« [Journey] Beijing~Xi'an / CHINA '18. 4.28 | Main | [Journey] Xi'an~Lanzhou / CHINA '18. 4.30 »

April 29, 2018

[Journey] Xi'an / CHINA '18. 4.29

陝西省の省都である西安は、昔は「長安」と呼ばれ、秦、漢、隋など十数の王朝の都として栄えてきた。千年以上の歴史があるこの町の見どころはとても多く、一日ですべてを回りきることはできない。そこで今日は初めに、世界遺産にもなっている西安で最も有名な観光スポット・秦始皇帝兵馬俑に行き、あとは町なかに残る古い寺などを適当に巡ろうと考える。日曜日なので観光地は混雑するだろうと思い、朝早めに出発。


18042901rampart
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

西安の市街中心部の周囲は城壁で囲まれている。その城壁に沿った道を歩いて、鉄道(在来線)の西安駅へ。駅前から出ている兵馬俑行きのバスに乗る。

女性の車掌からきっぷを買ったとき「中国人ではないの?」と聞かれたので「そうだ」と答えると、彼女は私のそばで立っていた若い中国人カップルに何やら早口で指図してから「Follow them!」と私に言った。

とりあえず彼らについていけとのことなので、それに従ってバスを下りる。1時間くらい乗っていたけれど、まだ終点ではないようだった。だがここは、言われたとおりにする。

お寺っぽい施設があった。しかし入場券売り場まで来ると、カップルは空いているところに割り込みながら列の前のほうへずんずん進んで行き、やがて見失ってしまった。入場券を買って、ひとりで中へ。入場料150元(¥2,580)。いいお値段だ。ここに兵馬俑があるのだろうか。なんとなくだけど、その気配は感じない。


18042902temple
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

施設の中には博物館もあった。


18042903museum
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

全体的にお洒落な雰囲気だ。カップルで来るのも理解できる。しかしやっぱり、なんか違う。調べるとここは「華清宮」という、唐の時代に作られた離宮で、楊貴妃が使った風呂もあるという。訪れる価値はある場所だ。

しかし限られた時間の中で私が見たいのは、ここではない。

兵馬俑はどこなのだ。

Google Mapでよく調べたところ、ここからさらに8km先にあるようだった。あのままバスに乗り続けていればよかったのだ。

そこで再びバスに乗ろうと停留所に戻りしばらく待ったけれど、たまに来るバスは停まる素振りを見せずに真ん中寄りの車線を走り去っていってしまった。結局歩くことに。

1時間半かけて兵馬俑の入口に着いたときには午後1時を過ぎていた。ちょうど、昼飯食って元気に午後の部に突入した感じの観光バスが駐車場に何台も入ろうとしている。あー早く出発した意味がなくなってしまった。しかしここを見ずして帰るわけにはいかないので、覚悟を決めて行列に並び、きっぷを買う。


18042904ticket

ここもまた、入場料150元。観光地の入場料は、全体的に高く感じる。そしてようやく中へ。

秦の始皇帝と共に埋葬された8,000体近い数の「武士俑」といわれる人形がある3ヵ所の俑坑は、案の定、あふれる観光客で大変な様子になっていた。


18042905mausoleum
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

あーでも写真撮らなきゃ。しゃしん…。


18042906pic
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

なんとか撮った。知らない女性のスマホごしだけど(…)。

3ヵ所の俑坑を全て巡ってから帰ると、街に着く頃にはもう夕方近くになってしまっていた。


18042907cityinevening
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

当初行こうと考えていたお寺の多くは、17時頃で閉まってしまう。寺はあきらめて、夕方過ぎまで開いているところを探す。鐘楼が、まだ開いているようだった。鐘楼とは鐘つき堂のことで、西安の鐘楼は1384年に建てられた。高さ36m。中国国内でも有数の大きさで街のランドマーク的存在であるため、夜も開いているようだ。


18042908syourou
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

楼の階段を上がると、暮れゆく町が見えた。


18042909syourou2
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

鐘楼の高さ自体は周囲のビルなどに完全に負けていたので、正直なところ、上がる前は眺めにはあまり期待していなかった。しかし本当に町の中心にある、交差する道の間に位置しているため、交差点のビルが迫って見えたり、眼下に延びる広い道路を通して町の遠くまで見わたすことができたりして意外に居心地がよかった。

せめてあと一日この町に滞在したい気持ちだったけれど、明日は移動だ。残念。


18042911syourou4
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

|

« [Journey] Beijing~Xi'an / CHINA '18. 4.28 | Main | [Journey] Xi'an~Lanzhou / CHINA '18. 4.30 »

■Journey」カテゴリの記事

#China」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] Beijing~Xi'an / CHINA '18. 4.28 | Main | [Journey] Xi'an~Lanzhou / CHINA '18. 4.30 »