« [Journey] 宮城県仙台市 '16. 5. 1 | Main | [Journey] 宮城県仙台市~松島町 '16. 5. 3 »

May 02, 2016

[Journey] 宮城県名取市~仙台市 '16. 5. 2

昨日行った「せんだい3・11メモリアム交流館」に、仙台沿岸のイラストマップが展示されていた。この地図は、入館者が任意の場所に、思い出を書いた付箋紙を貼り付けられるようになっていた。

付箋紙が特に多く貼られていた場所があった。


16050201memoriesinyuriage
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

名取市の閖上。ゆりあげ、と読む。

そこで今日は、JRの名取駅へ行き、駅前から海岸方向へ向かうバスに乗る。閖上の町の入口近くまで行くコミュニティバスもあるけれど、本数が少ないので、別方面へ行くバスを途中で降りて、歩く。


16050203yuriagecity
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

1時間ほどで、中州のような場所にある閖上の町に着いた。


16050202map
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

町を行く。


16050203yuriage1
16050204yuriage2
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 5)

ここもまた、一見すると、津波に流され、瓦礫が片付けられて、そしてそのまま時間が経っているように思われた。

しかしよく見ると、いくつかの建物は修復され、市場が開かれているらしい。「ゆりあげ港朝市」のホームページによれば、内陸部などには移転せずにこの場所で少しずつ復興に取り組んでいるところだという。

こんもりと盛り上がった土地の上に神社があった。


16050206jinja
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 5)

この神社があるところは「日和山」という名前がついている。日和山は、港に出入りする船や海上の気象を見るために、1920年に造成された人工の山だそうだ。仙台市にある同名の日和山と、同じ意図を持って作られたのだろう。

津波は標高6.3mの山を丸ごと飲み込み、神社の社殿を流し去り、頂上から2.1mの高さまで達した。津波の高さは、山頂にある木に残された跡から、わかった。

今、閖上地区を見渡せる山の上には、数々の塔婆が立てられていた。


16050207mttop
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 5)

麓には、むかし山頂にあった富主姫神社の神符・守札の授与所が作られていた。お守りを買い、ご朱印をいただけるか尋ねたけれど、あいにく無いとのこと。

帰りのバスの時間が迫っていたため、せかされるように閖上をあとにする。さすがに帰りも歩くのは、しんどい。


16050205yuriage3
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

名取駅に戻り、駅近くの食堂で、昼食をとる。今日も曇り空で、肌寒い。石油ストーブが置かれている。二週間後には大相撲夏場所もはじまるというのに。


16050208stove
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

これからどこへ行こうか考える。閖上の神社に朱印がなかったので、つい、寺社が頭に浮かんでしまう。

昨日訪ねた仙台大観音をWikipediaで調べたとき、なぜか仙台大観音の「関連項目」に挙げられていた愛子大仏に行こうと考えた。仙台市内にある大きな仏像つながりというだけで、あとはあまり関係なさそうなのだけど。

愛子と書いて「あやし」と読む愛子駅。仙台から山形へ向かう仙山線にある。


16050209ayashistn
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

愛子は仙台市青葉区という「区」にあるのに、大仏へ向かう道から見える景色は山深い。東京でいえば青梅市あたりの雰囲気だ。


16050210tobuddha
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

30分ほど歩くと、大仏が見えてきた。大仏は坂の上にあり、地図で見ると迂回してのぼらなければならないようなのだけど、傍らに「スロープカー」なる小さなケーブルカーの姿が。


16050211cablecar
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 5)

これは東京・王子にある飛鳥山モノレールと同じ類の乗り物ではなかろうかと思った。


16050212asukayamaml_3
Tokyo, SONY α380 with TAMRON 24-135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL (2009. 7)

現在「アスカルゴ」と名づけられた飛鳥山モノレールは、嘉穂製作所という会社の製品。同社のホームページによれば「嘉穂モノレール」という名前で、主に傾斜地の移動手段として他にも国内に多くの納入実績があるそうだ。

さて。愛子大仏のスロープカーの車体には「ナムナム号」と書かれており、運転はセルフ(といってもエレベーターのように行き先ボタンを押すだけ)。ずるずるずる、と坂を上がり、大仏様の傍らに到着した。


16050213namunamug
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

16050214gosyuin_2大仏様は坂を見下ろすように建てられているため、近くに来ると、残念ながらかえってご尊顔を拝見しにくかった。

愛子大仏は、敬宮愛子内親王のご誕生を祝して作られた、日本最新の大仏だそうだ。読み方は「あやしだいぶつ」だけど。頭上にあるアンテナのようなものは避雷針らしい。高さは約15m。FRP(強化プラスチック)製。フットワークが軽そうだ。いや動きはしないだろうけど。

そしてこの大仏がある佛國寺は住職が辻説法や托鉢で得た喜捨をためて開いたお寺で、ホームページには「『仏教はもともと一つである』という考えのもと、他の寺派・派閥に属さない無宗派です。宗派を問わず、広く皆様にお出でいただけるよう、佛國寺の宗派は『皆の宗』といっております」と書かれている。

なんか自由な雰囲気が漂う。


16050215buddha
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 5)

再びナムナム号で坂を下りて大仏様のご尊顔を撮ろうと思ったけれど、坂の上にあるバス停に、2時間に一本しか走っていない仙台駅行きのバスがちょうど来たので、それに乗って戻ることにした。


16050214bussstop
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 5)

本日はここまで。

いや明日こそは晴れてくれないかな…

|

« [Journey] 宮城県仙台市 '16. 5. 1 | Main | [Journey] 宮城県仙台市~松島町 '16. 5. 3 »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

#From North to North」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] 宮城県仙台市 '16. 5. 1 | Main | [Journey] 宮城県仙台市~松島町 '16. 5. 3 »