July 21, 2020

今後の旅行予定

■夏休み…7月の予定をまるごと9月に延期

今の職場では夏休みは割と柔軟に取ることができる(…か、まったくとれないかのどちらかの)環境なので、現状に鑑みて休みを先送りした。「Go To トラベル」キャンペーンが使えるといいなあ(笑)。

しかし使えないのならば、そもそも内容以前に"Go to travel"という表現が英語としておかしいので、うっかり「旅行に行く」という意味合いで口に出すことがないよう、記憶に保持しておきたくないのだけど。

 

2007211fountainTokyo, SONY α6000 with SAMYANG AF24mm F2.8 FE (2020. 7)

| | Comments (0)

May 23, 2020

[Journey] 北海道紋別郡(名寄本線・豊野駅 '89. 2. 8)

20052301homeHokkaido, MINOLTA X-600 with MD Rokkor 50mm F1.7 (1989.2)

前の記事の新十津川駅の写真を発掘したとき見つけた、別の写真。これも1989年2月に北海道を旅行したときに、名寄本線の豊野駅とその近くで撮った。

名寄本線は、石北本線の遠軽からオホーツク海沿いを通って宗谷本線の名寄に至る138kmの路線。遠軽まで夜行の急行列車に乗り、4時40分発の名寄本線の始発列車に乗り換え、朝日が昇る頃にこの駅に降りた。無人駅だった。列車を降りるとき車掌から「しばれ死ぬぞ」と言われたことを今も覚えている。

 

20052302toyonostnHokkaido, MINOLTA X-600 with MD Rokkor 50mm F1.7 (1989.2)

それから、駅の近くで列車の写真を撮っていた。新十津川で「鉄ちゃんばかり」とほざいておきながら、ヤワな鉄ちゃんを凌ぐ行動をとっていた。

 

20052303trainHokkaido, MINOLTA X-600 with MD Rokkor 135mm F2.8 (1989.2)

だがなんでこの駅を選んで降りたのか。…それが思い出せない。我ながら謎の行動だった。

名寄本線は、この写真を撮った3か月後の1989年5月1日に廃線になってしまった。行った理由は謎ながらも30年経ったいま見ると非常に貴重な写真なので、今回、載せてみた。

 

駅があった場所の、現在の地図。列車の後ろに広がっていた雪原は、実は意外に近くからオホーツク海だったのかもしれない。

それにしても2月の午前6時にもう一度ここへ行くのは、絶対に無理。

| | Comments (0)

«今まで乗ってきたJR線の距離を再計算する