« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010の6件の記事

May 29, 2010

日本最古のタイ寺院

千葉県に、日本最古のタイ寺院がある。ワット・パクナム日本別院という。「最古」といっても、1998年に完成したとのことなので、まだ十数年しか経っていない。しかし在日タイ大使館のホームページにも掲載されている。由緒あるお寺のようだ。

Webに載っている案内図を頼りに、この寺院を訪ねてみようと考えた。だがネタが古いようで、そこに書かれている住所でググっても位置がつかめない。いろいろ検索した結果、市町村合併で、現在の地名は「千葉県成田市中野294番地」に変わっているらしい。

そして、実際に京成成田駅前から路線バスに乗り、ワット・パクナムを目指した。

乗車すること約30分、吉岡新田(きちおかしんでん)で下車する。案内図に書かれていた、バス停前にあるはずの「サンクス」が「セブンイレブン」になっていることに気づく。細かいことではあるけれど、やっぱ地図が古すぎ。

バス停から寺までは、約5km(…)。しかも沿道は、荒れ地の中に町工場や産廃の処分場が点在しているだけの殺風景っぷり。狭い道を減速せず飛ばしていくダンプカーに煽られながら歩くうち、気が滅入っていく。

1時間近く歩くと、畑の向うにタイ寺院の屋根が目に入ってくる。ほどなくして入り口に着く。敷地は結構広いようだ。


1005302wat
Chiba, RICOH Caplio GX100***

しかし、ひと気がない。訪ねた時間帯が悪かったのか。

立派な造りの本堂も施錠されていて、中に入ることができなかった。


1005301wat
Chiba [MAP] , SONY α380 with 16-80mm***

本堂の傍らには、おなじみの金の仏像があったので、とりあえず参拝はできたものの、うら寂しい気分は拭えず。


1005303wat
Chiba, SONY α380 with 16-80mm***

うぅむ…祭礼など、賑わっている日を狙って行っていれば、かなり印象も違っていたような気もするけれど…(´・ω・`)


1005304wat
Chiba, SONY α380 with 16-80mm***

| | Comments (0)

May 22, 2010

ねこ日和

100522nemurinuko
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

野良ネコにエサをやること自体が悪いこととは思わぬけれど、そもそもアスファルトの上ではクソは土には還らないし、ネコもオノレの排泄物の臭いが漂う中で生きていたって快適ではないだろう。

それにしてもここ数年、都内ではネコの数がちょいとばかり増えてやいませんか。

| | Comments (0)

May 20, 2010

バンコク反政府デモ

100520bkk
Bangkok (THAILAND) , KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 24-85mm***

今回のバンコクの反政府デモは、当初、個人的には「またかー、でもそのうち無難に終わるだろう」と軽く考えていたけれど、終結まで長い時間がかかり、多くの犠牲者も出してしまった。

報道で伝えられている「経済格差に対する不満」や「現政権への批判」のためだけに、こんなに長いこと戦えるのだろうか、という疑問が残る。

しかしながら私も情けないことに、最近、この国を旅行者目線に近いところから見ていために、自論を披露できるほど深追いしていなかったのだが。

| | Comments (0)

May 16, 2010

大きさより重さが気になる年頃

先週の旅には、α380に今はディスコンであるミノルタの24mm F2.8単焦点レンズを付けっぱなしにして持っていった。バリオゾナーを入手したばかりなのにもったいない感もあったけれど、そのときは、あまりリキを入れて撮りたい気分ではなかった。

24mm(35mm換算36mm)近辺の焦点距離は、私の感覚に最も馴染む画角だ。

帰宅してから振り返ってみれば、このカメラで結構な数を撮っていた。

日常の目線で撮影するときには、ある程度写る、これくらいの機材を用意すればあまり困らないのだなと思った。

そして、機材は軽いほうがよい。

もっとも昔は、重量よりサイズを気にしていた。けれども年齢のせいか、最近では、荷物の重さがしんどく感じられるようになってきた。

35mmフィルムカメラで『究極の焦点距離35mmセット』と自分で呼んでいるHEXAR RFとズミクロン35mmの組み合わせは、重さ約900g。これに対してα380+ミノルタ24mm F2.8は、700g。フィルムかデジタルか、MFかAFかという差よりも、「軽さ」優先で、後者に手が伸びる。

という体力と気力の低下の中、発表されたのがSONYの新システムデジタルカメラ『NEX』である(↓)。
1005162nex

スペックには特に不満はなく、むしろ、重量、価格などはとてもがんばっていると思うけれど、具体的な形になったのをみると、やっぱりレンズはかさばって見えるし、αレンズはAFが効かないし、といった、予想はできたんだけどねぇ…という欠点もあらわになってしまっている。

でも、これにミノルタの24mmを付けたときの操作性が悪くなければ、これもいいかも、という期待感はある。


1005161harumomiji
Tokyo, SONY α380 with 24mm***

しかし今、「これを買わなきゃ」という緊急性は特に何もない現状の生活ではありますが。

| | Comments (0)

May 08, 2010

南 紀

今年のゴールデンウイークも休みが中途半端にしか取れなかったので、国外はあきらめて、国内で、だらーんとできそうな所へ出かけた。行き先は、紀伊半島の南部。

今回も、今まで行ったことがほとんどないからという極私的な薄い理由で目的地を決めた。

学生時代、余していた18きっぷで、紀勢本線の途中にある海沿いの無人駅まで往復して以来だと思う。たぶん。


1005081mujineki
Wakayama, RICOH Caplio GX100***

東京だけではなく、京阪神からも、結構距離感がある。

尾鷲(おわせ)や九鬼(くき)という、いわくありげな名前の駅は、途中下車してみたくなる風情でもあった。

だが、一度列車を降りると、二時間以上待たなければならなかったので、あきらめる。


1005082taijieki
Wakayama, RICOH Caplio GX100***

それでも、捕鯨の町として名前を聞いたことのある太地(たいじ)駅で、気まぐれに降りてしまった。

一番線しかない小さな駅は、町外れにあるようだった。駅の周りをウロウロするうちに、町の中心部へ行くバスも発車してしまった。そこで、数キロの道をてれてれ歩く。


1005083kujira
Wakayama [MAP] , SONY α380 with 24mm***

クジラのモニュメントを遠くに見ながら、入り江を眼下にして歩く道程は心地よかった。

このあとも各駅停車で歩を進めつつ、いくつかの駅で途中下車しながら、海辺に適当なスペースを見つけては、溜まった本を読んだり、昼寝をしたりして過ごしていた。


1005084sionomisaki
Wakayama, SONY α380 with 24mm***

もう少し長いこと旅をできれば良かったかと思うけど、こういう旅こそ、もう少し、と感じる程度で終わっておくのが、ちょうどよいのかもしれない。


1005085goboubeach
Wakayama, SONY α380 with 24mm***

| | Comments (0)

May 04, 2010

文句タレばかりが増えていく

今回は旅先が国内なので、朝は、何となくホテルで、普段見ているテレビ番組を、普段と違って8時過ぎまで、つい見てしまう。

しかしテレビの中で偉そうな方が繰り返し熱く語るのは、「総理大臣はけしからん」ということばかりで、「じゃあどうすればいいのか」とか「私だったらこうする」的な視点の内容は、ほぼ皆無だ。なので結局、最後まで見るに耐えられなくなって、テレビを消す。

こんなことにイラつくのも、最近、身近にも『文句タレ』が増えているせいなのかもしれない。

文句タレは、後追いで失敗の原因を、したり顔をして解説しているだけである。解説だけならともかく、失敗した人を責めるから気分が悪い。

それでも今のご時世、筋道が通ったことを語る文句タレは、パッと見、賢そうなので、ともすればもてはやされる。もっともそれは、文句タレご本人が文句タレという地位でいられる間に限られるのだけど。


100504okinawanbase
Okinawa, KONICA HEXAR RF Ltd. with 50mm

まーしかし、普天間基地の移転先はどこにするのが最善策なのか、こども手当はどうするのがベストなのか、高速道路の料金はどうあるべきなのか、自民党は過去の政策からおよそ判断がつくとして、自民党以外で具体的な対案を示すことができる政党は、ないのだろうか。そこで何か気の利いた政策を掲げることができる党があれば、少なくとも私は、勢いよくその党を支持するに違いない。

…つーか、旅行中なんだから、そもそもそんなにテレビ見てムキになることもないのだが。

| | Comments (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »