« January 2013 | Main | April 2013 »

February 2013の3件の記事

February 10, 2013

[Tour] 福井県内もろもろ '13. 2.10

1302101inthebus
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

早朝の路線バスは新雪の山道を登っていく。8時過ぎに永平寺の門前に着く。


1302102eiheiji
Fukui, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 NEW (2013. 2)

「寺に参拝する最適の時間といえば朝だろう」という思いから、朝一番の便でやって来た。

しかし入口で「今はお坊さんは食事中で、そのあとで清掃を行ないますのでしばらくお待ちください」と言われる。

と言ってもそこは有名寺院のこと、寒い屋外に放置されるわけではなく、建物内の一角にあるテレビで、お寺紹介のビデオを見ながら待つことができた。

約一時間後、中に入れた。広い本堂の中は、外の光が入らない分、雪の降っている外よりも冷えているように感じられる。けれども「寒い」と口にするのもはばかられる雰囲気であり、無意識のうちに、ほとんど立ち止まることなく堂内を一周してしまった。


1302103inthetemple
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

落ち着いて拝観するには、もう少しぬくまってからの時期の方がよろしかったような。


1302104echizenrail
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

バスで永平寺口駅へ戻り、えちぜん鉄道という私鉄に乗って終点の勝山まで行く。

勝山市には、お城や博物館など観光スポットが点在している。だが各々離れたところにあり、すべて回ろうとすると時間がかかる。

そこで今日、それらの中から行き先に選んだのは越前大仏。地元の実業家・多田清氏の財力によって昭和62年に建てられた中国風の新興大仏だ。しかしながら、その歴史の無さと造られた由来から、いろいろネガティブなイメージを持たれている(詳細はWikipedia参照)。


1302105monzencho
Fukui, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 NEW (2013. 2)

整然とした門前街の店はほとんど廃業しているのに、看板は残っており、集団夜逃げか、はたまた神隠しにでも遭ったかのような不気味さを醸している。


1302106daibutsu
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

積雪のため、行くことができたのは大仏殿のみ。その大仏は、たしかに大きいけれど、中国的な風貌のせいか、今ひとつ感情移入しづらい。

そうは言っても、これだけデカい仏様が、今後、このまま廃れていくこともありえないと思う。将来、この大仏をとりまく環境がどう変化していくか…想像しにくいけれど、興味深い。

福井駅へ戻る。もともと考えていた予定では、このあと東尋坊へ行くつもりにしていた。だが昨晩、駅前の地下道で見かけた広告が気になっていた(↓これ)。

1302109musiumadv
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

なにゆえに、この地でブータンミュージアム?脇には「特定非営利活動法人・幸福の国」と書かれている。「ブータンについて巷間で持たれているイメージ」をバックボーンとして捉えられなければ、むしろ、怪しさを感じてしまう名前だ。

あらためて場所を調べると福井駅からそう遠くないところのようなので、恐る恐る寄り道してみることにする。駅前から路線バスで二つ目の「裁判所前」停留所で下車。交差点に面したビルにブータンの国旗が掲げられており、わかる人にはすぐわかる。


1302107bhutanmuseum
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

入場無料。雑居ビルの2フロアが展示スペースになっていた。写真パネルと、現在のブータンで使われている生活用品や衣服などがあった。また、一時的な企画ものかもしれないけれど、ブータンの小学生が描いた絵もいくつか飾られていた。

で、なんで福井でブータンかというと、福井県は「日本の中で幸福度第一位の県」なんだそうで、国民総幸福量が売りのブータンと通じるものがあるかららしい。

展示が若干散漫としている感があり、実は、今ひとつ物足りなさを感じてしまったのだけど、あとで調べたところ昨年11月にオープンしたばかりという。今後はもうちょいポリシーが明確に見えてくることを期待。


1302108hachibanramen
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

東尋坊へ行こうと駅へ向かって歩いていると、雨が落ちてきた。雪ならばまだしも、寒いだけの、冬の雨の日本海を想像すると足が重くなった。東尋坊には以前行ったことがあるので無理して行くこともないと思い、今回は割愛することに。福井駅の8番らーめんで旅を締めることにする。

つい最近も8番らーめんで食べた気がする…あーそうだ先月バンコクで食ったんだった(↓)。

13021010eighthrameninthailand
Bangkok (THAILAND), SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 1)

図らずして8番らーめんつながりとなった、今回の旅であった。

| | Comments (0)

February 09, 2013

[Tour] 滋賀県・米原~福井県内もろもろ '13. 2. 9

1302091maibarastn
Shiga, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

JR米原駅は、今も昔も東海道本線と北陸本線が接続する駅だ。

かつて東海道本線から北陸本線に乗り換えるときは、長い陸橋を渡って北陸本線専用のホームへ行き、米原始発の列車に乗ったものだった。昔は、その陸橋が東海道と北陸のボーダー的存在だった。しかし今日、駅に降りてみると、北陸本線の多くの列車は東海道本線から直接乗り入れしていた。列車が直通することによって、この駅のボーダーとしての役割も希薄になっているように感じた。考えてみれば、国境のボーダーレスが叫ばれる時代に、国内の鉄道路線のボーダーなんぞがかたくなに残されなければならない必然性はないだろう。

やってきた敦賀行きも大阪方面から来た電車で、行楽客で混雑している。

最初に降りたのは余呉駅。この付近では、車窓から湖が見える。地図が頭の中にあると、琵琶湖だろうか、と一瞬思う。けれども、そうではない。「余呉湖」という別の名前の湖だ。よごこ、と読む。何気に言いにくい。

そんな(地味に見える)湖って一体どんなんだろう、と、以前特急列車で通り過ぎた時に思っていたので、今回は途中下車して直接行ってみることにした。

普通列車しか停まらない駅なのに、土地の人っぽくない十数人の客が下車した。一眼レフカメラと三脚を持った重装備の人や、釣り道具を持った人もいる。意外と有名なのか、この湖。…というより、私が無知なのか。駅から湖までは300m。距離は短いけれど雪道なのでしんどい。


1302092hotjuice
Shiga, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

↑駅前にあった飲料の自販機。表示の通りにヌクいのが出てきてもいやだし、かといって冷たいのが出てもいやなので、買ってみたかったけれども買わなかった。

今の時期、この湖ではワカサギが釣れるそうで、釣り場らしき所に人がたくさんいるのが見える。


1302093yogoko
Shiga, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 NEW (2013. 2)

有名な湖だということが確認できたので、長居せずに退却。再び電車に乗って北を目指す。

長いトンネルをいくつか通り過ぎて敦賀駅に着く。港まで、ちょっと時間はかかるけれども天気がよければ歩いていけない距離ではない。ここは既に日本海沿岸だ。

しかし港や駅近くの観光地には既に行ったことがあるため、今回はパスする。

敦賀といえばまた、原子力発電所で知られている。そこで原子力関連施設に付き物のPR施設がないか調べたところ、「原子力の科学館あっとほうむ」というものが敦賀駅から割と近いところにあるようなので、行くことにする。

「あっとほうむ」へは市内を一周する観光用の路線バスで行ける。予想に反して、というか、いややっぱり、というか、バスは市街地をはずれ、人里離れた坂道を登っていく。駅から数十分で到着。


1302096athome
Fukui, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 NEW (2013. 2)

他の、この手の施設と同様に入場無料。展示物の構成も、今まで私が訪ねたところと大きく変わらなかった。


1302094atmic
1302095atmic2
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

だが今回気づいたのは、事故が起きたときに近所の住民に配布される(かもしれない)ヨウ素の錠剤や、震災後にテレビでよく見た使い捨ての白い防護服の実物が展示されていたことや「どうすれば、放射線から身を守れるの?」という説明(「事故があるはずがない」前提に立っていた頃には考えられなかったと思う)があったり、館内の図書コーナーにも原発事故の新聞記事の抜粋や反原発寄りの本が置かれていたりしたことだ。微妙にスタンスの変化を模索しているように感じられた。


1302097echizenhanandoustn
Fukui, SONY Cybershot DSC-W630 (2013. 2)

再び列車に乗り、福井駅のひとつ手前の越前花堂駅で越美北線というローカル線に乗り換える。今回は、この線に乗ってどこかへ行こうというのが目的ではない。単に、今まで乗ったことがなかったから乗ってみようという、鉄道マニアックな理由からである。

今まで乗ったことがないっつーことには、やっぱりそれなりの理由がある。まず、本数が少ない。福井から終点の九頭竜湖駅まで直通する列車は一日4本。そして九頭竜湖駅までの約50kmの間、他の鉄道路線との接続がない。行ったら、来た道を戻るしかない。ただし路線バスを使えば、九頭竜湖駅からバス乗り継ぎと徒歩(8km)で、岐阜県の美濃太田へ通じる長良川鉄道の北濃駅へ行くことができるらしい。もっとも今の時期は、常人には実現不可能なルートだ。

1両編成のディーゼル列車は、乗ったときには席に座れないほど混んでいたけれど、終着駅へ近づくに従って乗客は減っていき、九頭竜湖駅まで乗り通したのは10人ほど。9分で折り返した列車は福井行きの最終便。途中の越前大野までの30分間、乗客は私一人だった。


1302098kuzuryuukostn
Fukui, SONY α390 with MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 NEW (2013. 2)

福井に着いたのは夜8時。明日の天候が気になるけれど、気にしたってどうにかなるわけでもないのでホテルへ直行し風呂に入って速攻で寝る。

| | Comments (0)

February 02, 2013

そんなわけで

130202dairypicture
Tokyo, SONY NEX-5 with SIGMA 30mm F2.8 EX DN (2013. 1)

遅くとも1月中には書き上げようと思っていた年末年始のネタも今までかかってしまいました。今年もこんな感じでしばらくは事後報告が常態化しそうな感じっす。このブログの存在意義のひとつである、ワタクシの生存報告としての役割が十分果たせておりませんで、その点は申し訳ございません。

| | Comments (0)

« January 2013 | Main | April 2013 »