« [Tour] 福島県・浜通り '14.10.12 | Main | 明けましておめでとうございます »

October 12, 2014

[Tour] 茨城県北茨城市 '14.10.12

いわき駅から常磐線の普通電車で南へ。

勿来(なこそ)駅を過ぎる。勿来とは、漢文でよく目にしたことがある「勿」(なかれ)という文字と「来る」を合せたもので、「来るな」という意味があるという。そして、この駅の先に茨城県との県境がある。

茨城県に入って最初の駅・大津港で下車する。

五浦(いづら)海岸へ向かう。海は駅から3kmほど離れている。一応路線バスが通じているけれど、休日は走っていないので、歩いていく。途中、「復興住宅前」と手書きされたバス停を目にする。復興住宅に住む人も、休日はバスを使えない。


141012b1busstop
Ibaraki, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014.10)

1時間近くかかって、海辺に着く。

五浦は、19世紀末から20世紀初めにかけて近代思想家・美術評論家等として活躍した岡倉天心が住んだ地として知られる。

若いときには東京で暮らし、世界を駆け巡って日本文化の近代化のために尽力した天心は、40歳を過ぎた頃、五浦に土地を買い、生涯の後半をここで過ごした。海に面して建つ「六角堂」といわれるくすんだ赤色の小さな建物は、天心が設計した、彼の離れ書斎だった。


141012b2rokkakudou
Ibaraki, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014.10)

ここでいただいたパンフレットによると、六角堂の建築には三つの意図が込められているといわれる。杜甫の草堂である六角亭子の構造、朱塗りの外壁と屋根上の如意宝珠、そして床の間と炉があり茶室としての役割を持つ室内。すなわち、中国、インド、日本の、アジア三国の伝統思想をひとつの建物全体で表現しているのだそうだ。


141012b3rokkakudou2003
Ibaraki, YASHICA 108 Multi Program with YASHICA ML24mm F2.8 (2003.10)

六角堂には、2003年にも来たことがある。上の、2003年当時の画像と比べると、今と変わらない様子にも見えるけれど、実は、この六角堂も津波で流されてしまい、現在あるのは、震災の1年後に再建されたものだという。

ここからしばらく歩いたところに海を見渡すことができる公園があると聞き、行ってみることにする。すでに日がだいぶ傾いている。つるべ落としの太陽と競争するように足を速める。


141012b4izurakaigan1
Ibaraki, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014.10)

彼方で灯台が光を放ち始めていた。だが、辛うじて空の明るさが残っているうちに公園へ着くことができた。

展望台から海を見下ろす。吸い込まれそうな濃い藍色をしている。時間が経つにつれて、その色は深みを増していく。岡倉天心は、ここで第二の人生をスタートさせた。私は、この地で、下北半島を起点に5ヶ月間にわたってちびりちびりと続けてきた北の旅に、ひとまずの終止符を打ちたいと思う。


141012b5izurakaigan2
Ibaraki, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014.10)

|

« [Tour] 福島県・浜通り '14.10.12 | Main | 明けましておめでとうございます »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

#From North to North」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Tour] 福島県・浜通り '14.10.12 | Main | 明けましておめでとうございます »