« [Tour] 夕子の歩いた道を辿る(15) ’13. 5. 2 | Main | [Tour] 滋賀県近江八幡市 ’13. 6. 1 »

May 06, 2013

[Tour] 兵庫県三田市 ’13. 5. 6

兵庫県三田市。東京の人は、つい「みた」と読んでしまう。大阪の人は当然のごとく「さんだ」と読む。

大阪から電車で1時間のところにある、人口11万人のこの町にはプロ野球のチームがある。

関西独立リーグの「三田ブルーサンダーズ」だ。

試合が行なわれる城山球場は、案内には、「三田駅からバスで10分」と書かれていた。しかし駅前でバス路線図を見たところ、駅から数えて三つ目のバス停だったので、バスに乗らず歩いて行くことにした。名前からして、昔はお城があったような、町外れの丘のほうへ向う道をテレテレ上って行くと30分足らずで着いた(注:このときは、てっきり「城山」は城があった場所だと思っていたけれど、あとで念のために調べたところ、三田には城はあったことはあったけれど、市街地のまったく別の場所だったらしい)。


1305061studium
Hyogo, SONY Cyber-shot DSC-RX100 (2013. 5)

球場名は城山球場で合っているけれど、表示は愛称の「キッピースタジアム」(三田市のマスコットキャラクターの名前なのだとか)となっている。

駐車場の脇を通ったとき、たまたま自家用車から降りてきたブルーサンダーズのユニホームを着た選手に会った。ユニホームで球場入りとは草野球っぽいなと思っていたら、「こんにちは」と挨拶された。球場の入り口では、マスコットが手厚く出迎えてくれた。とても礼儀正しいチームだ。


1305062sandars
Hyogo, SONY Cyber-shot DSC-RX100 (2013. 5)

同じ兵庫県にフランチャイズがあったオリックス・ブルーウェーブ(現在のオリックス・バファローズ)にチームのロゴや色使いがなんとなく似ている。なお「サンダーズ」は雷の「Thunder」ではなくて「Sandars」と書かれていることから、単に「さんだ」に引っ掛けただけのようだ。

今日ここに来たのは、日本初の女性プロ野球選手・吉田えり投手が予告先発すると聞いたためだ。彼女のことは、数年前、別の独立リーグのチームの入団テストに合格したときにニュースで知った。その後、一時、アメリカの独立リーグのチームにいたのも聞いたことがあった。今年から、この三田ブルーサンダーズにいるという。

球場は数百人程度のスタンド席しか開放されていなかったけれど、半分以上埋まっていた。鳴り物付きの応援団もいる。吉田えり投手見たさに集まった客が多いのではないかと予想していたけれど、それ以外の選手の応援をしている人も結構目につく。新しい割に、地元に定着している球団のように感じられた。


1305063kisyu
Hyogo, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 80-200mm 4.5-5.6 xi (2013. 5)

対戦相手の紀州レンジャーズは和歌山のチーム。マスコットはクジラのようだ。口元の「W」は、笑っているのか、それとも「Whale」の「W」か。チーム名も「ホエールズ」にしておけば、それだけで私も贔屓にしていたかもしれないのに。


1305064eritousyu
Hyogo, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 80-200mm 4.5-5.6 xi (2013. 5)

吉田えり投手の球種は、時速100~120kmといわれる直球と、売り物のナックルボール(直球と同じ速度か、それより若干遅い)なのだそうだ。スローカーブのような山なりのボールかと予想していたけれど、実際に見ると、普通の遅い球(?)だった。この日は、ナックルがストライクゾーンにかかっているうちは、内野ゴロに打ち取ることも多かった。だが、これが外れてバッターに見極められると、苦し紛れに投げる直球をきれいに打ち返されてしまっていた。

結局、5回を投げて4失点。球数は78球。しかし味方が5点取っており、5-4でリードしている場面での降板だった。その後サンダーズはいい感じで加点し、9-4で試合終了。彼女は勝ち投手になり、試合後にはヒーローインタビューを受けていた。


1305065interview
Hyogo, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 80-200mm 4.5-5.6 xi (2013. 5)

吉田えり投手は、ちっさくて可愛らしかった。けれど、それでいいのか。

この日までチーム10試合を消化して、今日を含めた彼女の通算成績は、2試合登板・2勝0敗・防御率6.43。勝ち運があるという見方もできるけれども、信頼して起用されるには物足りない数字だろう。

おそらく彼女の課題は、とりあえず、ナックルのコントロールの精度向上と、ナックル以外でストライクを取ることができる変化球をあとひとつくらい習得することあたりなのではなかろうか。たぶん、もっと野球に詳しい人たちからは既に言い尽くされているような気もするけれど。

そして、このチームが所属する関西独立リーグのほか、北陸や四国などにもある「独立リーグ」というのは「プロ」なのだろうかという疑問もある。関西独立リーグのチームは3つ、選手は無報酬だという。

「プロ」(プロフェッショナル)の定義とは、まず「それでお金をもらっている点」にあるはず、と、今まで当たり前のように思っていた。

しかしこれもWikipediaによれば、

「本来の意味は『職業上の』で、その分野で生計を立てていることを言い、『公言する、標榜する』が語源である。しかし、日本語としての『プロ』という言葉には、派生として以下の意味が含まれる」として、「ある分野について、専門的知識・技術を有していること、あるいは専門家のこと」「そのことに対して厳しい姿勢で臨み、かつ、第三者がそれを認める行為を実行している人」と書かれている。だから、派生のほうの意味でとらえれば、無報酬でも「専門的な知識・技術を持っていて第三者にそれが認められている」人はプロであるといえるわけである。

ちなみに吉田えり投手が最初に独立リーグのテストに合格した時、彼女は「日本初の女子プロ野球選手」だったけれど、後に「日本女子プロ野球リーグ」ができたので、現在は「日本唯一の女子プロ野球選手」というわけではない。

一方、三田ブルーサンダーズができたのは2011年。歴史は、まだ浅い。だが、今後、フランチャイズとしてこのチームが町に定着して溶けこんでいけば面白い存在になるのではないかと、いろいろ考えさせられたこの日の観戦であった。

以上をもって、今回の関西遠征報告終了。

|

« [Tour] 夕子の歩いた道を辿る(15) ’13. 5. 2 | Main | [Tour] 滋賀県近江八幡市 ’13. 6. 1 »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Tour] 夕子の歩いた道を辿る(15) ’13. 5. 2 | Main | [Tour] 滋賀県近江八幡市 ’13. 6. 1 »