« July 2018 | Main | September 2018 »

August 2018の1件の記事

August 25, 2018

SAMYANG AF24mm F2.8 FE

1808250124mmsamyang

サムヤン24mm F2.8。韓国メーカー(そしてMade in Korea)のレンズを買ったのは、たぶんこれが最初(※ゴム製のフードはあとで買い足した別メーカーのものです)。

気になって手持ちのレンズの製造国をいくつか調べてみたら、最近買ったものの中に日本製はひとつもなかった。カールツァイスのテッサーE16-70mm F4でさえ、タイ製だった。1970年代に日本のカメラメーカー・ヤシカが子会社の富岡光学でカールツァイスブランドのレンズを作りはじめた頃、日本製のツァイスレンズは西ドイツで作られたものに比べて一見よくわからないけど実は品質が劣るだの、西ドイツ製のもので撮った写真とは「空気感」が違う(西ドイツ製は空気が写る?)だの、さまざまな噂が立ったことがあった。しかし今はそんな話を聞いたところで、Webにupされた作例で真偽があからさまになってしまう時代なので、どこで製造されたかということは、もう大した問題ではないのかもしれない。

18082502angleこのレンズをAPS-Cサイズのα6000に付けると、焦点距離は35mmサイズ換算で36mm相当になる。

一般的に、人の視野に近い焦点距離といわれる35mmサイズで50mmのレンズの写る範囲(画角47°)は、丸い視野の中を切り取るように見えるのに対して、36mmのそれ(画角62°)は、視野に内接する四角形に近く感じる(ただし視野の広さには個人差があるので、あくまで私個人の感覚と思ってください)。

50mmを含むそれ以上の長さの焦点距離のレンズでは視野の一部分を切り取る形になるので「画を作る」感覚が強いのに比べて、36mmではほぼ「見たまま」の状態であることから、構図が凡庸になってしまうことも少なくない。だが日々の記録用として使うには、最も使いやすい焦点距離だと感じる。

また、このレンズは長さ37mm・重さ93gでスペックの割に小型軽量に作られており、持ち歩きしやすい。

以下作例。


18082503todeninmorning

18082504ultraman

18082505gapao

18082506todeninnight
Tokyo , SONY α6000 with SAMYANG AF24mm F2.8 FE (2018. 8)

これは自分としては久々の、買ってよかった的レンズになりそうな気が。

| | Comments (0)

« July 2018 | Main | September 2018 »