« [Tour] 京都府京都市 '13.10.27 | Main | 風街の電車 »

January 01, 2014

[Prowl] 日本寺(千葉県安房郡) '14. 1. 1

1401011bamiyanintv

このところ、昔VHSで録画したビデオを少しずつブルーレイディスクにダビングするということをやっている。録りっぱなしでそれっきりほとんど見ていなかったものも多いけれど、あらためて見ると貴重に思われる映像も結構あった。そのひとつに、アフガニスタンを扱ったNHKスペシャルがあった。バーミヤンの石仏が映っていた。


1401012bamiyanbuddhaintv

2001年、この、岩壁をくり抜いて彫られた巨大な仏像がタリバンによって破壊されたことは、当時のニュースで大きく扱われていた。番組の中の石仏は、その前の姿だった。なんとなくそれ以前は無傷だった印象があったけれど、ご尊顔は既に半分以上削り取られ、周囲も虫が食ったように多くの横穴が掘られて、中には人が住んでいた。

この仏像を見たとき、たしか日本にも似たようなものがあることをふと思い出した。そこで、ちょうど正月でもあるので、その、『バーミヤンの仏像みたいなもの』へ今年の初参りに行くことにした。

千葉駅で内房線に乗り換えて1時間40分。保田(ほた)駅で電車を降りる。海が近い。しかし目指すのは鋸山という山。海を背に、坂道を登る。道はきれいに整備されており、40分くらいで山門に着いた。


1401013entranceinnihonji
Chiba, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 1)

日本寺という。スケールの大きい名前の割りに地味なたたずまいだ。だが、開山したのは奈良時代の725年。長い歴史がある。

この寺の最大の見どころは、日本一大きい石製の仏座像といわれる高さ31mの大仏だ。山道をさらに登る。元日なのに、ひと気がほとんどない。

10分ほど行くと目の前が開ける。大仏広場だ。突然拝観者の姿が増えたように見えたので、びっくりする。


1401014daibutsu1
Chiba, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 1)

よく見ると、近くに駐車場がある。車で直接ここまで来るのがおそらく一般的な方法なのだろう。日本語ではない言葉も飛び交っている。アジアからのツアー客のようだ。よくもわざわざ日本人もなかなか来ないような山の中まで来るものだと思うけれど、意外に楽しそうに見える。


1401015daibutsu2
Chiba, SONY Cyber-shot DSC-RX100 (2014. 1)

靴を揃えて脱いでいるのは、仏教国から来た人だろう。

大仏をあとに、さらに山の中を歩く。

駅から寺の入口までの道中より、寺の中を歩くほうがしんどい。というか、山の一帯がまるごとこの寺の敷地のようだ。


1401016likeptra
Chiba, SONY Cyber-shot DSC-RX100 (2014. 1)

大きな岩の裂けめのようなところを通り抜ける。

おおこのアプローチは昔ヨルダンで見たペトラの遺跡のような。

(↓ちなみにこれがペトラ)
1401017koregapetra
Petra (JORDAN), MINOLTA α-5xip with MINOLTA AF 24-50mm F4 (1996. 9)

千葉の山ん中を歩きながら、突然ヨルダンを思い出す。目の前に巨像が現れる。

これこそ私が「バーミヤンの石仏のようなもの」と思っていた、「百尺観音」だ。


1401018hyakusyakukannnon
Chiba, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2014. 1)

もともとこの辺りは石切り場で、この観音様は石を切り出した跡の空きスペースを利用して作られたものだという。よく見ると岩の切りくちの仕上げが雑なのは、そのせいだろう。観音様は世界戦争戦死病没殉難者供養と交通犠牲者供養のために6年かけて作られ、1966年に完成した。像の高さはおよそ百尺、つまり約30m。バーミヤンの石仏は55mだった。大きさはバーミヤンのおよそ半分で、しかも、像というより彫刻と呼んだほうがしっくりくるような平面的なお姿だ。けれども、千葉の山中で、しかも近代に作られたことを考慮すると、結構がんばったとは言えないか。たしかにバーミヤンと比べるとショボいけれど、それは、バーミヤンがすごかったのだと思いたい。

観音様の近くにも門があり、そこから内房線の浜金谷駅へ下る道が通じている。往路のようなきれいな道を想像しておったけれど、倒木が塞いでいたりなぜか土が湿っていたり坂が急で手すり代わりのロープが張られていたりでクソのような悪路だった。結局、登り以上に時間をかけて駅に着く。

ちょうど電車が停まっていたのでラッキーと思って乗ったところが、強風で運転見合わせ中。この辺りの線路は海が近いため、風の影響を受けやすい。電車は数十分遅れで動き出し、結局家へ着いたのは夕方。ああ今年も千葉は、遠かった。

|

« [Tour] 京都府京都市 '13.10.27 | Main | 風街の電車 »

■Prowl」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Tour] 京都府京都市 '13.10.27 | Main | 風街の電車 »