« [Journey] 旧・大泊町 (Korsakov)/南樺太 '17. 9.19 | Main | [Journey] 旧・栄浜村 (Starodubskoe)/南樺太 '17. 9.21 »

September 20, 2017

[Journey] 旧・真岡町 (Kholmsk)/南樺太 '17. 9.20

稚内にある「九人の乙女の像」が作られるきっかけになった真岡郵便電信局事件があった真岡(まおか)町は、現在、ホルムスク市となっている。

栃木県にも真岡という市がある。こちらは「もおか」と読む。樺太の真岡がアイヌ語のアイヌ語の「マオカ」(静かな場所)、「マ・オカ」(川口が入江になっている海岸)に由来するとされていることに対し、栃木県の真岡の語源には諸説あり「鶴が舞う丘」や「精美な丘」が「もおか」になったとするものの他、樺太の真岡と同様にアイヌ語を起源とする考え方もある。


17092001tochigi
Tochigi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 3)

去年訪れた栃木県真岡市の真岡駅。一年後に樺太の同名の町に行こうとは、このときはまったく考えていなかった。

二つの真岡の間には直接の関係はないようだった。一方、ホルムスクにはロシア語で「丘の町」という意味があり、それとなく過去を意識したかのような名前の付け方が興味深い。

ユジノサハリンスクとホルムスクの間には、日本時代には鉄道が通じていた。現在は路線バスが1時間半で二つの町を結んでいる。

ホルムスクのバスターミナルは海のすぐ近くにあった。だが防潮堤で視界が遮られて、海が見づらい。少し後ろに下がって背伸びすると、色気のない港が垣間見えた。


17092002port
Karapto/Sakhalinskaja, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2017. 9)


この町にも、戦前は北海道・小樽などから航路が通じていた。南樺太の中でも有数の港町だった。今は日本との航路はないけれど、ロシア本土との間に連絡船が運航されている。


17092004market
17092003city1
Karapto/Sakhalinskaja, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2017. 9)

昨日訪れたコルサコフに比べて町の規模が大きいように感じる。人口28,000人、樺太島西海岸最大の港町。バスターミナルの近くには、年季が入った団地が建ち並ぶ。古い建物でも作りが頑丈に見えるのが、冬の厳しさを想像させる。

町は大きいけれど、ここも旅行者向けのスポットが特に多くあるわけではない。コルサコフと同様、博物館があるので、まずそこへ。


17092005museum
Karapto/Sakhalinskaja, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2017. 9)

この「文化会館」の建物の中にホルムスク市立博物館がある。入場券を買う。


17092006ticket

私が極力簡単な英語で話して相手がロシア語で答えるという、かみあわない会話にもだんだん慣れてきたような。来る前から多少覚悟はしていたけれど、泊まっているホテルのフロント以外、ほぼ英語が通じない環境で旅行している。

博物館の展示物は、ユジノサハリンスクやコルサコフと同様、日本時代の生活用品など。三つの博物館を比較すると、ここが一番ショボかった。だが人口が少なく、ロシアが樺太島全土を実効支配したのが70年前であることを考えれば、歴史的な展示物が画一的になってしまうのも致し方ないように思われる。

日本時代、真岡町には約2万人の人が住んでいた。タレントのせんだみつお氏も、この町で生まれた。

日本時代の建物はほとんど残っていないけれど、むかし神社があった場所にその跡が残っていると聞いたので足を運ぶ。

ここも昨日訪ねた亜庭神社(の跡)同様、石段を上がった先にむかし神社があった。


17092006step
Karapto/Sakhalinskaja, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2017. 9)

今度は会社の事務所らしきビルが、神社があったという場所に建っている。


17092007building
Karapto/Sakhalinskaja, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2017. 9)

「サハリン船舶」という企業のビルだった。


17092008garden
Karapto/Sakhalinskaja, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2017. 9)

事務所の手前に、小さな庭園のようなものがある。企業の敷地にこのようなものが作られているのは異質に見えたけれど、そっと中に入ると、台座など神社時代の遺物がオブジェの如く置かれていた。


17092012relic4
17092010relic2
Karapto/Sakhalinskaja, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2017. 9)

日本時代に作られた神社はソ連支配後にほぼ全てが破壊された。だが壊しきれず残った石造りの物が現在の所有者の好意によって保存されているようだった。そこに、ささやかな心遣いがうかがわれた。

最後に、真岡郵便電信局があった場所へ。真岡郵便電信局の建物はソ連占領後も郵便局として使われていたそうだけれど、1985年ごろに焼失し、現在は銀行と郵便局が建っている。


17092013expostoffice
Karapto/Sakhalinskaja, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2017. 9)

ここには事件のモニュメントの類は一切ない。ここで今働く人の立場でいえば、そのようなものがあったらあったで気になってしょうがなくなりそうにも思えるけれど、この愛想のなさ加減もまた、南樺太における現状の日本の立ち位置を端的にあらわしているような…


D171190
Karapto/Sakhalinskaja, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2017. 9)

日差しが強いので半袖の服で歩く人もよく見かけるけれど、実際の気温は20℃を少し超える程度だ。人々は貴重な夏?を楽しんでいるように見えた。

明日は、旅の終着駅を目指す。

|

« [Journey] 旧・大泊町 (Korsakov)/南樺太 '17. 9.19 | Main | [Journey] 旧・栄浜村 (Starodubskoe)/南樺太 '17. 9.21 »

■Journey」カテゴリの記事

#Karapto」カテゴリの記事

#From North to North」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] 旧・大泊町 (Korsakov)/南樺太 '17. 9.19 | Main | [Journey] 旧・栄浜村 (Starodubskoe)/南樺太 '17. 9.21 »