« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2011の4件の記事

January 23, 2011

職人集団芸

DVD

寒くて最近あんまり撮ってないので、いつにも増して誰が読むのだろうと思う音楽ネタっす。

このDVDと同じ昨年のマイケルシェンカーグループ日本ツアーを見に行ったので(収録日とは違う)、DVDまで買わなくてもいいかなぁと思って発売当初はスルーしていた。だが、先日ふとYouTubeでこれの映像を見て「ええやん!」と再感動して結局買ってしまった。

ライブんときはどうしても目や耳はマイケルのギター中心に追っていたのだけど、後で聞くと、ドラムのサイモン・フィリップスやベースのニール・マーレイも美味しいプレイをふんだんにしていたことに気づいたのだ。二人とも見た目は決して目立つプレイヤーではない。ライブのときの服装も普段着みたいだったし。しかしあとで聴くと派手ではないけど彼らなりのスタイルで結果としてアンサンブルに仕上げていた。

いいなーベタベタしたチームワークとか、それと真逆の個性の主張し合いとかやらなくても、こう、クールに仕事をやって高い水準で形にできるっていうのは。

| | Comments (0)

January 16, 2011

Cyber-shotケータイ

1001151s003sumple1
Tokyo, SONY Cyber-Shot-Keitai S003***

別にカメラ機能に期待していたわけではなかったのだけれど、先日手に入れたケータイ・ソニーCyber-shotケータイ S003のカメラ画質の評判がよいらしいことを不覚にも買ってから知ったので、冬の浅草で、適当に試し撮りをしてみた。


1001152s003sumple2
1001153s003sumple3
Tokyo, SONY Cyber-Shot-Keitai S003***

この機種の撮像素子は1,209万画素のCMOS。サイズは公表されていないようだけど、EXIF情報のレンズ焦点距離から想像すると1/2.5型くらいと思われる(おそらくこれではないかという気がする)。焦点距離は35mm換算で35mm前後。光学ズームは無し。絞りは明るい場所でも暗い場所でもF2.8なので、これは固定なのだろう。基本的にシャッター速度で露光を調整するようだ(ISO AUTOの場合はISOも細かく変動する)。これらのスペックから考えると、基本的な性能も悪くないし、かつ、性能の割には、よく写ると思う。使い勝手については、露出補正がワンタッチでできる点は、素晴らしい。それが何で素晴らしいって、俺の持っているソニーのデジタルカメラでは、ワンタッチでできないから(…)。

まー難を言えば、晴天下では背面液晶が見づらいことが多いとか、レスポンスが微妙にトロいとか、写りについては、白飛びや黒潰れしやすいとか、ボケ味が汚いとか、いろいろあるけれど、それらをふまえて使えば、カメラとしても十分にイケる。個人的には、あとはコントラストやシャープネス等の調整ができれば、携帯カメラの画像にありがちなガビガビ感を緩和できるのでいいなーと思うのだけど、あんまり高望みするのも、カメラ専用機に対する下克上になってしまうから、微妙に難しいのかもしれない。

…しかしこのところ試し撮りばっかりやってる気が。「本番」はいつやるんだ?と、最後に、自分にツッコみ。

| | Comments (0)

January 03, 2011

産土神社へ初詣

1101031seichi
Tokyo, KONICA Revio KD-510Z***

人には、それぞれ自分に縁のある神社があるという。主なものは、生まれた土地の神様を祀る「産土(うぶすな)神社」や、現在住んでいるところの守り神のある「鎮守神社」である。

そもそも、多くの神社には、それぞれ、担当する土地の区画が定まっているらしい。それを調べていけば、自分に縁がある神社が浮かび上がるというわけである。

考えてみれば、縁のない神社にお参りしたところで、神様にとっては「あんた誰?」という感じかもしれない。

というわけで私も、今年は自分の産土神社に初詣に行こうと思い、調べてみた。だが私は一歳のときに転居しており、生まれた土地に対する記憶はもちろんのこと、知識もほとんどない。「およそこの辺」という頼りない根拠に基づき、Googleマップ他を駆使して、探し出す。

うちの親が常識的に選択していれば、たぶんここにお宮参りなどに行っただろうと感じた、東京都下のある町にある神社。私鉄を乗り継ぎ、さらに駅から15分ほど歩いて、たどり着く。だが、地元では大きな神社らしく、参拝客で溢れている。


1101032jinja
Tokyo, KONICA Revio KD-510Z***

産土神社でのお参りのしかた、というのがあって、基本的な作法のほかに、住所・生年月日・氏名を名乗り、
「わが産土の大神様。いつもお守りお導きいただきありがとうございます」というのを付け加える。

しかし混雑する初詣客の中では、心の中で自己紹介をしただけで、時間的にいっぱいいっぱいだった(…)。

神様にしてみれば、やっぱり「あんた誰?」という感じだったような気が。

| | Comments (0)

January 01, 2011

賀正。

110101gasyou
Tokyo, SONY NEX-5 with 18-55mm***

東京です。乾いた冬です。

| | Comments (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »