« [Journey] 福島県いわき市~南相馬市 '16. 4.29 | Main | [Journey] 宮城県仙台市 '16. 5. 1 »

April 30, 2016

[Journey] 福島県南相馬市~宮城県亘理町 '16. 4.30

16043001instation
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

東日本大震災の前、原ノ町駅は上野と仙台を結ぶ特急列車が停まる駅だった。たしか、原ノ町行きの特急もあった。現在は、ここと、やはり常磐線の中間駅である相馬駅の間を、2両編成の普通電車のみが走る。復旧は、まだ暫定的だ。

改札の横に、白板で塞がれたスペースがあった。

「『立ち喰いそば』は駅向かい丸屋にて営業中-旧たんぽぽ-」

そう書かれた紙が貼ってあった。板の先には、立ち食いそばのカウンターがあったように思われた。駅そばも、まだ暫定営業のようだ。


16043002tampopo
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

駅のすぐ近くにあった「喫…たんぽぽ 立ち喰いそばや」。ガラスの向こう側に映る木のテーブルと椅子は、喫「茶」であるならばシブすぎる。そして「立ち喰い」と書かれているのになぜ椅子があるのかと、ごく軽いツッコミも入れたくなるけれど、そこはまあ暫定ということで、温かい気持ちを持って店内へ。天ぷらそば玉子入りをいただく。


16043003soba
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

そばを食べている間、常連客のような方々が入れ替わり立ち替わり来ていて、店は、そこそこ賑わっていた。おそらくは長い間地元の人たちに親しまれている存在なのだろうと想像する。

原ノ町から電車で一つめの鹿島駅で下車。駅のそばに、仮設住宅があった。


16043004kasetsu
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

復興というのがどの時点で一段落すると見なすべきか考え方はいろいろあろうが、少なくとも、プレハブに住む人たちが残る間は、どう見ても復興が成し遂げられたとはいえないだろう。

海のほうへ向かって歩く。


16043005jinja1
16043006jinja2
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

真新しい佇まいの神社があった。白木が朝日に映える。

この南右田神社は、昔、水はけの悪かった村に用水ができたことに感謝した村民が、1921年に、用水路を引いた代官の功績をたたえて作った。

周囲は、平らな水田地帯だった。

東日本大震災の津波は、神社とともにこの地域の家を襲った。住民は、神社のすぐそばにある野球場の内野席スタンドに避難した。たどり着けなかった人たちは、海に流されてしまった。神社には、この地域で亡くなった54名の方の名前が記された慰霊碑が建てられた。

そして社殿が、四年後に再建された。ところで説明板を読むと…


16043007jinja3
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

「社殿再建となったものの残念なことに…

何があったのか。

非っ常~に気になったのだけど、結局、わからなかった。

神社から海岸まで、さらに1km以上歩く。

護岸工事が行われている傍らに、一本の松の大木が立っていた。


16043008ipponmatsu
Fukushima, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 4)

現在、この木は「かしまの一本松」と呼ばれる。ここには、かつて数万本の松林があった。しかし高さ20mあったという津波で、この木以外のほとんどの木が流されてしまった。そして岩手県・陸前高田の「奇跡の一本松」と同じように、一本だけが残った。

かしまの一本松は、震災後もしばらくの間は青々とした葉をつけていたという。しかし防潮堤が壊れて高潮のたびに根元が海水に浸かってしまうようになったために、ここ数年で樹勢が弱まってしまったらしい。


16043009ipponmatsu2
Fukushima, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 4)

地元では、この木の種から新たな木を植栽するなど、一本松の存在を語り継いでいく方法を考えているところだという。

駅に戻り、電車で相馬へ。

二年前に訪れたときは海岸のほうに行ったので、今回は市内中心部を歩く。


16043010souma
Fukushima, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 4)

16043011soumajinja
相馬市は戦国時代から江戸時代にかけての大名・相馬氏の城下町だった。特に江戸時代には中村藩6万石の城下町として栄えた。街並みには今も当時の名残が見受けられる。

相馬氏の居城だった相馬中村城の本丸跡には、現在、相馬家の氏神としての妙見中村神社と相馬神社のふたつの神社がある。そのうちのひとつ、相馬神社でご朱印をいただく。

相馬神社は1880年に建立された。祭神として相馬氏の始祖・相馬師常とともに、妙見菩薩こと天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)と相馬氏の氏神である平将門が勧請されている。なお、相馬氏は平将門の末裔にあたる。


16043012jinja
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

相馬以北の常磐線については「2016年12月までに運転再開予定」と、掲示があった。

震災から5年経った今も、津波の影響で不通の鉄道が、まだ残る。

ここは前回と同様に、相馬駅と宮城県の亘理駅の間を結ぶ代替バスに乗車。


16043013bus
Fukushima, SONY Cyber-shot DSC-W830 (2016. 4)

バス終点の亘理駅に着くと、すぐに電車に乗り換えずに、駅の背後にある建物に向かった。ここは前回来たときに見つけて気になっていたのだけど、そのときは時間に余裕がなく立ち寄る時間がなかった。Wikipediaの亘理駅の画像を見ると、駅の背後にそびえたつお城のような建物だ。駅舎の反対側に回りこむ。


16043014zenkei
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 4)

なかなか壮観だ。

入口へ。


16043015entrance
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 4)

「悠里館」と書かれた看板の傍らに「図書館」「郷土資料館」と書かれている。

中に入る。

郷土資料館は営業時間外か何かで、入れなかった。

図書館は、…まあ普通の図書館だった。

あとは…


16043016naka
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2016. 4)

…役場の出張所っすかね。

なんだか期待とちょっと…いやタイミングが悪かっただけかもしれないけど…

(´・ω・`)

|

« [Journey] 福島県いわき市~南相馬市 '16. 4.29 | Main | [Journey] 宮城県仙台市 '16. 5. 1 »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

#From North to North」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Journey] 福島県いわき市~南相馬市 '16. 4.29 | Main | [Journey] 宮城県仙台市 '16. 5. 1 »