« きょうびのカメラ雑誌 | Main | 新しいNEXを見てきた »

October 27, 2012

[Tour] 兵庫県・明石 '12.10.27

「明石の、タコの天ぷらって食べたことあります?旨いんですよこれが」

最近いろいろと大阪に行く機会が増えたため、とある仕事関係の人と雑談がてら関西の話をしているときに言われた。普段はあまり旅の話題などしない人なのに、いきなりピンポイントで「明石」と振ってきたので、ちょっとびっくりした。

「おいしいんですか?」

彼は無言でうなづいた。

たしか新幹線の、新大阪の次のつぎくらいの駅が西明石だったような。大阪駅でも西明石行きの普通電車を見たことがあるし、そんなに遠くないような気がする。というわけで大阪出張の翌日の土曜日、帰路に明石へ寄り道することにした。

朝早くホテルをチェックアウトして私鉄の山陽電鉄に乗り、まずは明石の町の(たぶん)中心部にある明石駅へ。


1210271akashistn
Hyogo, SONY Cybershot DSC-W630 (2012.10)

だがタコの天ぷらには時間が早い。そこで、行きしなに通ってきた電車の車窓から見えた海の辺りまで各駅停車でちょっと逆戻りする。大蔵谷という小駅で下車。数分歩くと海岸へ出られた。


1210272sea1
1210273sea2
Hyogo, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012.10)

彼方に見える吊り橋は明石海峡大橋。ということは、向うは淡路島だ。いやこれはいい所じゃないすか。

午前中のひとときをここで、のたりのたりとし、腹が程よく減ってきたところで明石の町へ戻る。商店街にも、食べ物を店頭に並べるところが目立ちはじめる。しかし、ここで気になったことがあった。


1210274syoutengai
Hyogo, SONY Cybershot DSC-W630 (2012.10)

「タコの天ぷら」とは、てっきりタコに衣をつけて揚げたものを食堂などで供するものかと思い込んでいたのだけど、ここでは、さつま揚げのような練り物にタコが混ざったものをそう称しているのだ。

ああそういえば関西では練り物を「天ぷら」っつーんだったっけな、と、そのとき初めて思い出した。もちろんここでそれを買って、帰りの新幹線でビールのつまみにするのもよいのではないかと思った。だが午後にも寄りたい場所がまだあるし、練り物は、日中、常温で持ち歩くにはちょっと不安があるし…ということでこの場は、関東でいう「天ぷら」としてのタコを店内で食べさせてくれる店を探す。

しかし意外とこれが見つからず、町内を数十分巡ってやっと見つけた店も、タコの天ぷらはランチメニューの小鉢の中の一品という地味な扱いだった。


1210275takoten
Hyogo, SONY Cybershot DSC-W630 (2012.10)

塩をつけて上品にいただいたタコ天のお味は、決して期待を裏切るものではなかったけれど、うーんなんかちょっと違うかもねぇこれは、と思ってしまうものだった。

さて。食後は再び、山陽電車に数駅乗る。人丸前、という駅で下車。目指すのは、これも朝、車内からたまたま目に入って気になった、立派な時計が掲げられた「天文科学館」。


1210276kagakukan
Hyogo, SONY Cybershot DSC-W630 (2012.10)

この時計は、ここが日本標準時の町であることをアピールしているのだろう。

明石が日本標準時ということは、前から知っていた。けれども詳しい理由は知らなかった。ここが日本の中心に位置するからだろうか。しかし、そう思いながら日本地図を見ると、明石は中心よりも若干西寄りにあるように感じる。

今日、これまであちこちで目にした情報によれば、どうもここが東経135度上にあるのが大きな理由らしい。

では、なぜ東経135度が標準時にふさわしいのか。140度でも130度でもかまわないのではないかという疑問が新たに生じる。ここで、時間の基準のひとつであるグリニッジ標準時の存在が重要になる。グリニッジは経度0度にある。したがって経度が15度(=360度を24で割った数)ずれると、1時間の時差が生じる。つまり、グリニッジと比較してキリのいいところに標準時を置くためには、経度が15の倍数にある場所を基準とすることが望ましいのだ。

ちなみに日本の東端にある東京都・南鳥島は東経153度、西端にある沖縄県・与那国島の西崎は122度にある。標準時との時差は、東は1時間12分、西は52分あることになる。そう考えると、日本も広い。

…ということを頭の中で計算しながら(嘘)科学館に入ろうとして、入館料に驚く。700円。単なる博物館としては高い。

もう少し若い頃は、こんな場合はその場で回れ右して帰ったこともあった。だが、いい年こいて700円ごときで腹をたてるのもさすがにアレである。昔と比べてどんだけ裕福になったかどうかは置いといて、今回は素直にお金を払い、中へ入る。

入ってみて、館内にプラネタリウムがあることを知る。なるほど、ここの目玉はプラネタリウムだったのだ。入館料700円に納得する。そして客にカップルが多いことにも気がつく。なるほど。

せっかくなのでプラネタリウムも見ていくことにする。ここのプラネタリウムは、稼動しているものでは日本最古で、旧東ドイツのカールツァイス・イェナ製なのだそうである。イェナと聞いて即座に「お、東ドイツか」とピンときたのは、私がドイツ通だからではなく、カメラ用レンズのメーカーとして、そこを知っていたからである。

プラネタリウムの投影は日没の場面から始まり、徐々に暗くなっていく。深夜の天空の説明が始まる頃、睡魔に襲われる。

目が覚めると、東側が明るくなりかけており、終了間近だった。

…って、まるで日常生活と変わりないではないか。

うーん所詮は結局のところ、これが一人プラネタリウム。

つーか近くで見ていたカップルの皆様におかれましては、俺の寝息なんぞ聞かされて申し訳ございません。けれど、たぶんイビキまでは、かいてないはずっす。


1210277lanetarium
Hyogo, SONY Cybershot DSC-W630 (2012.10)

しかし「海を見て、名物を食って、プラネタリウム」っていう今日の行程は、もろ、デートコースでしたな…。

|

« きょうびのカメラ雑誌 | Main | 新しいNEXを見てきた »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« きょうびのカメラ雑誌 | Main | 新しいNEXを見てきた »