« 秋を感じる | Main | 誰がうまい棒をくれと »

October 02, 2009

チキンチリ・アンド・ラ~イス

091002chikinchilli
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

チキンチリとは、名前の通り、鶏肉と唐辛子を炒めた料理。ケチャップで味付けされることも多い。ネパール、チベットやブータンで、よく見かけるメニューだ。しかし南アジアっぽさに欠けるせいか、旅行者の間では、話題になることが少ない。だが、彼の地で生活する非・南アジア人にとっては、それが逆に魅力だった。私もローカルレストランで、しばしばこれを食べていた。

都電荒川線沿線某所に、最近、ネパール料理屋がオープンした。日本のインド料理屋では、実はインド人以外のネパール、パキスタン、バングラなど近隣国の人が働いている店が結構あるのだけど、そんな中で「ネパール料理」を表に出しているのは、意外に貴重だったりする。

先日、この店で初めて食べたダルカリが結構旨かったので、今日、再訪し、チキンチリ&ライス(¥930)を注文した。

ああやばい旨い…久しぶりに食うと。

ここには、モモ&ビールセット(¥780)、チョーメン(¥980)など、その筋の人の琴線を痛く刺激するメニューが、他にも多くある。…「その筋」って、早い話が、俺ですけど。

しかし問題は、特に、夜、この界隈では、ネパール料理の需要がとても多そうには見えないことだ。本心は、ここで宣伝したいところだけれども、Death Blogの疑いが強いこのブログでは、涙をのんで具体的な場所は触れずにおこうかと。ぅぅぅ。

|

« 秋を感じる | Main | 誰がうまい棒をくれと »

■Days」カテゴリの記事

#Bhutan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 秋を感じる | Main | 誰がうまい棒をくれと »