« [Journey] Xi'an~Lanzhou / CHINA '18. 4.30 | Main | [Journey] Piqan / CHINA '18. 5. 2 »

May 01, 2018

[Journey] Lanzhou~Turpan / CHINA '18. 5. 1

18050101train
Gansu (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 5)

蘭州から新疆ウイグル自治区のトルファンまで、一気に1,619km移動する。東京からの距離でいうと、鹿児島まで行って折り返して博多へ戻ってくるくらい。長旅になるので今日の列車は一等車を予約した。

検札のとき、きっぷに鉛筆でトルファン到着時刻を書かれる。トルファンに着くのは18時57分。所要時間10時間37分。


18050102todaysticket

高速鉄道列車の料金は、区間(または列車)によって、一等車と二等車の価格差が小さい場合がある。北京-西安で乗った列車の場合、一等は824.5元(¥14,181)、二等は515.5元(¥8,867)でおよそ4割の違いがあったけれど、今日の列車では、一等は599.5元(¥10,311)、二等は499.5元(¥8,592)で2割弱しか変わらない。


18050103firstclasscar
Gansu (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

一等の座席は、これまた日本の新幹線のグリーン車と同様に2列ずつの配置。意外に席が埋まっていたように感じたのは、やはり価格が割安なためか。

今日の車窓は、これまでに比べて自然が多く見える…というか、人家が少ない。

窓の向こうの山は、やがて紅く染まり…


18050104redmt
Qinghai (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

白い雪を被り…


18050105snowmt
Gansu (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

そして午後になると、列車は砂漠の中をひた走る。


18050106desert
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

列車内には売店があり、温かい弁当を買うことができた。


18051007lunchbox
Gansu (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

お値段は45元(¥774)。おかずは全て野菜ものだった。ベジタリアン向けメニューというより肉関連の戒律が厳しいムスリムが多いウイグル住民に配慮したものではないかと思った。


18051008somestn
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

途中停車駅の周辺以外はほとんどが単調な砂漠の景色に飽きてきたころ、今日の目的地・トルファン北駅に着く。19時近いのに、北京から直線距離でおよそ2,300kmのトルファンは、北京基準の中国標準時では、まだ真昼の明るさだ。


18051010turpanstn
Uyghur (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 5)

改札を出たところで検問に遭う。中国人はIDカードを見せて通過していくけれど、私はパスポートを見せると、取り上げられて警官に別の場所へ連れていかれた。

最近、新疆ウイグル自治区の警備が厳しくなっていることは下川裕二さんのブログ等で知っていたけれど、大都会でもなく、かといってゲリラが潜んでいそうな山奥でもないトルファンでもこれほどの検問があるのは意外だった。

連れていかれたのは警官の詰所のような場所。別にやましいことはないので淡々と訊かれたことに答える。もっとも質問は「ホテルは?」とか「連絡先の電話番号は?」とかいう程度のことだった。だがまだ何か物足りないのかパスポートをめくり「ビザないの?」とか「ビザなしだといつまでいられるの?」とか何やらケチつけるところを探してる様子。いくらなんでもそう聞かれて「実はオーバーステイですてへぺろ」と答える奴はいないだろうと思いつつ「15日間は滞在できるはず」と説明する。最後にスマホでパスポートの顔写真があるページを撮られた。訊かれてばかりでは面白くないので、市街へ行く交通手段がないのか逆質問する。「タクシーで…」と言われたけれど「バスはないの?あるんじゃないの?」と問いただすと、駅前から出ている202番の路線バスが市街中心部まで行くという。

解放後、その202番バスに乗って市街へ。約20分。運賃1元(¥17)。無事に市街へ着いたものの、今度はホテルの入口に金属探知機があった。そして晩飯を食いにいったファストフード店の中にも金属探知機と警備員が(…)。警備もここまで厳重だと、ある意味治安は相当保たれているのではないかと妙に感心すると同時に、今後の移動や施設に入るときなどにかかる手間等を想像すると先が思いやられた。

|

« [Journey] Xi'an~Lanzhou / CHINA '18. 4.30 | Main | [Journey] Piqan / CHINA '18. 5. 2 »

■Journey」カテゴリの記事

#China」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] Xi'an~Lanzhou / CHINA '18. 4.30 | Main | [Journey] Piqan / CHINA '18. 5. 2 »