« [Journey] Chian Khong~Chian Rai / THAILAND '16. 9.18 | Main | [Journey] Bangkok / THAILAND '16. 9.20 »

September 19, 2016

[Journey] Chian Rai / THAILAND '16. 9.19

チェンラーイからゴールデン・トライアングルに行くためには、まず、メコン川に面した町・チェンセンへ向かう必要がある。

タイ北部には「チェン」(Chiang)の付く地名が多い。「チェン」には、「街」という意味がある。チェンセンは「セーンプー王(ラーンナー王朝三代目の王)の街」、チェンラーイは「マンラーイ王(ラーンナー王朝の創始者)の街」、ここに来る前に滞在したチェンコンは「川の街」。少し離れたところにあるチェンマイは「新しい街」なのだそうだ。

この「チェン」は中国語の「城」(Chen)から転じたか、あるいは共通の由来があるように思う。タイ北部に住む山岳民族がチベット地方から南下してきたといわれることを考えると、文化的にも古くから広範囲に中国の影響を受けていたのではなかろうか…と、今回おのれがリアルに中国から下ってきたせいか、そんな考えが自然に浮かぶ。

ラーンナー王国の最初の都が置かれていたチェンラーイには、城が現実に存在した。開発のために城は壊されてしまったけれど、城壁の一部は、1987年にラーマ9世の生誕60年を記念して再建された。


16091901chiang
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

再建された城壁も作られてから既に30年が経っているわけで、街の景色に当たり前のように溶け込んでいる。

チェンセンまでローカル・バス、終点に着いたバスのすぐ前に待っていたソンテウに乗り換えて、計2時間ほどでゴールデン・トライアングルに到着。


16091902goldentriangle1
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

まず三ヵ国の国境を確認する。


16091903border
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

掲げられていた地図には、この旅で通ってきた景洪やフエサイが、すぐ近くにあるように描かれている。


16091909map
Chiang Rai (THAILAND), SONY Cyber-shot DSC-W730 (2016. 9)

土産物屋には中国の烏龍茶があった。「チェンマイ」とプリントされたTシャツが売られていたシーサンバンナのタイ族園と逆に、タイで中国の茶が普通に置いてあるのが、何だか微笑ましい。


16091908tea
Chiang Rai (THAILAND), SONY Cyber-shot DSC-W730 (2016. 9)

そして期待通り、ここにもセブン・イレブンがあった。


16091904711
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

期待、というのも変かもしれないけれど、十数年前、タイ北西端に近い「秘境」と言われていた町・メーホンソンに行ったときにセブン・イレブンを見つけて以来、タイの田舎に行くたびに「ほ~らこんな町にもセブン・イレブン」と、セブン・イレブンを探すのが楽しみになった自分がいる。

セブン・イレブンの存在に満足した後、山の上のほうに伸びる階段を発見。


16091905upstair
Chiang Rai (THAILAND), SONY Cyber-shot DSC-W730 (2016. 9)

おそらくこの先は見晴らしがよいのではないかと思い、ナントカは高いところが好きという言葉通り、魅かれるように登ってみる。

上がりきったところには草木の間に埋もれかかったように見える、渋く古びた寺院があった。「Wat Prathat Pukhao」と書かれていた。


16091905temple
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

川のほうを振り返る。

…そこそこの光景だった。


16091907view
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

…。

そして境内に、白黒二種類の碑が、墓石のように立っているのに気がついた。


16091906ireihi
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

近くに寄って見ると、漢字が彫られている。


1609908ireihiup
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

このようなところで漢字を目にするのは意外だった。あぁさっき「烏龍茶」を発見したけど、まあそれは別として。

碑は日本人によって建てられたものだった。

黒い碑には「タイ・ビルマ方面戦歿者慰霊」、白い碑は「タイ・ビルマ方面現地人戦没者慰霊碑」と彫られている。白い碑の脇には、碑文が刻まれていた。

この慰霊碑は、第二次世界大戦時に、タイ・ビルマ方面に進駐した日本軍によって、不幸にも多くの現地の人々が殺害されました。それ等の人々を慰霊する為に建立したものです。合掌してください。
平成十七年四月二〇日建立

「日本軍によって、不幸にも多くの現地の人々が殺害されました」という表現は、個人的には疑問符が付く。だが、8,000人近くいたとされるタイの第二次世界大戦の戦死者の多くに日本が関係していたことは、否定しない。

ここは、タイの果ての地。そうであるがために、様々な人の思いが、ここに留められる。


16091910lao
Chiang Rai (THAILAND), SONY Cyber-shot DSC-W730 (2016. 9)

川向こうに見えるラオスには、外国人向けのカジノがある。ここから船で渡ることができるようだ。だが、一昨日の「G」の記憶が鮮烈に残る国をわざわざ再訪する気には、まだ、ならなかった。


16091914myanmar
Chiang Rai (THAILAND), SONY Cyber-shot DSC-W730 (2016. 9)

そして上の画像に写る川の右側は、ミャンマー。何かありそうだけど、行ったところでそれがどうしたという感じだ。

ということで来た道を戻り、チェンラーイへ。


16091911nightmarket
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

ナイトマーケットに足を運ぶ。だが、昨日訪れた日曜市に比べて活気がないように感じてしまった。このナイトマーケットは旅行者向けの要素が強いのだけど、先月、タイ南部で起きた連続テロが影響しているためではないかと思った。


16091912memorial
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

チェンラーイは、街自体は地味な印象があるけれど、ホテルや飯屋も多く、滞在するには手ごろだ。そして、ここを拠点として日帰りで行くことができる町は多い。

■おもな町への所要時間
ゴールデン・トライアングル…2時間
チェンコン…3時間
フエサイ(ラオス)…4時間
メーサイ(ミャンマーへ)…1.5時間
チェンマイ…3.5時間

※紹介というよりも次回訪問(時期未定)のときのための自分用覚え書き用として羅列してみましたわ。


16091913dog
Chiang Rai (THAILAND), SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 9)

|

« [Journey] Chian Khong~Chian Rai / THAILAND '16. 9.18 | Main | [Journey] Bangkok / THAILAND '16. 9.20 »

■Journey」カテゴリの記事

#Thailand」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] Chian Khong~Chian Rai / THAILAND '16. 9.18 | Main | [Journey] Bangkok / THAILAND '16. 9.20 »