« July 2012 | Main | October 2012 »

September 2012の2件の記事

September 22, 2012

休眠口座を解約する

私が、昭和が終わったことを知ったのは、京都に住んでいた頃だった。卒業間近の時期だった。授業は週二日しかとっていなかったので、残りの日の多くは生活と卒業旅行のためのアルバイトに充てていた。

その日も、バイト先の喫茶店に行くために市バスに乗ると、途中、丸太町通沿いにある京都御苑の門のところに、多くの警官がいたのを見た。なぜ警官が多くいたのか、一瞬理解できなかったけれど、何となく空気を察した。店に着き、マスターから「今日は、これ、服に付けて」と喪章を渡されて、コトを確信したのだった。


1209213gosyo
Kyoto, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012. 9)

その仕事の給料は、お店が信用金庫に私の口座を新しく作って、そこに振り込まれていた。年末から二月頃までの短い間だけだったけれども、十数万円のお金が入金された。

そのほとんどは、予定通り、生活費や旅行に使った。しかし約一万円を、下ろさずに口座に残していた。はっきりした理由は忘れてしまったけれど、旅行中や、大学卒業から入社するまでの間、何か急に金が必要になったときの非常用にとっておいたのではないかと思う。

会社に入ってしばらくの間は関東に住んでいたので、京都の信用金庫に預けたお金を、手数料を払ってまで下ろす気にならなかった。そのうちにキャッシュカードを失くしてしまった。通帳は手元に残っているので、気になっていたものの、実際に店に足を運ばなければ預金に手をつけることはできなくなってしまった。

それから二十数年。東日本大震災の復興財源として、政府が休眠口座を活用しようとしていることをニュースで知った。

長年使っていない口座だから、そのお金を使われたところで大した影響はない。しかし、自分の意思の及ばないところで勝手に金を持っていかれるのは面白くない。

それ以来、関西に出かける用事ができたときに京都へ寄って、いい加減この預金口座にカタをつけなくては、と思っていた。そして、ようやく昨日、その機会ができたのだ。というか、平日にわざわざ京都へ行ったのは、それが主目的だった。

市の中心部にある信用金庫の本店窓口で、おそるおそる通帳と印鑑を差し出す。身分証明書の提示を求められたので、運転免許証を見せる。確認のために数分間待たされる。しばらくして店員さんに呼ばれた。

「今も、この口座、普通に使うことができますよ」

意外だった。しかし、キャッシュカードもないし、頻繁に京都へ来られるわけでもない。そのことを話し、申し訳ないけれども解約することにした。現金と、3ページに渡ってずらずらと「預金利息」のみ記帳された通帳が手元に返ってきた。23年間で付いた利息は¥630。約5%だった。最近は低金利なので、ほとんど¥1ずつとは言え、今年の9月10日まで、きっちり年二回、利息をつけてくれていたことには、心を動かされるものがあった。

「また京都へお戻りの時には、よろしくお願いします。ありがとうございました」

店員さんのその言葉に、重ねて申し訳ない気持ちになり、思わず「また京都へ戻ることはあるんだろうか。えーっと」と数秒間考えてしまった。

いわゆる学生時代の遺産に、今回、ひとつケリをつけたはずなのに、嬉しさよりも、なぜか寂しさのほうが心に広がってしまったのだった。


120922bankbook

| | Comments (0)

September 21, 2012

京都の町は それほどいいの

昨日まで大阪で打ち合わせ。夏休みが吹っ飛んだ腹いせもあって所用の翌日に有休をむりやり一日ねじこみ、京都を歩く。


1209211arashiyama
Kyoto, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012. 9)

市内の観光スポットの中で比較的詳しいのは、強いて挙げるならば、嵐山の辺りだ。それは大学時代、ここでアルバイトをしていたことがあったから。

だが、地方出身の京都の大学生で、名所旧跡に精通している人は少なかったと思う。


1209212toujiinstn
Kyoto, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012. 9)

そして私の周りでは、私を含め、地方出身で京都で学生時代を過ごし、そのまま京都に居残って就職する人は、あまりいなかった。京都の学生の数に比べて、企業が少ないせいもあるだろう。しかし京都出身の友人は京都の企業に就職していたことも多かったから、単に数の問題とは言い切れない理由もあったのではないかと感じる。


12092112jinja
Kyoto, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012. 9)

京都を訪ねる旅行者、そこに住んでいる大学生、そして京都市内で生まれ育った住民の間には、各々、感覚にギャップがあるのではないだろうか。


1209214kinkaku
1209215yuuko
Kyoto, SONY Cybershot DSC-W630 (2012. 9)

一時期、市内・五番町の近所にあった、家賃¥12,000、四畳半+荷物スペース一畳、風呂なし・便所水道共同の部屋に住んでいたことがあった。五番町は、八ツ橋「夕子」のモデルとなった女性がいた遊郭街だった。私が住んでいたその建物も、外観は古びた木造ながら、遊郭建築独特の、タイルやモザイクガラスの装飾があちこちに施されていた。当時、売春防止法施行から30年たっていた。今思えば非常に貴重な経験をしていたのだけれど、その頃は、そこで無意識に貧乏生活を送っていた。

今日、久しぶりにその場所を訪れると、建物は取り壊され、小ぎれいな二階建てのアパートに変わっていた。

しかし、町のランドマーク的存在だった、すっぽん料理屋(住んでいた頃は何の店か知らなかったけれど、「美味しんぼ」にも登場した名店で、京都駅でタクシーに乗り、名前を言うと直接来ることができるほど有名なんだそうだ)と、そのすぐそばにある成人映画館(夏場に冷房を求めて、400円で丸一日、三本立ての映画を二回転以上見たことがあった)は今も健在だった。私が住んでいた頃から25年。時代の変化に流されて消えたものもあり、存在感を持って残っているものもあり、ひっそりと姿をとどめているものもあり。


1209216suppon
1209217nikkatsu
Kyoto, SONY Cybershot DSC-W630 (2012. 9)

夕方近く、京都駅から南へ下り、竹田を訪ねた。「竹田の子守唄」の歌詞の、由来のひとつとなった町だ。私にとって京都の歌といえば、赤い鳥の「竹田の子守唄」と「なのにあなたは京都へゆくの」(こちらはオリジナルのチェリッシュではなくて渚ゆう子バージョン)の二つなのだ。異論はあろうが、認めない(…?)。

竹田の子守唄のメロディは昔から好きだった。しかしレコードやCDなどを見つけることができず、心の中で引っかかっていた。だが最近、偶然Youtubeで発見した。これをMP3プレーヤーで聞いているうちに、竹田の存在がムクムクと浮かび上がってきたのだ。

愛想のない竹田の駅前から、町の中心部の方を探りながら歩いていく。歌詞の面影はあまり感じられない。公園を見つける。しかし子守りをする人も、子供の姿も無し。もっとも最近の子供は外遊びが少なくなったから、それは特別なことではない。


1209218takeda1
Kyoto, SONY Cybershot DSC-W630 (2012. 9)

しばらく歩くと、大きな寺院があった。安楽寿院という、このお寺は12世紀に鳥羽上皇が建てた寺院が起源なのだそうだ。すぐそばには天皇陵が二つもある。観光地として語られることは少ないけれど、足を運んではじめて、実は奥がとても深い土地であることを知る。


1209219takeda2
12092112tennnouryou
Kyoto, SONY Cybershot DSC-W630 (2012. 9)

しかし残念ながら暗くなってきたので、市の中心部へ戻る。

京都へ行く前はいつも、寺めぐりなら一日あれば十分だろうと思っているのに、毎回、時間が足りなくなるのは、この町のスケールの大きさのせいか、それとも何だかんだ言って、まだ思い入れがあちこちに残っているせいだろうか。


12092110kawaramachi
120921111kamogawa
Kyoto, SONY NEX-5 with SONY E18-55mm F3.5-5.6 (2012. 9)

| | Comments (0)

« July 2012 | Main | October 2012 »