« [Tour] TAIWAN '12. 4.29 | Main | [Tour] TAIWAN '12. 5. 1 »

April 30, 2012

[Tour] TAIWAN '12. 4.30

今日は南部をぐるっと回って台東まで行く予定。南へ向かう普通列車から、竹田という駅で途中下車する。日本的な名前のこの駅は、日本占領時代に、ここに赴任していた医師・池上一郎氏のゆかりの地であり、氏らが寄贈した書籍を納めた「池上一郎文庫」が当時の駅舎とともに保存されている。


1204301takedastn
Pintung (TAIWAN), SONY NEX-5 with SIGMA 30mm F2.8 EX DN ((2012. 4)

しかし今日、月曜日は定休日とのこと。建物を外からのぞきこむことしかできなかった。それでも、国内旅行と思しき人達が何人か車で訪れているのを見た。次の列車が来るまで駅の近所をぶらぶらする。南国のありふれた田舎町の光景。植民地の面影は、町には残っていなかった。


1204302seaside
Pintung (TAIWAN), SONY NEX-5 with SIGMA 30mm F2.8 EX DN ((2012. 4)

竹田から先、列車が南から東のほうに向きを変えると、車窓に海が見え隠れするようになる。何度もこの国を訪ねていながら、島の東部に来るのは初めてだ。心なしか海がより青く、また、家の数が少なくなったように感じる。考えてみれば、西側に主要都市が多いのは、この島が大陸を意識してきたひとつの証しかもしれない。


1204303taitonstn
Taitung (TAIWAN), PENTAX Optio S1 (2012. 4)

15時過ぎ、台東に着く。駅と町は離れており駅周辺には何もない、とガイドブックに書かれていた。実際その通りで、駅から町へ向かう路線バスはあるものの本数が少なく、鉄道を軸に移動するには不便そうだ。明日も列車で移動する予定だったので、ちょっと思案し、さらに先の花蓮まで今日のうちに行くことにした。花蓮も駅と市街地は離れているらしいけれど、駅前にもホテルが何軒かあるらしいので。

ちなみに台東の駅前には本当に何もないのか、花蓮までのきっぷを買ってから、ちょっとの時間歩いたところ、一軒のみやげもの屋と「ホテル」があった。


1204304stnhotel
Taitung (TAIWAN), PENTAX Optio S1 (2012. 4)

うーむなんかちょっと考えてしまう外観だ。想像に反して普通のホテル(?)だったとしても、それはそれで値段が高そうな気がするし、いずれにせよ近所には駅の売店以外にまともに店がないので、寝るだけの滞在となることを考えると、あえて泊まるのもちょっとどうかしらという気がする。

台東から花蓮まではディーゼル車の自強号(≒特急列車)で約二時間。新幹線や電車が走る西側に比べて、この区間の移動は時間がかかる。


1204305hualienstn
Hualien (TAIWAN), PENTAX Optio S1 (2012. 4)

暗くなった頃、花蓮着。駅前はみやげもの屋やホテルが軒を連ねており、日本の平均的地方都市よりもはるかに活気が感じられる。駅に近い、まあまあきれいなホテルをNT$1,300(¥3,700)/泊で確保。ホテル代をケチる年齢でもないので、言い値で妥結。

|

« [Tour] TAIWAN '12. 4.29 | Main | [Tour] TAIWAN '12. 5. 1 »

■Journey」カテゴリの記事

#Taiwan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [Tour] TAIWAN '12. 4.29 | Main | [Tour] TAIWAN '12. 5. 1 »