« [Tour] 宮城県・石巻市~松島町 '14. 9.15 | Main | [Tour] 福島県・浜通り '14. 9.17 »

September 16, 2014

[Tour] 宮城県・松島町~仙台市 '14. 9.16

1409161matsushima
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

松島は、これまで何度も訪れたことがある。しかし、松島随一の寺院である瑞巌寺に行ったことはなかった。

そこで今日は、朝一番で瑞巌寺に参拝する。

先月、テレビ東京の『モヤモヤさま~ず2』で、松島へ行って瑞巌寺を歩く場面がちょうど放送されていたので、番組を録画して予習しておいた。


1409162zuiganjisanmon
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

山門が額縁の役割をして、松島の風景が上手くハマるようになっているのだと番組の中でガイドさんが話していた。この画像では、私の技術不足で、あまり上手いことハマっていないような気がするけれど。


1409163zuiganji1
1409164zuiganji2
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

本堂は改修中で見ることができなかった。だが、代わりに、庫裏(くり)や陽徳院御霊屋(ようとくいんおたまや)という、普段は非公開の建物を見ることができた。


1409165singi
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

伊達家の殿様の位牌。

法名の下につく「神儀(しんぎ)」という位号は、大名に対して付けられるものなのだそうだ。

「しんぎ」と聞くと、私は、まず、ブータンのジグミ・シンギ・ウォンチュック前国王を思い出すのだけれど、こちらの「シンギ」は「獅子」という意味で、サンスクリット語のシンガ(singha。シンガポールやシンハー・ビールの語源でもある)に通じる。この「シンギ(shingi)」と位号の「神儀」には、何か関係がありそうで個人的には妙に気になったのだけれど、あまりこの二つをつなげて連想する人がいないのか、その謎に関する説明は番組の中でもされておらず、寺の中にもなかった。

海岸沿いに仙台市へ向かう。次の目的地は、市内・宮城野区にある日和山。昨日行った、石巻市の同名の山と同じように、海の近くにある。

仙台市の日和山は、日本一低い山として知られる。それでも、標高6m、山裾は半径20~40mあり、階段14段の「登山道」が通じていたという。

だが、地図を持って歩いているのに、なかなか見つからない。というか「山を見つけられない」経験を今までしたことがない。そもそも、山って、普通は巨大なランドマーク的存在だろう。

数十分くらい彷徨っていると、七北田川(ななきたがわ)の土手に、不意に「日和山」と大きく書かれた看板を目にする。まさか、土手で山を見つけるとは。


1409166mthiyori
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

看板のそばにいるカメラを持った方々は皆、野鳥撮影装備のようだ。邪魔にならぬよう近くへ行ってみる。「登山道」と呼ぶべき階段らしきものもあるけれど、何段あるのかはっきりしない。しかし、明らかに14段は無い。


1409167mttop
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

「日和山山頂3.0m」と書かれた棒が、大小の石を寄せ集めた塊の中心に刺さっている。この塊のてっぺんが山頂だとしたら、人間が登ることはできない。

実際のところは、津波を受けて山そのものが崩れ、さらに震災による地盤沈下もあったために、2014年に標高を計りなおしてみると3mになってしまっていたそうだ。


1409168gamou
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

帰路、「中野小学校跡地」の看板が立つ更地があった。現在、中野小学校は、内陸部の別の小学校に間借りして授業を続けている。日和山や中野小学校のある宮城野区蒲生の多くは、震災後、災害危険区域に指定され、住宅の新・増改築が困難になった。地域住民の区域外移転が見込まれているため、将来は他校との統合を検討しているという。


1409169wakabayashiku
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

ダンプカーの行き交う県道をさらに数キロ歩くと、若林区になる。しかし東京の「区」に比較すると、あまりにも、何もない。ついでに、関東平野もびっくりの平坦さだ。

途中、小さな飯屋で昼食をとる。お客は、復興作業に従事しているであろう運転手や作業者がほとんどだ。

テレビのニュースが「12時28分頃、栃木県で震度5弱の地震」と繰り返し伝えていた。しかし店員も客も私も、それについて一言も語らず、黙って、テレビを見つめていた。


14091610toarahama
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

荒浜地区に入る。

震災当日の夜、「荒浜で200~300の遺体との未確認情報」という報道があった。私の知る限り、震災に関する犠牲者の、最も早い情報だった。このニュースを何度も聞いたために、それ以来「若林区荒浜」の名前を今でも覚えている。


14091611arahamajhs
14091612arahamacity
Miyagi, SONY Cyber-shot DSC-W730 (2014. 9)

実際に足を運んでみると、荒浜の集落はほぼ消滅し、小学校の校舎だけが緊急一時避難場所用として残っていた。震災時には、校舎の二階まで津波が来たものの、さらに上の階まで逃げることができたため、ここに避難した人は皆無事だったそうだ。また、荒浜地区での実際の犠牲者は行方不明の方を含めて190人ほど。結果として全く外れていたわけではないけれど、あの日の情報は微妙にデマのようだった。


14091613arahamakannnon
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

海の近くには大きな観音様が作られ、タクシーや他県ナンバーのバイクや車で訪れる人がポツリポツリといた。そのそばには、傍らに黄色いハンカチがなびく簡素な小屋の中に、昔の、この集落の写真が何枚か飾られていた。…そしてこれらが妙に上手で、心に響いた。


14091614arahamahankachi
14091615arahamapics
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

震災前は荒浜から仙台駅まで市バスが通じていたけれど、集落がなくなってしまったために現在は2kmくらい内陸部まで入ったところまでしかバスは来ていない。


14091616busmap
仙台市交通局のホームページより)

それでも、そこから仙台駅まではわずか約40分。


14091617sendaistn
Miyagi, SONY α6000 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 9)

一見、震災前と何も変わらない様子の仙台駅。しかし、ここと被災地は、路線バス一本で繋がっている。

|

« [Tour] 宮城県・石巻市~松島町 '14. 9.15 | Main | [Tour] 福島県・浜通り '14. 9.17 »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

#From North to North」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Tour] 宮城県・石巻市~松島町 '14. 9.15 | Main | [Tour] 福島県・浜通り '14. 9.17 »