« たぶん日本最新のタイ寺院 | Main | 伸びる塔 »

October 31, 2010

NEX-5購入報告

1010311nex

ああすみません当然このストラップも付属のものではありませんけどいつ何のために入手したのか憶えてないっす。

てなわけで、唐突に入手してしまったソニーNEX-5。

なぜここでNEX-5かと言えば、今年これまでに買った二台のデジタルカメラが、特に描写面で今ひとつ満足できなかったためだった。

ぶっちゃけて書いてしまうと、

1. フジ FinePix Z300
全体に青カブリでモッサリした写り。ただし快晴の青空や木々の緑はハマると美しい。しかし快晴時描写の美しさは未だ現役のコニカKD-500/510Zも同様なので、キャラが被った。そして起動やAFなどのレスポンスはKD-500/510Zに劣っていた。

2. リコーGX200
これは製品不良と見るべきかどうか迷ったのだけど、露出アンダー目な部分がマゼンタ被りすることが、しばしばあった。「必ず」そうだったら、点検に出すところだった。ただし普通に写ることもあり、判断に迷った。サービスステーションに持っていったところで、「問題なし」だとか「個体差」だとか「ディスコンで交換機もないので我慢しろ」とか言われたら悲しいので、躊躇してしまった。


不満を持ちつつ死蔵していてもデジ機はどんどん資産価値が下がっていくので、早々に見切りをつけることも大切なわけで、これらと、やはり死蔵中の銀塩機を抱き合わせて売却することにした。…が、某店の「下取り交換査定10%up」の文字に釣られて、つい新たな機種に手を出してしまいました、っつーのが、NEX-5がここにある理由である。

NEX-5のセットレンズについては、広角パンケーキレンズは換算24mm相当で常用するのはどうかしらもう余計な機材は持ちたくないわということで、標準ズームレンズのみを選択。

まだ使い込むまで至っていないけれど、これまでに気が付いた点をザッと挙げてみる。

○よいところ
・ホールディング感は、大きさの割にはよい。背面液晶が可動するので、ワキをしめてローアングル撮りすると安定する。
・先日のファームアップのおかげでソフトキーに機能割り当てが可能になり、操作性は普通のコンデジ並みに改善された。私はソフトキーB→「MFアシスト」、Cはカスタムで1→「ISO感度」2→「ホワイトバランス」3→「Dレンジオプティマイザー」を割り当てた。しかしこのファームアップがなかったらNEX-5に対する評価は全く変わっていたような気が。
・画質は、今までザッと撮ってきた限りではニュートラルに見える。α380が、どちらかというとあっさり鮮やか系な写りなので、使い分けできそう。

×わるいところ
・描写が若干眠く感じる。等倍で見なければ気にならないレベルっすけど。これはカメラのせいなのかレンズのせいなのかは不明。
・交換レンズはマウントアダプター頼み。とりあえず紅葉シーズンまでにα用かMマウント用のどちらかを手に入れようかと。
・フラッシュが外付けで、その取り付け口が携帯電話のアダプタのような形の作りなので、取り外しが面倒。
・バッテリーの持ちは、ファームアップで改善されたとは言うけれど、やっぱ普段使いでも予備があったほうが安心。ROWAが儲かる。

・以下は、俺以外に気にするのは少数だと思う点。
・同じソニーなのに、α380とバッテリーが共用できない。そのおかげでROWAが(略
・α380の電源スイッチは左・ON 右・OFFに対して、NEX-5は左・OFF 右・ON。嫌がらせか。
・Capture One未対応。これもメーカーの嫌がらせだろーか。NEX発売後も何度かアップグレードしているのに。

まーしかし全体的な印象は、決して悪くないっす。例えるなら、普通のデジタル一眼レフをデスクトップPCとして、NEXはウルトラモバイルPCみたいなもんではないかと。要は、OSは一緒なんだけど、でっかい機種と同じように凝った使い方をしようとすると使いにくさが気になる、みたいな。それをわきまえて使う分には良いんじゃないすかね。やっぱり小型軽量なのはNEXの最大のアドバンテージ、というのが、現時点での感想。


1010312toden
Tokyo, SONY NEX-5 with 18-55mm***

|

« たぶん日本最新のタイ寺院 | Main | 伸びる塔 »

■Photo / Camera」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« たぶん日本最新のタイ寺院 | Main | 伸びる塔 »