« そうだ女川に | Main | [Journey] 宮城県気仙沼市 '16.12.31 »

December 30, 2016

[Journey] 宮城県津山町~気仙沼市 '16.12.30

16123001yanaidustn
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

JR気仙沼線の柳津(やないづ)駅。

震災以降、気仙沼線で気仙沼方面へ行くには途中駅であるここでBRTと呼ばれる代行バスに乗り換える必要がある。

気仙沼線が気仙沼まで全線開通したのは1977年。地方ローカル線にしては歴史は新しい。気仙沼まで延伸する前は、前谷地からこの柳津まで「柳津線」という名前で1968年に部分開業していた。現在の姿は、柳津線と呼ばれていた頃に戻ってしまったようでもある。

2014年に気仙沼から南三陸町を経て南へ向かったときも、BRTから列車へ乗り換えるためにここで降りたことがある。そのときは待ち時間が2時間以上あったので、どこか近くに見どころでもないかと、駅前の案内板を見た。


14091410tourspot
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W730 (2014. 9)

もくもくランドと柳津虚空蔵尊。これが二大名所のようだった。しかし両方とも駅から距離があり、その日はここに来るまでに結構歩いていたのであえて行こうという気にはならず、駅前でボケッと過ごした。

だが今日は、いきなりの柳津なので余力がある。そこで今回は、二大名所のひとつである柳津虚空蔵尊のほうへ足を運ぶ。

駅からしばらく歩くと、川沿いに出る。


16123002kitakamiriver
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 12)

地図で確認すると、北上川だった。このまま川に沿って進むと、半年前に訪れた石巻に行けるのだろう。

さらに歩くこと数十分。左手に大きな鳥居が目に入る。


16123003ootorii
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

お寺なのに立派な鳥居があるのも違和感があるけれど、ここが虚空蔵尊の参道だ。


16123004iriguchi
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

16123005gosyuin入口にはすでに来年の干支の酉の飾り付けがされており、初詣対応の真っ最中という感じで邪魔になっているのではないかと、勝手に恐縮する。

恐縮しながらご朱印を賜る。

いただいたご朱印には「奥の細道第八番」と記されていた。

ここもまたまた奥の細道ゆかりの地なのかと思いながら境内を歩くと、イチョウの木の根元に「芭蕉ゆかりの地 矢内津」の看板が立てかけられている。「矢内津」は現在の「柳津」なのだろう。芭蕉が石巻から平泉へ移動したときに北上川沿いを歩いたのではないかと想像する。だが、あとで調べたところ、「おくのほそ道」にはこの近辺について具体的に書かれたところはなかった。芭蕉に随行した河合曾良の「曾良旅日記」に地名のみが記録されていた。

十一日 天気能。石ノ巻ヲ立。宿四兵ヘ、今一人、気仙ヘ行トテ矢内津迄同道。後、町ハヅレニテ離ル。石ノ巻、二リ鹿ノ股(一リ余渡有)、飯野川(三リニ遠し。此間、山ノアイ、長キ沼有)。曇。矢内津(一リ半。此間ニ渡し二ツ有)。
(河合曾良「曾良旅日記」)


16123006kokomobasyouno
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

柳津駅に戻ってBRTに乗り、南三陸町の中心にある志津川で下車。BRTの駅付近では盛り土工事が大規模に行われている。


16123007minamisanriku
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

しかしよく見ると道路はかさ上げされていない。盛り土の上に建物ができたときのバリアフリー対応はどうするのだろう。たぶん私より頭のいい人がとっくに何かの策を考えているとは思うけど。


16123008sunsunsyops
16123009sunsunshop
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

駅に隣接したところにある「南三陸さんさん商店街」。明日で営業終了なのだそうだ。

文具店兼お土産物屋で話をうかがうと、別の場所に移転するという。そのせいか、営業終了するにしては話し方が明るかった。BRTの駅や街も移転するのだろうか。どこに移転するのか知らないけれど、再訪したい。

夕方のバスで北上。大谷海岸駅で降りる。

ここは列車が走っていた頃「日本一海水浴場に近い駅」というキャッチフレーズで知られていた。BRTの駅のすぐそばに、鉄道の線路とホームもあった。


16123010home
16123011kenkadai
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

薄闇の中で見つけたホームは、津波が退いたあとのほぼそのままの姿でとどまっているようだった。花のない献花台がホームに置かれていた。冷たい浜風が体を刺した。


16123012brtstn
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 12)

|

« そうだ女川に | Main | [Journey] 宮城県気仙沼市 '16.12.31 »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

#From North to North」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« そうだ女川に | Main | [Journey] 宮城県気仙沼市 '16.12.31 »