« SAMYANG AF24mm F2.8 FE | Main | [Journey] Mount Lavinia~Dambulla / Sri Lanka '18. 9.16 »

September 15, 2018

[Journey] Colombo~Mount Lavinia / Sri Lanka '18. 9.15

最近、自分が旅をやめるのはどんなときか、ふと考えることがある。若い頃には、それは自分の体力が尽きるときだろうと思っていた。しかし最近は体力以前に、旅に出る直前、気分がとても重くなることがある。億劫に感じるのだ。ここ数日、休みが近いのに、憂鬱な気分だった。

ただ、そのような傾向は昔からあった。学生時代は「億劫だ」というそれだけの理由で出発日を延ばしたことさえあった。さすがに社会人になり休日が貴重になってからはそんな勿体ないことはしなくなったものの、最近また出発前の億劫さが心の中でじわじわ大きくなっていることを感じる。たぶん私が今、旅をやめるとしたら、その原因はまず、億劫さに負けたときだろう。


18091501hanedaairport
Tokyo, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

そして今回もまた羽田0時40分の深夜便での出発。これも気が重くなる一因かもしれない。今年のゴールデンウィークの午前2時発北京行きよりはマシだけど。

さらに、今日は出発前から下痢気味。もっとも、旅の途中で腹をこわした時は原因が非常に気になるものだけど、出発前の下痢なら何も疑う必要がないからまあいいか、と、わけのわからないことを考える。

午前5時にタイ・バンコクのスワンナプーム空港に着く。機内で二回クソをした。

今回は、バンコクは乗り継ぎのみ。しかし乗り換え時間が4時間あるので、どこかに寄り道しようかと、いったんタイ入国手続きをする。だが、うすうす予想はしていたもののスワンナプーム空港の近辺には何かがあるというわけではなく、結局、空港内のファミマを冷やかした程度でイミグレへ戻る。タイに入国していた時間は1時間程度。最短滞在記録更新だ。けれども、バンコクのもうひとつの国際空港であるドンムアンだったら、空港から陸橋を歩いて行くことができる国鉄の駅に出て、周りのひなびた街の空気を吸うくらいはできたのにな、と思う。


18091502srilankanair
Bangkok (THAILAND), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

ここからスリランカ航空の飛行機に乗る。11時頃、コロンボ郊外のバンダラナイケ空港着。まず「いちばんお得」とネットで紹介されていた通信会社の、空港内にあるカウンターへ行き、SIMカードを買う。


18091503airport
Katunayake (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

たしか5GBで 1,300ルピー(¥910)だったような。

バスでコロンボ市内へ入り、バスターミナルから鉄道駅まで歩く。人や動物や車が吐く熱気と気温の高さが、ドブから漂う小便の臭いを、より強めているように感じた。


18091504colombo
Colombo (SRI LANKA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 9)

スリランカを訪れるのは1992年以来、四半世紀ぶりだ。東南アジアのタイ、マレーシアやベトナムといった国では、しばらくぶりに訪れると町の様子が大きく変わって見えることがしばしばあった。それらに比べてコロンボの町の変化は小さいように感じた。

町の中心にあるコロンボ・フォート駅に着き、一層その感を強くした。遅れた様子でだらだらと入線してくる煤けた列車はどれも、開け放たれた客車の扉からあふれんばかりに客が乗っている。


18091505colombofortstn
Colombo (SRI LANKA), SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 9)

一時間ほど待って、その定員オーバーの列車のひとつに乗る。行き先を乗客に確認する。スリランカはインド程度に英語が通じるので、助かる。無事に車内に入ることはできたけれど、奥まで押し込まれてしまった。30分後、人をかき分けて列車を降りる。村の長老的な雰囲気の婆さんが私を見て何か言い、それに反応して周りの数人が嗤っていたけれど、構う余裕はなかった。

下車したのはコロンボの南13kmにある、マウント・ラヴィニヤという駅。線路の近くにビーチがある。


18091506tobeach
Colombo (SRI LANKA), SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 9)

マウント・ラヴィニヤは前回のスリランカの旅で最後に泊まった場所だった。フィルムカメラで写真を撮っていた。


18091507latemtlavinia
Colombo (SRI LANKA), MINOLTA X-700 with MINOLTA MD 28-80mm F3.5-4.8 (1992. 9)

そのとき撮った上の写真を帰国後に人に見せたとき、「この草ぶき屋根の家は高波が来たら真っ先に流されるんじゃないの?」といわれた。そしてたしか「流されてもすぐ、何度でも建て直せるだろう」と答えた記憶があった。

海岸に出て、まず、草ぶきの家を探した。だが草ぶきの家は一軒も残っていなかった。


15091508mtlaviniatoday
Colombo (SRI LANKA), SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 9)

土曜日の夕方であるためか、海岸は多くの地元の人で賑わっていた。

座って落ち着けそうな場所がなかったので、立ったまま、スーパーマーケットで買ったビールのロング缶を一気に飲んだ。立って500mlを一気飲みするのは、高校の帰りに飲んだチェリオ以来かもしれなかった。飲み干したとき、今日初めて「ここに来てよかった」と思った。いや別にここでなくても、ビールを一気飲みできればどこでも同じことを思っていたかもしれないけど。

今回のスリランカの旅は、ここから始める。


18091509sunset
Colombo (SRI LANKA), SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 9)

|

« SAMYANG AF24mm F2.8 FE | Main | [Journey] Mount Lavinia~Dambulla / Sri Lanka '18. 9.16 »

■Journey」カテゴリの記事

#Sri Lanka」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« SAMYANG AF24mm F2.8 FE | Main | [Journey] Mount Lavinia~Dambulla / Sri Lanka '18. 9.16 »