« [Journey] Turpan / CHINA '18. 5. 3 | Main | 旅がグンと楽になる7つの極意 »

May 04, 2018

[Journey] Turpan~Urumchi / CHINA '18. 5. 4

高速鉄道ができるまで、トルファンとウルムチの間は3時間かけてバスで移動するのが普通だった。在来線のトルファン駅は市街から50kmも離れていた(それで「トルファン駅」と名乗るのもすごいけど)ため、鉄道の利用は一般的ではなかった。しかし高速鉄道のトルファン北駅が市街から15kmのところにできたため、ウルムチ市街中心にあるウルムチ南駅まで列車と路線バスを乗り継ぎ2時間弱で行くことができるようになった。バスほど本数は多くないけれど、トルファン-ウルムチ間を高速鉄道に乗る人は少なくないらしい。


18050401busintruphan
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

通勤客が目につく朝のトルファン北駅前行き路線バスに乗るとき、背後から車掌に金属探知機をバックパックに当てられた(こんな感じの棒型のやつ↓)。

しかしながら「とりあえず当てましたよハイハイ」的なチェックで、さすがに「厳重な警備」も、もう結構無理があるような気がした。それに、駅から街へ来たときのバスではこんなチェックはなかったのに、一貫性がない。ひょっとしたら抜き打ち的な意図で行っていたのかもしれないけど。


18050402ticket

トルファンからウルムチまで158km。所要時間は1時間ちょうど、料金は49元(¥843)。列車は砂漠の中を静かに走る。


18050403indesert
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

ほぼ定時にウルムチ南駅へ着いた。高速鉄道はここが終点だ。

北京から通算3,394km。日本の新幹線で距離を例えると北海道新幹線の新函館北斗から九州新幹線の鹿児島中央まで行って折り返して東海道新幹線の熱海くらいまで(…かえってわかりにくい例えになってしまったような)。乗車時間合計は20時間40分。区間によって一等車と二等車を使い分けたけれど、とりあえず今回乗車分の料金を合計すると1,338.5元(¥23,022)。


18050404terminal
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

終点に着いたところで感想をざっくりまとめると、高速鉄道は想像以上に快適な交通手段に思った。その理由は(1) 時間がほぼ正確で大幅な遅れがなかった (2) 日本からきっぷをネット予約できた (3) 飛行機と違い車窓の景色を楽しめた、の三点だ。駅のホームに入るまでに金属探知機による手荷物検査やパスポートチェックがあるなど、日本の鉄道と比べて煩わしい点もないわけではないけれど、中国では航空機や長距離バスでも同じようなセキュリティチェックはあるし、むしろ飛行機やバスに比べて定時性や予約の便利さで勝る高速鉄道は、中国国内の中長距離移動手段として今後さらに成長し続けるだろうと思った。


18050405urumchstn
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

さて。新疆ウイグル自治区の首府・ウルムチ市は人口135万の大都市。過去に爆弾テロが起きたこともある。ウイグル地方の治安を考える場合、ウルムチは最も警備強化が必要とされる町だ。なので、身構えて歩く。

しかしトルファンと違い、駅を出たところでは検問はなかった。だがホテルへ向かう途中で、通りの一角にたむろしていた複数の警察官に止められた。そのとき他の通行人らはチェックされていなかったから、たぶんバックパックを背負っていた外見あたりで目を付けられたのだろう。

私を止めた小太りで丸眼鏡をかけた警察官は、ニヤニヤ笑いながら片手にタバコを持ちつつ、私のパスポートを珍しそうに眺めた。「どこに行くんだ?」と聞き、「ホテルだよ」と私が一言ぶっきらぼうに答えると、それ以上英語を話すことができなかったのか、相変わらずニヤつきながらパスポートをめくり、顔写真の載っているページをスマホで撮影していた。(1)小太り(2)丸眼鏡(3)片手でタバコ(4)横柄な態度、という各々のポイントが隣の国の将軍様にそっくりだったので、パスポートが返されたときに思わず「謝謝、金○恩先生」と皮肉を言いかけたけれど、さすがにダイレクトに通じそうだったのでとどまった。というかセオリーとして、海外で喧嘩するときには絶対に相手の国の言葉で罵ったらダメだ。たとえば、もし外国人から日本語で「ばーか」と言われたら、日本人に同じことを言われたときの数倍ムカつくであろうことは想像に難くないだろう。それと同じことである。

ウルムチ市内は、観光スポットは多くない。そのためか、ここもピチャンやトルファンと同様、22年前に訪れて飛行機の乗り継ぎで宿泊もしたはずだけど、町の記憶がまったくなかった。ガイドブックに載っているスポットの中で、今回、行こうと思ったのは、新疆ウイグル自治区博物館と、「紅山」という、市街にある山だった。


18050406museum
Uyghur (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 5)

たぶん前に来たときにはなかった、立派な建物の新疆ウイグル自治区博物館。土器、木製品から古代ミイラまで、見どころがとても多かった。博物館というところはつまらないと思ったら出口まで立ち止まることなく歩いて見学終了だけど、ツボにはまると何時間でもいたくなる。実は、団体ツアーや他人といっしょに行くには不向きな場所のように思う。結局、ここに二時間以上も滞在してしまった。

日が西に傾きはじめた。明日は帰国なので、先を急ぐ。この旅最後のスポットとして、紅山のある、紅山公園へ。紅山は標高934m。山といっても市街地の真ん中にあるので本格的な登山の準備が必要なわけではないけれど、標高がこれだけあるということは、ウルムチ市街そのものがそれなりの高地にあることをも意味する。紅山の名は、岩肌が褐色であることに由来するといわれる。


18050407kouzan
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

その褐色の岩肌を眺めながら公園へ。


18050408park
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

観光地というより、地元住民向け憩いの場といった雰囲気が漂う。山頂に立つ鎮龍塔という九重の塔を目指して坂を登る。途中で一服した、小さなスペースからの眺めが素晴らしかった。


18050409goodview
Uyghur (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 5)

地図で見るとウルムチは辺境の中にあるお山の大将のような町にも見えるけれど、実際は人口百万を超える立派な都市だということがリアルにわかる。

そしてこの旅のフィナーレ・鎮龍塔へ。


18050410neartower
Uyghur (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 5)

…おお。塔の辺りでわらわら動く人の流れが絶えないぞ。おそらく古くから街のランドマークだったのだろう。そして塔の下へ到達。


18050411tower
Uyghur (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 5)

満足して宿に戻ると、部屋の窓から、紅山と、ほのかにライトアップされた山上の鎮龍塔を望むことができた。ウルムチ意外といい町じゃないか。あとはやはり過度の警備さえなければなー…と思いつつ、この旅終了。


18050412byebye
Uyghur (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 5)

|

« [Journey] Turpan / CHINA '18. 5. 3 | Main | 旅がグンと楽になる7つの極意 »

■Journey」カテゴリの記事

#China」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] Turpan / CHINA '18. 5. 3 | Main | 旅がグンと楽になる7つの極意 »