« [Journey] Kandy / Sri Lanka '18. 9.18 | Main | [Journey] Jaffna / Sri Lanka '18. 9.20 »

September 19, 2018

[Journey] Kandy~Jaffna / Sri Lanka '18. 9.19

北部の町・ジャフナへ、320kmの移動。キャンディ、ジャフナの両方とも鉄道は通じているけれど途中乗換えが必要で、列車の詳しい時間もわからない。距離は長いけれど、直行便があるバスを利用する。


18091901timetable
Kandy (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

8時30分のジャフナ行きバスは、8時25分頃にバスターミナルを発車した。時間ぎりぎりに来たら乗り遅れていた。長距離バスも車両は今まで乗ってきたものとほぼ同じで、椅子は古くて狭くて硬い。エアコンやトイレなど望むべくもない。


18091902inthebus
Kandy (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

車内ではスリランカ音楽のライブビデオがだらだら流れている。

途中、一昨日滞在したダンブッラの街の時計台が見えた。このバスはダンブッラを経由するのだ。予め知っていれば、もっとスケジュールを効率的に作ることができたかもしれなかった。


18091903clocktoweragain
Matale (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

途中休憩は一回だけ。ほぼ飲まず食わずで過ごす。15時40分にジャフナに着いた。


18091904jaffnabt
Jaffna (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

だ円形をした島・スリランカの、南北の距離は440km。南北で気候の差は特に感じない。だがジャフナは距離的にインドに近く、コロンボやキャンディと比べると雰囲気もどことなく南インドの田舎町っぽく見える。たとえばインドでよく見る、髪を太い三つ編みにした女性を、この町では多く目にする。


18091905braid
Jaffna (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

ジャフナを含むスリランカ北部では、1983年から2009年まで激しい内戦が続いていた。原因は、人口の7割を占める多数派のシンハラ人と、北部や東部地域に多く住んでいるタミル人の間の民族対立だった。

シンハラ人優遇政策に不満を持ったタミル人の一部はスリランカからの分離・独立を目指してLTTE(Liberation Tigers of Tamil Eelam〔タミル・イーラム解放の虎〕)という組織を作り、スリランカ政府軍と戦った。幾度となく繰り返された和平交渉・停戦合意が失敗した後、強硬派のラジャパクサ大統領が海軍・空軍まで用いた総力戦でLTTEを制圧し、2009年に武力で内戦を終らせた。

人口およそ2,000万人のスリランカで実に26年に渡って続いた内戦の死者は5万人、負傷者は6万人以上といわれ、28万人を超えるタミル人が国内難民となった。

スリランカ政府は「海外には、まだLTTE残党が存在する」と発言し、一方で「政府・軍・警察などによるタミル系住民迫害が今も続いている」と「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」というNGOが報告するなど、両者の対立は完全になくなったたとは言い難いけれど、その後スリランカ国内でテロは再発していないとされる。そして日本の外務省が長い間スリランカ北部などに出していた渡航自粛勧告も解除され、普通に旅行できるようになった。

今ジャフナを歩いていて、とりあえず危険な気配は感じない。

腹が減っていたので何か食おうと、バスターミナル近くの食堂に入る。140ルピー(¥98)の野菜カレーを注文。


18091906curry
Jaffna (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

若い男の店員と話しているとき、男が「Yes」と答えながら首を大きく横に傾げる、よくインド人がする身振りをすることに気づく。

スリランカでこのゼスチャーを見たのは初めてだった。「インド人?」と尋ねると、彼は「いや、スリランカ人だ」と答えた。やはりインドの影響が強い地域なのだろうか。彼と話を続けた。

「スリランカに前に来たのは1992年だって?まだ俺は幼かったよ。そのときはジャフナには来てないよね?」

当時のジャフナは「行きたくても行けない町」として、私は記憶していた。

「そう、この町は危険だった」

彼は腰に手をやると機関銃を構える真似をして、「トゥルルルルルル…」と唇をふるわせた。

その姿が妙にリアルだったので、無意識に「実際に見たことあるのか?」と尋ねた。

少し沈黙してから彼は、無表情に「…Yes」と言った。


18091907ozyhotel
Jaffna (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

ジャフナの宿はネットで予約していた。バスターミナル、鉄道駅ともに徒歩10分くらいで行くことができる場所にある「Cosy Hotel」。1階にレストランがあり、2階から4階が宿になっている。『地球の歩き方』にも、ここのレストランについては「ジャフナで数少ない観光客向けのレストランで、何を食べてもおいしい」と紹介されている。

外観は少しくたびれているけれど、ホテル部分の階段は吹き抜けで洒落た造りになっている。


18091908stairway
Jaffna (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

部屋もクラシックで洒落た雰囲気だろうか、と期待して扉を開ける。


18091908toomuchbeds
Jaffna (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

えっと…、ベッドひとつでいいんですけど。

ベッド置き場か、この部屋。しかも、なぜかベッドだけは豊富にあるけれど、アメニティは、石鹸、タオルといちばん手前のベッドにだけかけられたシーツ(もしかしたらシーツ風の掛けぶとん)のみだった。シーツまでアメニティにカウントしたくなるほど、何もない。

過去に石鹸もタオルもシーツもなく、ベッドと枕だけの宿に泊まった経験もあるので、設備がPoorであることはとりわけ大きな不満ではない。けれど、ここの宿代は一泊¥2,143。「とても安い」というほどでもない。しかも、三泊する予定だ。まあ「寝るだけ」と考えればよいか…というか、「寝るだけ」にすれば…と自分を納得させる。

だが、さらに問題が発覚した。部屋の中から鍵をかけられないのだ。さすがにこれは納得し難かった。

フロントに下りてボーイを呼び、調べてもらう。けれども、やはりだめだった。

「鍵がかからないのなら部屋を変えろ」とクレームをつけた。しかしこのとき実は同時に、「…これはひょっとしたら、もう少しまともな部屋に変えてもらえるチャンスかも」と、心の中でほくそ笑んでいた。

部屋を変えろと言ったせいか、今度は、オーナーの、無口そうな中年男性がやってきた。そして自らドアをガチャガチャやって確認しはじめた。ここで不具合をしっかりアピールしなければならない。

オーナーの背後から、

"Never Locking!"
"Very Dangerous!"
"Too Impossible!(?)"

…等、とにかく思いつくままの英語で不満をたれ続けた。すると、それを傍らで聞いていたボーイから「あんたおもしろいな。好きだわ」と、なぜか賞賛された。

しばらくしてあきらめたオーナーに「今日は他の部屋が空いていないので、明日まで待ってくれ」と言われたので、「変えてくれなかったら予定を短縮して明日出て行くぞ」と釘を刺す。もっとも宿代はカードで支払い済なので、予定を変えるとなったら、それはそれで面倒なのだけど。

今晩は扉の前に椅子などを置き、不審者の侵入時には音でわかるようにして就寝。


18091909lockedroom
Jaffna (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

しかしこの鍵が今日壊れたというわけでなければ、今までこの部屋に泊まった客は鍵がかからなくてもたいして気にしていなかったということなのではないか、と、寝るときに気づく。

|

« [Journey] Kandy / Sri Lanka '18. 9.18 | Main | [Journey] Jaffna / Sri Lanka '18. 9.20 »

■Journey」カテゴリの記事

#Sri Lanka」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] Kandy / Sri Lanka '18. 9.18 | Main | [Journey] Jaffna / Sri Lanka '18. 9.20 »