« October 2010 | Main | December 2010 »

November 2010の4件の記事

November 28, 2010

秋深し

101128deepfall
Tokyo, SONY α380 with 16-80mm***

このまま年が暮れてええのんか

ほんまにええのんか

今年も自問を繰り返す日々。

| | Comments (0)

November 14, 2010

NEX-5でマウントアダプタを使ってみる

というわけで、NEX-5のEマウント用マウントアダプタを購入した。

今回買ったのは、ライカMマウントレンズ用のもの。とりあえず、国産で最安値、かつ作りもしっかりしていると評判の三晃精機のアダプタ(送料込み¥15,000)を注文。品物は代引きで、数日で到着した。

私は既にMマウント-ヤシカコンタックスレンズ用、ヤシカコンタックスマウント-M42レンズ用のマウントアダプタを持っているので、アダプタを重ねて使えばMマウント以外の複数マウントのレンズも使うことができる。

で、まずはヤシカML24mm F2.8を装着した。このレンズを選んだのは、今回使うことのできるレンズの中で唯一の、焦点距離24mm(35mm換算36mm相当)という理由からだ。やっぱり、APS-Cサイズのデジタルカメラで銀塩時代のレンズを使おうとする場合、広角系は苦労する。


1011141nexwithyclens

NEX-5のイカついボディと昔の一眼レフ用MFレンズとの組み合わせは、見た目は精悍で、なかなかよろしい。


101114324mmsample2

101114224mmsample
Tokyo, SONY NEX-5 with 24mm***

アダプタを付けて撮る時の一連の所作は、おおよそこんな感じ。

1. セットアップで「レンズなしレリーズ」を「許可」にする。
2. 撮影モードはA(絞り優先)またはM(マニュアル)を選択。
3. ピント合わせは「MFアシスト」機能を使う。ピント合わせの時にはレンズ側の絞りを開放にしておくと被写界深度が浅くなるのでピントの山がつかみやすくなる。
4. 絞り等、露出を決めてシャッターを押す。

慣れれば、銀塩のMFカメラとあまり変わらない所要時間で撮影できる。つーか、これって、ほとんどマニュアルカメラの撮り方そのものだ。ただしピント合わせは、昔の銀塩カメラでよくあった二重像合致式よりこの機種の「MFアシスト」の方が面倒くさく感じる。これも、慣れれば楽になるのかもしれないけど。

んで写りについては、今回試したレンズに関していえば、キットレンズ(純正18-55mm)と比べて発色が大人しめだけれど、全体的に色乗りはよく、決して悪くない。デジタルでも十分使うことができる。

だが一方で、これも、予め、わかっちゃいることなんだけど、手ブレ補正がないこと(NEXはボディ内手ブレ補正ではない)やEXIF情報がまともに記録されないことなどの欠点はある。特に、手ブレ補正に慣れていると、微妙にブレてしまった画像を見たときに「ああ…わかっちゃいるんだけど…手ブレ補正があれば…」と感じてしまうのだ。

これから使い込んでいけば考えは変わっていくかもしれぬが、例えば旅に出る時なんかに、あえてマウントアダプタ持参でNEX-5を使おう!とまでの気持ちにはならないかな今んところ。

| | Comments (0)

November 09, 2010

国境の町・ミャワディ

先日、総選挙が行なわれたミャンマーで、日本人ジャーナリストが拘束された。このニュースを聞いたときは「またヤンゴンで日本人が事件に巻き込まれたか」と思った。しかし拘束された場所は、タイと国境を接するミャワディだった。また、ミャワディと川を隔てたタイの町・メーソートで、日本のテレビ局のタイ人スタッフが、ミャンマーから飛んできた流れ弾に当ったという。

2007年に、これらの町を訪ねたことがある。しかし記憶では、国境の川に架かる橋は、長さ数百メートルはあった。そんなに長い距離を流れ弾が飛んでくるもんだろうかと思い、当時撮った画像を探してみた。


1011081border
Mae Sot (Thailand) [MAP] , KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 24-85mm***

手前がタイ領で、川向こうの、建物が何軒か並んでいるのがミャワディだ。たしかに橋は長かったのかもしれないけれど、川幅は、せいぜい数十メートル程度だ。石を投げても国境の向こう側に届くだろう。

拘束された日本人ジャーナリストは、ボートで川を渡って、密入国したという。表向きには現在この国境は閉まっているようだけど、その気になれば国境を越えることは、そう困難ではないと思われる。

そういえば、私がミャワディを訪ねた時には、ミャンマー側のイミグレーションオフィスで、自称・ガイドのミャンマー人の男性に声をかけられ、そのまま数時間、町を案内してもらった。

普段は、こうした自称・ガイドの世話にはならないのだけど、この時は、この町の、どこに何があるかもわからなかったし、誤って変なところに紛れ込んでしまうのも不安だったので、男についていった。

男は、ミャワディの街中にある市場や寺院などを手際よく案内してくれた。しかし今でも私が印象に残っているのは、彼が、案内中に、一瞬、スッと私と距離を置いて、携帯電話で「ジャパニーズ…○#▲□♪★」と何者かと会話をしていたことだった。決して豊かではないこの国で、携帯電話で(たぶん)俺のことを何やら話しているっつーことは、おそらく彼は、ミャンマー政府と関係がある何者かで、俺は、悪さをしないように監視されているのかなー、と思ったものである。


1011082market
Myawadi (Myanmar), KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 24-85mm***

ミャンマーが、この選挙で何かが変わるかと言う期待は、全くない。しかしそう考えてみれば、「オバマで何も変わらなかった」とか「民主党が政権を獲ってもいいことはなかった」とか嘆くことができる国に住んでいる人々は、「選択できる余地がある」分、まだ、恵まれているのだ。

| | Comments (0)

November 07, 2010

伸びる塔

101107toden
Tokyo, SONY α380 with 24-85mm***

実は、都電と東京スカイツリーの組み合わせは結構難しい。

工事中のスカイツリーと、あの界隈の街並みをからめて撮ってみたいと思っているのだけど、ダラダラしている間に、塔はぐんぐん伸びてゆく。

最近では、町中で不意にスカイツリーが目に入ると、なぜかアセりが。

| | Comments (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »