« 銚子はどうよ | Main | NEX-5購入報告 »

October 24, 2010

たぶん日本最新のタイ寺院

以前「日本最古のタイ寺院」という記事を書いた。このとき訪れた千葉県成田市のワット・パクナム日本別院の他、東京にもタイ寺院がある。その、八王子市にあるワット・パープッタランシーに行ってきた。

京王八王子駅からバスに乗って25分。「宮下」というバス停で下車して数分歩くと、大きなタイの旗が目に入る。タイ語も耳に入ってくる。しかし、タイの寺院によくある、ストゥーパや白いお堂は見当たらない。


1010241thaitemple
Tokyo [MAP] , SONY NEX-5 with 18-55mm***

境内にある説明によれば、ワット・パープッタランシーがこの地で開所したのは2009年6月28日。それ以前、ここは日本の古刹だったらしく、境内には石灯篭などが残っている。体裁を整えるには、まだ時間がかかりそうに見える。

それにしても、人が多い。

実はこの寺にはホームページがあり、それによれば、今日は何かの催しものがあるようなのだ。

* 13/09/2010。フォレストの仏教寺院イベント優先Rangsee東京お知らせ/ /ニュース
 仏教徒がご招待いたします。 タイ。 仏像の儀式の末に仏教の兄弟毎日知人や信仰のための
 親族。 ~(中略)~金土のNa仏は、この美しい寺院祭で開催されます。~(中略)~
2553 年5月24日(日曜日)。
寺17:30式は、 Dmwanernecgr精神的な祈りを実行する瞑想。
10.00は、祈り Somrdanの寺院の僧侶は神聖な聖餐式の成長を祝福しています。
10.30で施しを集める僧侶からです。 修道士修道士。
11.00 私は僧侶のための食糧を提供しています。 と声をそろえて一緒に食事。
12.00 で、偉大なSangkhathan(特別評価)を提供していますし、資金を一度だけ病院のキッチン発表
       - トイレ
12時50分は、すべての司祭に感謝時にKornydngm聖水を祝福されてスペル。 授賞式は完了です。
あなたは救貧院を設定しようとすることに注意してください

…グーグル君のタイ語翻訳では、何かがあることは想像がつくのだけど、それが何であるかは残念ながら理解できなかった。

そこで、ここで、寺の中にいるタイ人女性に尋ねたところ、

「3ヶ月間修行していた人が、修行が終わったので、その催しもの」

ということらしい。

聞いても、わかったようなわからないような気がするけれど、これ以上追求してもしょうがないような気もしたので、私もタイ人に混ざって、おとなしくその催しを見ることにする。

時間が経つにつれて、多くのタイ人と、タイ人に連れられてきた様子の若干の日本人が境内に集まってくる。やがて数十人のタイ人が小さな本堂を満たすと、その前に僧侶が現れて説話をはじめ、途中から読経になる。傍らでは、タイ料理が盛られている。後で参拝者に振る舞われるのだろう。考えてみれば、日本人も、法事が終わった後には必ず坊さんを囲んで何か食べに行くけれど、同じような理屈なのだろうな。


1010242teranonaka
Tokyo, SONY NEX-5 with 18-55mm***

お経が終わるとすぐに、人々は席を立ち、リボンを付けたビニール袋に丁寧に梱包された食品を持って本堂の前の小道の端に並ぶ。

「何だろ?」と一瞬考えて、似た光景を以前見たことがあったのを思い出す。托鉢だ!


1010243foodandtakuhatsu
Tokyo, SONY NEX-5 with 18-55mm***

むかし私がタイで目にした托鉢は、道路わきで女性が、作りたての朝ごはんを、街を歩く僧侶が手にした鉢に直接入れていくという感じのものだった。しかしさすがに日本で同じことをするのは難しいために、こんな形になったのだろう。でも僧侶の持つ鉢に食品を入れる女性は傍目にもノリノリで、あーやっぱこれがやりたかったんだろうなー、となぜかこちらまで微笑ましい気分になった。

以上、たまたまイベントで賑わっていたせいもあったのだろうけれど、楽しむことができた、お寺さんでした。

|

« 銚子はどうよ | Main | NEX-5購入報告 »

■Prowl」カテゴリの記事

#Thailand」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 銚子はどうよ | Main | NEX-5購入報告 »