« [Journey] 宮城県仙台市~松島町 '16. 5. 3 | Main | [Tour] 宮城県石巻市~女川町 '16. 6.18 »

June 17, 2016

[Journey] 宮城県松島町~東松島市 '16. 6.17

16061701tomiyamastn
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

JR仙石線の陸前富山駅で電車を降りる。線路脇に防潮堤がある、海のすぐそばの無人駅。ここも津波の影響で、電車は昨年5月まで4年間不通だった。


16061702totomiyama
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 6)

「富山(とみやま)」という山の中にある富山観音を目指す。

彼方で防災無線が流れていた。

「きょう。…午前。…九時、…」

その続きは、通りかかった自動車の音にかき消されて聞き取れなかった。何を言っているのか少し気になったけれど、のんびりした口調にも聞こえたので、緊急性はあまりないのかなとも思った。

民家が点在する駅前を抜け、山道を歩く。

案内板には「1.4km」と書かれていたけれど、ずっと登り道だったので、30分以上かけて着いた。


16061703kannondou
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

観音様は、門の先にある赤い観音堂の中にあるようだった。けれど、中の様子はうかがえなかった。


16061710kannondou2
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

境内は、ひと気がまったくない。案内板に書かれていた「松島四大観(しだいかん)」とは、古くから言い伝えられる松島を一望できる四ヶ所のビューポイントのことで、ここは、そのうちのひとつにあたる。


16061704matsusima
16061705sidaikan
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

松島を見下ろすことができる海側にはテーブルとベンチが置かれていた。景色はよかった。だが、なぜか長居しようという気分にならなかった。

手短かに写真を撮ってから、ご朱印をいただくつもりで、山を少し下ったところにある、観音様を管理している大仰寺というお寺さんに行く。


16061706daigyouji
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 6)


「拝観料100円」と書かれた箱にお金を入れる。箱の中に落ちた硬貨が大きな音をたてた。

…恥ずかしいな。

そう思った瞬間、左手の建物の窓が開き、中年の女性が顔を出した。表情がこわばっていた。

…?

「さっき『クマが出た』って防災無線で放送があったんだけど。聞こえなかった?」

続けて、私に向かって言った。

「…あなた、クマ?」

とりあえず否定した。

あの放送はクマ警報だったのか。しかしまさか松島でクマが出るとは予想していなかった。だが、さっき山道を歩いていたときからずっと、なんともいえない不穏な気配は感じていた。富山観音を短時間であとにしたのも、そのためだった。彼女は話しながら、私の背後をやたらと気にしていた。けれど、こうして話している間にクマが現れたところで、彼女はすみやかに目の前の窓を閉じれば済むけれど、私はそれでは困る。

16061707gosyuin取り急ぎ、避難を兼ねて建物に入れていただく。

彼女は、過去にこの辺りでクマが出た記憶はないという。

そこで私たちはまず、知る限りのクマ知識を交換した。

「クマは賢いので家の扉を開けて入ってきて、冷蔵庫を開いて中の食べ物を盗っていく」
「クマが活動するのは夕方以降が多い」
「人肉の味を覚えたクマは、人間をエサと認識する」
(注:これらが正確かどうかについてはまったく責任を持ちません)

富山観音や、このお寺の由来についても聞くことができた。観音堂は、先日訪ねた松島の五大堂と同様、坂上田村麻呂によって大同年間(806~810年)に安置された千手観音堂がはじまりと伝えられ、奥州三観音の一つにあたる。大仰寺は瑞巌寺100世の洞水禅師が寛永年間から正保初年(1624~1644年)頃に開山されたと伝えられる。また古くから風光明媚な場所として知られ、明治天皇・大正天皇や、このほかに伊能忠敬、吉田松陰といった著名人もここを訪れたそうだ。

そして、特に大仰寺の前庭からの眺めは素晴らしく、富士山を望見できたので「富山」と称したとも言われているらしい。

「前庭はこっち」と案内されたけれど、クマ警報のため、室内から顔を出しておそるおそる写真を撮るのみにとどめた。無念。


16061708niwa
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

「あの島の向こうがね、サンフランシスコ」
「ああ、松島がちょっと邪魔して見えないですねー」

冒頭の「あなた、クマ?」発言もそうだったけれど、時折関西の人のようなノリを見せる女性なので、無意識に私の対応も関西仕様になっていた。

いただいたパンフレットには、「明治天皇ご来山日時」が書かれていた。

明治9年(1876)6月28日午前7時30分頃到着
※宿泊された瑞巌寺を午前6時頃出発
主な随行者:岩倉具視 木戸孝允 大久保利通 大隈重信

このご一行が通った道を私も歩いてきたのだろうか。しかしこの面々だと随行者のための随行者も相当数いただろうし、クマの存在など気にかける必要はまったくなかっただろう。

なにげなく彼女に聞いてみた。

「クマが出たのって、私が駅から歩いて来た道のあたりですかね」

その答えは、素で私の恐怖心を斜め上から突くものだった。

「いや、駅からここまで歩いて来る人はめったにいないし、あの道は人が通らないのでクマが出たところで誰にも気づかれないと思う」

そして、歩いて帰るのはやめなさい、と釘を刺された。

結局、タクシーを呼んでいただいて駅に戻った。タクシーの運転手さんによれば、松島町でクマが出たのは「8年ぶりくらいかなぁ」とのこと。駅に着くとすぐに、待合室の扉をしっかり閉めて電車を待った。


16061709instn
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 6)

石巻行きの電車に乗る。やがて電車は、内陸寄りに新しく作られた線路を走る。野蒜(のびる)駅で下車。ここも二年前に来たことがあった。だが、線路が移動したことに伴い、駅の場所も変わった。


16061711nobirustn
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 6)

できたばかりの駅は広く、がらんとしている。近くに集落はない。昔の駅があったほうへ歩く。集落は、旧駅の近くには結構あったのだろう、と思う。…だろう、というのは、ここでも津波に流されてそのまま更地になった様子の場所が結構見られたからだ。


16061712oldnobirustn
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

500mほど離れたところにある旧駅。新駅のデザインが、この旧駅舎から若干の影響を受けているように感じる。

二年前に来たときとほぼ同じ様子で、建屋内ではファミマが営業していた。イートインコーナーもあるので、一服する。新駅からここまで来る間に商店がなかったので、助かる存在だ。駅が移動したのに店は昔の駅にあるってどうなんよ、という気もするけれど、新駅の周りは人家はおろか、道路すらできたばかりという感じだったから、考えてみれば、今は、これがまだ妥当な姿なのかもしれない。


16061713oldhome
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

また、津波を受けたあと、ほぼそのままの状態で残る旧駅のホームや線路は、震災遺構として保存するらしい。

この付近は津波の被害が大きかったけれど、直接海は見えない。前回は足を運ばなかった海岸のほうに足を運ぶ。


16061714tosea
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

たまにぽつんぽつんと建物があるけれど、生活感のある家は少ない。

やがて、防潮堤を見つける。上から、砂浜を見下ろす。


16061715sunahama
Miyagi, SONY α6000 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC (2016. 6)

この海にも人々の思い出があったのだろうか、と、ひと気のない海岸を見ながら思う。

長い道のりを戻り、駅へ。

一服ついたところで、午前中のクマに関するニュースを詳しく調べる。

わかったのは、まず、クマが出たのは午前9時半頃。私が陸前富山駅に下りる1時間前だ。場所ははっきり特定できなかったけれど、地名から判断すると、このあたりだった。


16061716map

…って、ほぼ被ってますやん。

これはちょっと今後の行程を考え直さないと…

|

« [Journey] 宮城県仙台市~松島町 '16. 5. 3 | Main | [Tour] 宮城県石巻市~女川町 '16. 6.18 »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

#From North to North」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] 宮城県仙台市~松島町 '16. 5. 3 | Main | [Tour] 宮城県石巻市~女川町 '16. 6.18 »