« March 2018 | Main | May 2018 »

April 2018の3件の記事

April 30, 2018

[Journey] Xi'an~Lanzhou / CHINA '18. 4.30

朝、西安のホテルをチェックアウトするときに「Check out」という英単語がフロントの女性に通じなかった。彼女もスマホの翻訳機能を駆使するなどしていろいろ頑張るけれど、なかなか意思疎通ができない。そこで私がGoogleで検索すると、明快な回答が表示された。


18043001screenshot

お姉さんもニッコリ。

中国ではGoogleは使えないと聞いていたけれど、China Mobile社回線のローミングになるという手持ちのSimカードを用いた通信では使えたり、ホテルのWi-fiでは使えなかったりと、プロバイダによる違いなのか、実際には環境によりさまざまだった。


18043002ticket

今日は甘粛省の省都・蘭州へ移動する。高速鉄道の駅がある蘭州西までの所要時間は3時間9分、料金174.5元(¥3,001)。北京-西安間と比べれば短く感じるけれど、移動距離は401km。東京から滋賀県の米原までとほぼ同じだ。その割には料金安いな。昨日行った観光スポット入場料の150元と大差ない。

今日の乗車区間の途中にある宝鶏駅と蘭州西駅の間は昨年7月に開通したばかりの路線。高速鉄道の路線図を見たとき北京とウルムチの間がつながっていることにたまたま気づいて実現に至った今回の旅だけど、実はホットなルートだった。


18043003incar
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

高速鉄道の二等車両は、新幹線の普通車と同じように3列+2列の並び。13時過ぎに蘭州西に着く。


18043004station
Gansu (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

駅前は開発中の様子。その向こうには土が剥き出しのはげ山。厳しい気候の、シルクロードの地へ来たことを実感する。

まずネットで予約してあったホテルへ向かう。しかしなかなか見つからない。おかしいと思いつつ何度か通りを行き来し、最終的にはGoogle Mapに緯度経度を入力して検索するという荒技で場所を特定。そこにはタワーマンションかビルのような建物があった。しかしその前には施錠された門があり、警備員から中へ入ることを拒まれた。そしてあらためて確認すると、サイトに掲載されている宿のページには建物の看板や外観の画像がないことに気がつく。


18043005hotel

日本でいう民泊のような施設だろうか。手こずりそうな気がした。英語が通じない警備員と身振りや筆談でやりとりするうちに「直接宿に電話して確かめろ」みたいなことを言われる。そこでまた、けさ西安のホテルで英語が通じなかったことを思い出す。高まるいやな予感を胸に電話。

やはり英語は通じなかった。話がかみ合わないまま、向こうから電話を切られた。警備員に筆談で泣きついて、彼から電話をしてもらう。その後彼に、スマホの音声翻訳で宿との会話の結果を見せられた。きょうは機械翻訳が大活躍だ。

警「何かお手伝いしましょうか」

私「(…これ英語でいう"May I help you?"の機械翻訳かな?)…私はこのホテルに泊まれると話していましたか?」

警「今日は満室だと言っていました」

私「…。私はこのホテルを諦めたほうがいいですか?」

警「あなたは諦めたほうがいいです」

予約が通っていない点に疑問は残ったけれど、反面、これ以上粘っても、らちがあかないように思われた。何よりもう、そこまでして泊まりたい宿に思えなくなっていた。幸いにして支払いは現金の予定だったので、キャンセル料を勝手に取られることはなさそうだった。警備員に音声翻訳で礼をいい、ホテル探しにとりかかる。

駅から1kmくらいのところに新しいホテルがあるのを見つけ、かろうじて通じた英語でチェックイン。朝食付き一泊558元(¥9,598)。西安で泊まったホテルの3倍の値段だったけれど、仕方がない。中国の場合、もともと外国人を泊めることが許可されていない宿というのもあり、安宿が簡単に見つからない可能性があったので、泊まれそうであれば躊躇せずそこに決めるつもりだった。

荷物を置き、町へ出る。蘭州は、町の中を流れる黄河と蘭州ラーメンで知られる。黄河とは、あの「黄河文明」の黄河だ。もっとも紀元前7000年ごろに成立したといわれる黄河文明が早くから栄えたのは川の下流域であり、蘭州がその名を知られるようになったのはシルクロードの要衝の町としてだった。紀元前4世紀ごろ、秦の昭王の時代に隴西郡の地となり、漢代に金城郡、そして隋代の582年に現在の名称の蘭州が設置された。人口は314万。西安に比べて肌寒く感じたので標高も調べたところ、1,600mもあるようだ(西安は400mだった)。この旅は単純に東から西へ移動するだけだと思って事前に標高差のことは考えていなかったけれど、実際には結構起伏に富んだところを行くようだ。


18043006huanghe1
Gansu (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

まず黄河を見に行く。川は駅から2~3km離れたところにあった。黄河という名の由来は、上流の黄砂が混ざって黄色く見えたためという説がある。今日の川の水は、黄色というより茶色かった。


18043007huanghe2
Gansu (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

次はラーメンだ。

「蘭州ラーメン」というものを初めて意識したのは、2016年に中国南部・雲南省のシーサンバンナを訪れたときだった。


18043008ramen
Yunnan (CHINA), SONY Cyber-shot DSC-W730 (2016. 9)

ラオスやミャンマーとの国境に近いこの場所で、モスクの絵が描かれた看板がある蘭州ラーメンの店を見つけたとき、なぜここに中国の地方都市の名前がついたラーメン屋があるのか理解できなかった。のちに蘭州ラーメンが中国全国に広がる一大ブランドであることを知った。そして数年前には日本にも蘭州ラーメンの店がオープンしたことを聞いたけれど、これは日本人向けでなく在留中国人向けに作ったのではないかと思った。というのは、シーサンバンナで蘭州ラーメンを食べたときに「これは、進化しすぎたラーメンに慣れた日本人には合わないだろうな…」と感じたためだった。だが一方で「ラーメンはシンプルなほうがいい」というポリシーを持つ私には、簡素な蘭州ラーメンのコンセプトは、いたく理解できた。

さて。蘭州に来たからには本場もののラーメンを食べようと、繁華街へ。町には麺を扱う飲食店が多くあった。せっかくなのでシブめのところにしたいと思い、店頭で麺打ちをしていた小さな店へ入る。身振りで注文すると、しばらくして料理が手元に。


18043009noodle1
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

…なんか期待していたのと違う。

しかしこれはこれでシンプルに旨かった。

だがラーメンを食べたいという思いはまだ達成されていない。幸いにして量も少なかったので、これをいただいた後、別の店をあたる。一軒目より少し大きめの店。カウンターの奥で調理をしている。適当にメニューを指差して注文(あとで考えると、この適当さが思い通りの料理に巡りあえない原因だったのだけど)。


18043010noodle2
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

出てきた料理はまた、思っていたものと違っていた。今度は、丼いっぱいに入れられたきしめんのような太麺の上に、こまかく切ったジャガイモ・にんじんとパクチーが乗っている。スープはカレー味。これ、最初のひと口ふた口は結構おいしく感じたのだけど、いかんせん量が多かった。食べ終えると、これ以上蘭州ラーメンを追求することはあきらめざるをえなかった。

今日の総括。

「蘭州にはラーメン以外の麺屋さんも多いぞ」。

| | Comments (0)

April 29, 2018

[Journey] Xi'an / CHINA '18. 4.29

陝西省の省都である西安は、昔は「長安」と呼ばれ、秦、漢、隋など十数の王朝の都として栄えてきた。千年以上の歴史があるこの町の見どころはとても多く、一日ですべてを回りきることはできない。そこで今日は初めに、世界遺産にもなっている西安で最も有名な観光スポット・秦始皇帝兵馬俑に行き、あとは町なかに残る古い寺などを適当に巡ろうと考える。日曜日なので観光地は混雑するだろうと思い、朝早めに出発。


18042901rampart
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

西安の市街中心部の周囲は城壁で囲まれている。その城壁に沿った道を歩いて、鉄道(在来線)の西安駅へ。駅前から出ている兵馬俑行きのバスに乗る。

女性の車掌からきっぷを買ったとき「中国人ではないの?」と聞かれたので「そうだ」と答えると、彼女は私のそばで立っていた若い中国人カップルに何やら早口で指図してから「Follow them!」と私に言った。

とりあえず彼らについていけとのことなので、それに従ってバスを下りる。1時間くらい乗っていたけれど、まだ終点ではないようだった。だがここは、言われたとおりにする。

お寺っぽい施設があった。しかし入場券売り場まで来ると、カップルは空いているところに割り込みながら列の前のほうへずんずん進んで行き、やがて見失ってしまった。入場券を買って、ひとりで中へ。入場料150元(¥2,580)。いいお値段だ。ここに兵馬俑があるのだろうか。なんとなくだけど、その気配は感じない。


18042902temple
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

施設の中には博物館もあった。


18042903museum
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

全体的にお洒落な雰囲気だ。カップルで来るのも理解できる。しかしやっぱり、なんか違う。調べるとここは「華清宮」という、唐の時代に作られた離宮で、楊貴妃が使った風呂もあるという。訪れる価値はある場所だ。

しかし限られた時間の中で私が見たいのは、ここではない。

兵馬俑はどこなのだ。

Google Mapでよく調べたところ、ここからさらに8km先にあるようだった。あのままバスに乗り続けていればよかったのだ。

そこで再びバスに乗ろうと停留所に戻りしばらく待ったけれど、たまに来るバスは停まる素振りを見せずに真ん中寄りの車線を走り去っていってしまった。結局歩くことに。

1時間半かけて兵馬俑の入口に着いたときには午後1時を過ぎていた。ちょうど、昼飯食って元気に午後の部に突入した感じの観光バスが駐車場に何台も入ろうとしている。あー早く出発した意味がなくなってしまった。しかしここを見ずして帰るわけにはいかないので、覚悟を決めて行列に並び、きっぷを買う。


18042904ticket

ここもまた、入場料150元。観光地の入場料は、全体的に高く感じる。そしてようやく中へ。

秦の始皇帝と共に埋葬された8,000体近い数の「武士俑」といわれる人形がある3ヵ所の俑坑は、案の定、あふれる観光客で大変な様子になっていた。


18042905mausoleum
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

あーでも写真撮らなきゃ。しゃしん…。


18042906pic
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

なんとか撮った。知らない女性のスマホごしだけど(…)。

3ヵ所の俑坑を全て巡ってから帰ると、街に着く頃にはもう夕方近くになってしまっていた。


18042907cityinevening
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

当初行こうと考えていたお寺の多くは、17時頃で閉まってしまう。寺はあきらめて、夕方過ぎまで開いているところを探す。鐘楼が、まだ開いているようだった。鐘楼とは鐘つき堂のことで、西安の鐘楼は1384年に建てられた。高さ36m。中国国内でも有数の大きさで街のランドマーク的存在であるため、夜も開いているようだ。


18042908syourou
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

楼の階段を上がると、暮れゆく町が見えた。


18042909syourou2
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

鐘楼の高さ自体は周囲のビルなどに完全に負けていたので、正直なところ、上がる前は眺めにはあまり期待していなかった。しかし本当に町の中心にある、交差する道の間に位置しているため、交差点のビルが迫って見えたり、眼下に延びる広い道路を通して町の遠くまで見わたすことができたりして意外に居心地がよかった。

せめてあと一日この町に滞在したい気持ちだったけれど、明日は移動だ。残念。


18042911syourou4
Shaanxi (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

| | Comments (0)

April 28, 2018

[Journey] Beijing~Xi'an / CHINA '18. 4.28

18042801hanedaairport
Tokyo, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

今回の旅は、羽田空港午前2時発の北京行き飛行機で始まる。2時間前にチェックインするように考えると、終電近くで0時頃に空港に来ればちょうどよかった。とても効率的に時間を使うことができる。

しかし。

北京到着予定は午前4時45分。いつ眠れるのかこれ。時差を加えても飛行時間は3時間45分だ。

少なくとも飛んでいる間はできるだけ眠っておきたい。たぶん私を含むこの便の乗客は皆同じ思いだっただろう。離陸した飛行機が水平飛行に入ると、消灯された機内ですぐに眠ろうと努めた…

…はずなのに、1時間後に再び照明が煌々とつき、機内食の焼きそばが供された。しかもさすがに中国の会社だけあって、たぶん誰も期待していないにも関わらず、これがまた無駄に旨かった。


18042802beijingairport
Beijing (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

もやっとした体感で、暁の、もやっとした空気の北京に着く。

ああしかしやっぱりこういうのに乗るのは、年こいてからでは無理があるな。この便に乗ろうと計画したときの私は、思いやりのない別人格だったに違いないと自分を恨む。

北京の街に出るのは、1997年以来だ。そのとき北京は目的地ではなく、西に2,400km離れた新彊ウイグル自治区のウルムチへ行く途中、乗り継ぎのために一泊した。北京とウルムチの間には新彊航空という会社の飛行機が飛んでいて、4時間かかった。


18042803bordingcard

20年前にして既にレア感を強くにおわせていた新彊航空は、2002年に中国南方航空に吸収されて消滅した。

そして今回の旅の最終目的地もまた、ウルムチだ。

しかし手段は飛行機ではない。鉄道だ。

「中国高速鉄道」と呼ばれる中国版の新幹線は2007年に運行を始めた。路線網は短期間に大きく広がり、現在は20,000kmを超えるらしい。先日その路線図を見たときに、ウルムチまで線路が通じていることを知った。新幹線ができるまでは北京からウルムチまで列車で40時間以上かかっていた。その頃は列車でウルムチへ行こうという気には全然ならなかったけれど、今なら、それほど無理をせずに行けるのではないか。一週間くらい日程があれば、途中の町に立ち寄る余裕もできそうだ。そう思って、高速鉄道でウルムチを目指そうと考えた。


空港からバスで直接、列車の始発駅である北京西駅へ。今日は北京は通過のみ。


18042805beijingweststn
Beijing (CHINA) , SONY α6000 with SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA (2018. 4)

北京西駅。駅建物は高さ90mあるのだとか。威圧感がある…というか、威圧感がある駅舎というのもすごい。ここできっぷを入手する。

中国の鉄道の指定券は、Trip.comという中国の旅行サイトで予約できる。きっぷ一枚につき20元(¥344)の手数料をとられるけれど、日本のクレジットカードで決済できる。おそらく現在もっとも簡単確実に中国の列車を予約できる方法だ。

Trip.comで予約したきっぷは駅窓口で発券してもらうことができるという。日本ではあまり馴染みのない方法なので、予約受取専門の窓口みたいなものがあるのかとも思って、ざっと探してみたけれど無さそうだった。そこで、普通のきっぷ売り場で予約番号が記された紙を手渡すと、黙ってきっぷを発行してくれた。


18042806todaystrainticket

おおこれは便利。とはいえ、この日、窓口では昔の中国の駅のように何時間も待たされはしなかったものの10人くらいの客が並んでおり、また、駅に入る前及び改札時など複数回手荷物のチェックを受ける必要があったため、時間は余裕を見ておく必要がありそう。

今日の目的地である西安北までの料金は515.5元(¥8,867)、所要時間は5時間54分。距離は1,216km。日本の新幹線に例えると、東京から1,200kmのところは熊本県の九州新幹線・新八代駅付近にあたる。

駅入口の改札を通った先にある待合室の先にさらに列車ごとの改札があり、そこを抜けてようやくホームに出る。


18042807train
Beijing (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

初めて見た高速鉄道の車両は、日本の新幹線によく似ていた。強いていえば車体に書かれた「和諧号」のフォントに中国っぽさを感じる。車内はほぼ満席。隣の男性はケンタッキーフライドチキンを広げて食べている。日本だったら文句をいわれることもあるのかな。個人的には、酒や体臭類に比べれば全く許容範囲内なのだけど。

定刻に発車。乗り心地も日本の新幹線とほとんど変わらない。


18042808speed
Beijing (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

ときどき車内に速度が表示される。この列車のMAXは303km/hで、そこに達すると徐々に速度を落としていた。


18042809river
Beijing (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

市街地を過ぎると、うっすらとアンバーがかかった風景が広がる。


18042810city
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

街並みの異国っぽさにも気をとられたためか、明らかに睡眠不足の割には寝落ちすることも少なく西安北駅に到着。ほぼ定刻。


18042811stn
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

高速鉄道の西安北駅は、市街地の中心にある在来線の西安駅から離れたところにある。しかし地下鉄と接続しており、街へのアクセスは簡単だ。

西安の人口は870万。ホテルも多い。ネットで見つけたビジネスホテルに投宿する。本日はここまで。


18042812inhotel
Shaanxi (CHINA), CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 4)

旅先で見ると旅行関係の本にも見えるけれど、ビジネス書ですわ。

| | Comments (0)

« March 2018 | Main | May 2018 »