« [Tour] Chiang Rai / THAILAND '12.12.30 | Main | [Tour] Chiang Rai / THAILAND '13. 1. 1 »

December 31, 2012

[Tour] Tachileik / MYANMAR '12.12.31

1212311waytomyanmar
Chiang Rai (THAILAND), SONY Cybershot DSC-W630 (2012.12)

国境はすんなり越えられるはず、と思っているものの、気がかりなことがあった。

メーサイから橋を渡ってミャンマー側の町・タチレクで入国手続きをすると、ビザを持っていなくても、いくばくかの手数料を払って14日間有効の入国許可証をパスポートと交換でもらうことができる。だが、このミャンマー入国許可証はタチレクの近辺のみ周遊可能で、遠くへ足を伸ばすことはできないらしい。もっとも、昨日、丘の上からタチレクの町を見下ろしたとき、あんまり面白くなさそうな予感がしたので滞在は一日限りとするつもりだから、それは別に構わない。

問題は、入国に必要な準備である。ビザ無しで行ける国であれば、たいていはパスポートさえあればどうにかなる。しかしそうでない場合、空港でビザを取得できるような国でも、写真などは用意していかなければならないことが多い。

ガイドブックを斜め読みしたところ、手数料はタイ通貨で500バーツ、そして本によっては、顔写真4枚(サイズは不明)とパスポートのコピー1枚が必要と書かれているものもあった。顔写真は、以前、別件で証明用に撮ったものの余りが4枚ある(ただしサイズが小さい)。またパスポートのコピーは、面倒に思っているうち、とるのを忘れていた。入国審査というのは、概して厳重なものである。写真のサイズが合わなかったり、パスポートのコピーがなかったりという理由で入国拒否されたらどうしよう。しかし一応写真はあることはあるし、コピー機くらい入管にないわけはないだろうという甘い気持ちもあった。

タイの出国手続きは通常通り終了。国境の橋を歩いているのは、圧倒的にタイ人が多い。いや外国人もそれなりにいるのだけど、国境を越える人そのものが多い。ほとんど切れ目なく、人が歩いている。

恐る恐るミャンマーの入国手続きを受ける。係官にパスポートを差し出すと、「ごーひゃーく」と間延びした日本語が返ってくる。500バーツを払う。するとその場でデジタル写真を撮られ、それが印刷された「Entry Permit」を渡されて手続きは難なく終わった。写真もコピーも必要なかった。だが、たまたま運がよかっただけかもしれない。時と場合によっては審査が厳しくなることがあっても、決して不思議ではない。


1212312rotary
Tachileik (MYANMAR), SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012.12)

入国手続きを抜けた先にはロータリーと市場がある。市場はメーサイのそれとあまり変わらなさそうなので後回しにし、とりあえず当てずっぽうにその辺をぶらつく。

10年以上前になるけれど、私は、ヤンゴンやマンダレーなど、ミャンマーの代表的な都市に行ったことがある。また今日のように陸路でタイ西部の町・メーソートから国境を越えてミャワディという小さな町を歩いたこともある。

今いるタチレクは、山がちな場所にあるせいか、タイや、今まで訪れたミャンマーの町よりも、インドやネパールに雰囲気が似ている。南アジアっぽい、ごつくて骨太な感じが、強くする。


201212313tachileik
Tachileik (MYANMAR), SONY Cybershot DSC-W630 (2012.12)

ミャンマーには、タイとは別の通貨がある。しかし、この町では、国境近くの市場や外国人向けの商店以外でもバーツが普通に使えるようだ。そしてここでもメーサイと同じように、市場では中国製品が幅を利かせている。全てをひっくるめれば「無国籍」という言葉が、いちばんしっくりくる町だ。


201212314market
Tachileik (MYANMAR), SONY Cybershot DSC-W630 (2012.12)

当てずっぽうの町歩きにも飽きたので、市場の前で暇こいているトゥクトゥクの運転手に町案内を頼む。どうも推奨の観光ルートが決まっているようで、お寺二つと首長族の村と宝石屋の、計4ヶ所の写真を見せられる。費用を尋ねると「500バーツ」とのこと。どう考えても1~2時間で巡れそうな感じなので、せいぜい200バーツが妥当ではなかろうかと質すと、200バーツでよいと即答される(注:あとで調べたところ、相場は100バーツ前後らしい。道理で、すんなりOKしていたわけだ)。


201212315pagoda
Tachileik (MYANMAR), SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012.12)

寺は、歩いていくにはちょっとしんどいだろうと思われる程度に町から離れたところにあった。寺もパゴダ(仏塔)もそれなりに立派ではあるけれど、ヤンゴンやマンダレーの寺院に比べると、どうしてもショボく感じられる。


201212316longnecktribevillage
Tachileik (MYANMAR), SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012.12)

「首長族の村」がこんな町の近くにあるのだろうかと疑問に感じていたところ、連れて行かれたのは小さな丘の麓。こじんまりした門をくぐると、丘の上に向かって数百メートルの一本道が伸びており、道の両側に首長族の女性が働く土産物屋が十軒くらい並んでいる。…って、村じゃないし。それでもせっかくなので写真を撮らせてもらおうと、和風の顔立ちをした、ただし首はあんまり長くない女性の店で、何か土産になりそうなものを探す。しかし、この辺ではまず実用になることはないであろうモフモフした耳当てや、首と腕の関節がバネでできていてビローンと伸びる5cmくらいの首長族ミニチュア人形など、甘く見ても、まともな土産になりそうなものが見つからず、思わず苦労する。それでもどうにか日本では使えそうなマフラーを見つけられたので、タイ語で価格交渉し、購入。この女性が日常使っているのは何語なのだろうかと、ふと、気になる。おそらくタイ語でもビルマ語でもないだろう。

宝石屋は興味がなかったので省略。それでは、と置屋を紹介されたが、あまりよい噂を聞いていなかったので、こちらも辞退する。評判がよかったら行くのかと言われても困るのだが。

午後になっても、国境に架かる橋を歩く人の流れは絶えることがない。その多くを占めるタイ人は、買い物が目的なのだろうか。市場で売られているものはメーサイとほとんど同じに見える。けれども、若干値段が安いのだろう。というか、大した観光スポットもなかったこの町に大挙して訪れる理由が、それ以外には思いつかない。

メーサイに戻って、橋のそばにある「タイ最北端」の看板の傍らで、越境する人たちを眺める。ガイドブックにはイミグレが開いているのは17時までと書かれていた。しかし時間を過ぎて日が暮れても、相変わらず人々は薄暗くなった橋の上をダラダラ歩いている。閉じた国境を見届けようとしばらく粘っていたけれど、待つことが無意味に思えてきたので、あきらめた。


201212317bridge
Chiang Rai (THAILAND), SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012.12)

|

« [Tour] Chiang Rai / THAILAND '12.12.30 | Main | [Tour] Chiang Rai / THAILAND '13. 1. 1 »

■Journey」カテゴリの記事

#Myanmar」カテゴリの記事

#Thailand」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Tour] Chiang Rai / THAILAND '12.12.30 | Main | [Tour] Chiang Rai / THAILAND '13. 1. 1 »