« こんどの電車は阪堺電車の色 | Main | α390 »

June 13, 2010

TRAVELER'S notebookを使ってみる

…と書きつつも、私は、紙の手帳派ではなく、日常生活の中で思いついたことやスケジュール管理などは、もっぱらPDAのPalm Centroへ入力している。紙だと、あとで整理を怠ると、情報が散逸してしまう恐れがあるんですわね。

しかし、事情があって紙でデータを持ち運ばなければならないときなど、携帯用のクリアファイルみたいなものが欲しいと思っていた。できれば、Centroと共に持ち歩けるようなサイズが望ましい。

TRAVELER'S notebook


いろいろ調べた結果、TRAVELER'S notebookというのが良いのではないかと思った。TRAVELER'S notebookのパスポートサイズのものを見たところ、ちょうど間にCentroが入る大きさ。ゴムで束ねておけるので、間にCentroをそのまま挟んで持ち運ぶこともできそうだ。気にかかるのは、なんかオシャレな人が使っていそうなイメージと、そのベタなネーミング。

実際に手にとってみたところ、機能的には問題なさそう。ヘナッとした革の感触が、やっぱり、もともとは婦女子向けに作られた手帳なんだろーなーと思わせたけれど、使い込んでいくうちに風合いが出てくることを期待。ネーミングのことは、いいっす。別に、表紙に『トラベラーズ・ノート』と書かれてあるわけでもないし。


1006131travelersnotebook
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

|

« こんどの電車は阪堺電車の色 | Main | α390 »

■PDA / Mobile」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« こんどの電車は阪堺電車の色 | Main | α390 »