日、その写真をアップしようと久しぶりにフィルムスキャナを使おうとしたところ、スキャナが故障していた。これを機に新品を買おうかと考えたけれど、このご時世、不要不急で宅配便の世話になる買い物をするのも何なので、今回は写真は無しで。

またJR東日本の気仙沼線(柳津-気仙沼間)と大船渡線(気仙沼-盛間)は東日本大震災で被災し、2012~13年にBRT(Bus Rapid Transit)と呼ばれる、主に線路敷の上を舗装して作った専用道を走る路線バスで復旧した。当初このBRTは鉄道復旧までの暫定運行とする予定だった。しかしJRは鉄道としての復旧をあきらめ、今年4月1日付けで鉄道は廃止扱いにしてBRTはそのままバス路線となった。

2010年の夏、仙台から気仙沼線の列車に乗って気仙沼へ行ったことがあった。それから町を歩いて、たまたま見つけた大船渡線の鹿折唐桑駅から気仙沼駅まで一駅だけ列車に乗って戻った。これが結局、気仙沼線と大船渡線の列車に乗った唯一の経験になってしまった。

 

20050701sisiorikarakuwastn01Miyagi, RICOH Caplio GX100 (2010. 7)

鹿折唐桑駅は気仙沼の市街地にある。昨秋気仙沼を再訪したとき、BRTで下車した。

 

20050702sisiorikarakuwabusstopMiyagi, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2019.11)

しかし鹿折唐桑のバス乗降場に鉄道時代の雰囲気は残っていなかった。

あらためて記憶をたどると、小さなローカル線にも思い出がある。

***(2020.5.23追記)

自粛期間中、身辺整理をしているときに札沼線の新十津川駅で撮った写真のプリントを見つけたのでフラットベッドスキャナで読み込んだ。

 

20050703shintotsukawastn120050704shintotsukawastn2Hokkaido, MINOLTA X-600 with MD Rokkor 50mm F1.7 (1989.2)

夜のホームの写真は1989年2月15日。雪の駅舎のほうは1989年2月3日。「人間はすべて鉄ちゃん」とキャプションをつけていた。まったく記憶になかったけれど、昼と夜の二度訪れていた。夜写真のキャプションには使ったカメラ・レンズ・フィルムのほかに「4秒 f5.6」と絞りとシャッター速度も書いていた。今よりも丁寧に写真を撮っていた。

 

|

« 今後の旅行予定 | Main | [Journey] 北海道紋別郡(名寄本線・豊野駅 '89. 2. 8) »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今後の旅行予定 | Main | [Journey] 北海道紋別郡(名寄本線・豊野駅 '89. 2. 8) »