« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010の6件の記事

October 31, 2010

NEX-5購入報告

1010311nex

ああすみません当然このストラップも付属のものではありませんけどいつ何のために入手したのか憶えてないっす。

てなわけで、唐突に入手してしまったソニーNEX-5。

なぜここでNEX-5かと言えば、今年これまでに買った二台のデジタルカメラが、特に描写面で今ひとつ満足できなかったためだった。

ぶっちゃけて書いてしまうと、

1. フジ FinePix Z300
全体に青カブリでモッサリした写り。ただし快晴の青空や木々の緑はハマると美しい。しかし快晴時描写の美しさは未だ現役のコニカKD-500/510Zも同様なので、キャラが被った。そして起動やAFなどのレスポンスはKD-500/510Zに劣っていた。

2. リコーGX200
これは製品不良と見るべきかどうか迷ったのだけど、露出アンダー目な部分がマゼンタ被りすることが、しばしばあった。「必ず」そうだったら、点検に出すところだった。ただし普通に写ることもあり、判断に迷った。サービスステーションに持っていったところで、「問題なし」だとか「個体差」だとか「ディスコンで交換機もないので我慢しろ」とか言われたら悲しいので、躊躇してしまった。


不満を持ちつつ死蔵していてもデジ機はどんどん資産価値が下がっていくので、早々に見切りをつけることも大切なわけで、これらと、やはり死蔵中の銀塩機を抱き合わせて売却することにした。…が、某店の「下取り交換査定10%up」の文字に釣られて、つい新たな機種に手を出してしまいました、っつーのが、NEX-5がここにある理由である。

NEX-5のセットレンズについては、広角パンケーキレンズは換算24mm相当で常用するのはどうかしらもう余計な機材は持ちたくないわということで、標準ズームレンズのみを選択。

まだ使い込むまで至っていないけれど、これまでに気が付いた点をザッと挙げてみる。

○よいところ
・ホールディング感は、大きさの割にはよい。背面液晶が可動するので、ワキをしめてローアングル撮りすると安定する。
・先日のファームアップのおかげでソフトキーに機能割り当てが可能になり、操作性は普通のコンデジ並みに改善された。私はソフトキーB→「MFアシスト」、Cはカスタムで1→「ISO感度」2→「ホワイトバランス」3→「Dレンジオプティマイザー」を割り当てた。しかしこのファームアップがなかったらNEX-5に対する評価は全く変わっていたような気が。
・画質は、今までザッと撮ってきた限りではニュートラルに見える。α380が、どちらかというとあっさり鮮やか系な写りなので、使い分けできそう。

×わるいところ
・描写が若干眠く感じる。等倍で見なければ気にならないレベルっすけど。これはカメラのせいなのかレンズのせいなのかは不明。
・交換レンズはマウントアダプター頼み。とりあえず紅葉シーズンまでにα用かMマウント用のどちらかを手に入れようかと。
・フラッシュが外付けで、その取り付け口が携帯電話のアダプタのような形の作りなので、取り外しが面倒。
・バッテリーの持ちは、ファームアップで改善されたとは言うけれど、やっぱ普段使いでも予備があったほうが安心。ROWAが儲かる。

・以下は、俺以外に気にするのは少数だと思う点。
・同じソニーなのに、α380とバッテリーが共用できない。そのおかげでROWAが(略
・α380の電源スイッチは左・ON 右・OFFに対して、NEX-5は左・OFF 右・ON。嫌がらせか。
・Capture One未対応。これもメーカーの嫌がらせだろーか。NEX発売後も何度かアップグレードしているのに。

まーしかし全体的な印象は、決して悪くないっす。例えるなら、普通のデジタル一眼レフをデスクトップPCとして、NEXはウルトラモバイルPCみたいなもんではないかと。要は、OSは一緒なんだけど、でっかい機種と同じように凝った使い方をしようとすると使いにくさが気になる、みたいな。それをわきまえて使う分には良いんじゃないすかね。やっぱり小型軽量なのはNEXの最大のアドバンテージ、というのが、現時点での感想。


1010312toden
Tokyo, SONY NEX-5 with 18-55mm***

| | Comments (0)

October 24, 2010

たぶん日本最新のタイ寺院

以前「日本最古のタイ寺院」という記事を書いた。このとき訪れた千葉県成田市のワット・パクナム日本別院の他、東京にもタイ寺院がある。その、八王子市にあるワット・パープッタランシーに行ってきた。

京王八王子駅からバスに乗って25分。「宮下」というバス停で下車して数分歩くと、大きなタイの旗が目に入る。タイ語も耳に入ってくる。しかし、タイの寺院によくある、ストゥーパや白いお堂は見当たらない。


1010241thaitemple
Tokyo [MAP] , SONY NEX-5 with 18-55mm***

境内にある説明によれば、ワット・パープッタランシーがこの地で開所したのは2009年6月28日。それ以前、ここは日本の古刹だったらしく、境内には石灯篭などが残っている。体裁を整えるには、まだ時間がかかりそうに見える。

それにしても、人が多い。

実はこの寺にはホームページがあり、それによれば、今日は何かの催しものがあるようなのだ。

* 13/09/2010。フォレストの仏教寺院イベント優先Rangsee東京お知らせ/ /ニュース
 仏教徒がご招待いたします。 タイ。 仏像の儀式の末に仏教の兄弟毎日知人や信仰のための
 親族。 ~(中略)~金土のNa仏は、この美しい寺院祭で開催されます。~(中略)~
2553 年5月24日(日曜日)。
寺17:30式は、 Dmwanernecgr精神的な祈りを実行する瞑想。
10.00は、祈り Somrdanの寺院の僧侶は神聖な聖餐式の成長を祝福しています。
10.30で施しを集める僧侶からです。 修道士修道士。
11.00 私は僧侶のための食糧を提供しています。 と声をそろえて一緒に食事。
12.00 で、偉大なSangkhathan(特別評価)を提供していますし、資金を一度だけ病院のキッチン発表
       - トイレ
12時50分は、すべての司祭に感謝時にKornydngm聖水を祝福されてスペル。 授賞式は完了です。
あなたは救貧院を設定しようとすることに注意してください

…グーグル君のタイ語翻訳では、何かがあることは想像がつくのだけど、それが何であるかは残念ながら理解できなかった。

そこで、ここで、寺の中にいるタイ人女性に尋ねたところ、

「3ヶ月間修行していた人が、修行が終わったので、その催しもの」

ということらしい。

聞いても、わかったようなわからないような気がするけれど、これ以上追求してもしょうがないような気もしたので、私もタイ人に混ざって、おとなしくその催しを見ることにする。

時間が経つにつれて、多くのタイ人と、タイ人に連れられてきた様子の若干の日本人が境内に集まってくる。やがて数十人のタイ人が小さな本堂を満たすと、その前に僧侶が現れて説話をはじめ、途中から読経になる。傍らでは、タイ料理が盛られている。後で参拝者に振る舞われるのだろう。考えてみれば、日本人も、法事が終わった後には必ず坊さんを囲んで何か食べに行くけれど、同じような理屈なのだろうな。


1010242teranonaka
Tokyo, SONY NEX-5 with 18-55mm***

お経が終わるとすぐに、人々は席を立ち、リボンを付けたビニール袋に丁寧に梱包された食品を持って本堂の前の小道の端に並ぶ。

「何だろ?」と一瞬考えて、似た光景を以前見たことがあったのを思い出す。托鉢だ!


1010243foodandtakuhatsu
Tokyo, SONY NEX-5 with 18-55mm***

むかし私がタイで目にした托鉢は、道路わきで女性が、作りたての朝ごはんを、街を歩く僧侶が手にした鉢に直接入れていくという感じのものだった。しかしさすがに日本で同じことをするのは難しいために、こんな形になったのだろう。でも僧侶の持つ鉢に食品を入れる女性は傍目にもノリノリで、あーやっぱこれがやりたかったんだろうなー、となぜかこちらまで微笑ましい気分になった。

以上、たまたまイベントで賑わっていたせいもあったのだろうけれど、楽しむことができた、お寺さんでした。

| | Comments (0)

October 16, 2010

銚子はどうよ

1010161tohdai
Chiba [MAP] , SONY NEX-5 with 18-55mm***

ふと海が見たいと思い立ち、千葉県の犬吠埼へ出かける。

数年ぶりに訪ねた銚子の街は、以前より観光客の数が増えていたように感じた。

路線廃止の危機が取り沙汰されていた、市内を走る銚子電鉄の影響もあるのだろうか。というか、それ以外に、新しい観光スポットが増えたなどという話も聞かないし。


1010162choshi
Chiba, SONY NEX-5 with 18-55mm***

すでにお気づきの方もいらっしゃると思うけど、今回の銚子行きは、またもや新しいカメラのテストを兼ねてます。あー買い増しじゃないです。言い訳に聞こえるかもしれませんけれど、下取りして買い替えっす。追い銭5K¥くらいかな。何売ったんだーと思われるかもしれませんが。詳細は追って。

| | Comments (0)

October 10, 2010

うふふ

近所に、一軒の銭湯がある。

古い木造の建物。浴室の壁には、お約束の、富士山の絵が描かれている。

熱めの湯に浸かったあと、脱衣場で、動かなくなった柱時計や、「昭和 年 月 日現在」と書かれた白板の上に紙が貼られた料金表や、市内局番が3桁で書かれた店の広告(しかし現存するかどうか、まだ確かめたことがない)をボーッと眺めていると、しばし、時の経つのを忘れる。

番台の女将さんもチャキチャキっぽいお方で、

お客が来ると

「いらっしゃいまし」

帰るときには

「ありがとうございまし(←…?)」

と、いつも、セリフのようにつぶやく。

今日も、いつもの時間に湯に入り、帰ろうとすると、頭上から、聞き慣れた「ありがとうございまし」ではなく

「うふふ」

と女将の声が。

どうした女将(汗)?

思わず番台を見上げる。

すると、何ともいえぬイラストの入ったタオルを手渡された。


101010sentohday

今日は10月10日。銭湯の日(1,010)とのことで、数量限定の記念タオルを配っているそうなのだ。

ありがたく、さっそく明日から普通に使わせていただきます。

| | Comments (0)

October 03, 2010

裏・伝統の一戦

101003baystarsnighter
Tokyo [MAP] , KONICA Revio KD-510Z***

人気プロ野球チームの、巨人と阪神。

地域密着型プロ野球チームの、中日と広島。

そして、その他の二球団、横浜とヤクルト。

横浜対ヤクルトの試合は、「裏・伝統の一戦」と、陰で呼ばれることもある。

横浜が身売りされるかもしれないというニュースを聞き、あぁっひょっとしたら「横浜ベイスターズ」は今年限りで見納めになってしまうかもしれないと思って、急遽、神宮球場へ足を運んだ。

両チームとも順位が確定し、もはや完全消化試合の様相。もっとも横浜はいつから消化試合モードになっているのか、定かでないが。

いちおう試合結果と内容を振り返ってみる。

横 浜 000 100 000 1
ヤクルト030 000 00X 3
(横)●眞下-福田-寺原-牛田
(ヤ)○由規-増渕-松岡-S林昌勇

横浜の先発投手、眞下は昨年高卒で入団したルーキーで今シーズン初先発、二番手の福田は、同じく昨年入団のルーキーだけど京都大学大学院から独立リーグの香川オリーブガイナーズを経てベイスターズ入りした流浪の民、三番手・寺原は三年前に12勝を挙げたエース級ながら今季はケガで低迷、四番手の牛田は勝ち試合のセットアッパー的役割、という、育成モードなんだか勝負にいっているんだかよくわからない、意図不明の投手リレー。

打つほうも、7回まで毎回ランナーを出しながら1点しかとれない非効率さ。もっともこの試合に勝ったところで今さら何がどうなるというわけでは全くないので、負けたことに腹を立てている観客はあまりいなかったようだ。もちろん私も含めて。

むしろ、今年何度も見た「追いつかない程度の反撃」をこの日もしつこく続けるベイスターズの姿に、いじらしさを通り越してイラつかさせられたような気が。

こんな試合を見た後だから、ということもあるのかもしれないけど、この際だから、横浜を捨てて、噂になっている新潟へ移転するのもアリなんではないかと思った。チームが解散するのでなく、本拠地が移転するくらいならば、私は構わない。そもそも、昔からこのチームは、地元に愛される市民球団になろうといろいろやっている割には地元民の支持が希薄なような気がしてならないのだ。私自身、横浜市に住んでいたとき、「横浜に住んでいるからベイスターズファン」という人には、あまり会ったことがなかった。「愛知出身だから中日ファン」「広島出身だからカープファン」という人は何人も知っているのに、である。もっとも、これは横浜という土地柄のせいもあるのかもしれないけれど。

ついでに言わせていただくと、「ベイスターズ」という名前も、港町・横浜の作られたイメージに合わせてコピーライターが脳内をこねくり回して取ってつけたようなイメージしかないので、変えていただいて結構。いや、むしろドサクサに紛れて昔の「ホエールズ」に戻していただきたい。チーム名がクジラで何が悪い。ついでに住生活グループの何かの製品のブランドを「TAIYO」にしてだな…(収拾がつかなくなってきたので以下自粛

| | Comments (0)

October 01, 2010

中国に侵食されるブータン

1010010will


WILL』という月刊誌の広告で、「ブータン国土が小さくなった」という記事を見た。

ブータンに領土問題が存在することを詳しく知らなかったし、こーいうご時世でもあったので、ちょっと興味を持ち、買ってみた。

この本を買うのは初めてだったのだけど、開いてみると、『ゼロ戦DVD』や『自衛隊腕時計』などの広告があるのがやけに目に付いた。その辺の嗜好がある方もターゲットにしているのだろうか。


さて。目当てのブータンの記事は、

[総力大特集: 民主党ハルマゲドン!]
(↑…)
に続く[総力特集: 図に乗るな、中国!]
(↑……)

の中にあった。

その記事によれば、中国(チベット自治区)と接するブータン北西部(下の地図の円で囲った辺り)の領土に中国の人民解放軍がじわじわと侵入し、2006年のブータン政府の発表では、中国領になってしまったとのことだ。以前との差は、約8,000平方キロ。兵庫県とほぼ同じ広さである。


1010013bhutanesenmap

ちなみにGoogleマップのブータン地図では、中国領になったと思われる地域が点線で表示されている。

下の画像は、1999年12月、私がブータンに住んでいた頃、休日に、在住の日本人有志で航空機を貸し切ってブータン国内遊覧飛行をしたときに上空から撮った、ブータン北部山岳地帯の光景である。贅沢そうな企画と思われるかもしれないけど、実際には、一人あたりの負担は30ドル程度だった。

雪はそれほど深くないように見える。だが、人家はほとんど見えない。


1010011northernbhutan
BHUTAN, MINOLTA α-9xi with 100-300mm***

中国領とされてしまった地域も、おそらく、こんな感じの光景が広がっているのではないかと思う。町や村と呼べるほどの集落の類があるわけではなく、せいぜい、ヤクを連れた遊牧民がポツポツと住んでいる程度だろうと想像される。警備も比較的手薄だろう。

ブータンの遊牧民は、ヤクの乳を搾ってバターやチーズを作る。冬場には山を下り、その肉を売って生計を立てる。


1010012yakuseiier
Paro (BHUTAN), MINOLTA α-9xi with 24-85mm***

しかし最近は「ヤクが山を下りてこない」という。ではどこに行ったのかというと、領土を侵食する人民解放軍に高値で売られているらしい、と、書かれている。またこの地域では、これも中国国内では高額で取引される冬中夏草も多く生育しているとか。

それにしても…中国。

| | Comments (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »