« 盆 | Main | 富山に行った。まっすぐ帰った。 »

August 22, 2009

α380でM42レンズを試した

0908221a380

αマウントで使える数少ないマウントアダプターで、M42レンズを使ってみた。レンズは旧ソ連製のジュピター9(85mm F2)。ミノルタの純正85mm F1.4に比べて、小さくて軽い。もともとこのレンズはヤシコンマウントで使うために購入した。しかしヤシコンのカメラは、現在、死蔵状態なので、活用するためにαマウントアダプターを買い足したのだ。

これをどうやってオート指向のα380で使うかというとですね。非常に単純で、Mモードを使う。これだけです。つーか、これしか使えない。その他のAモード、Sモード、シーンセレクションなどでは『レンズが装着されていないのでシャッターが切れません』というメッセージが表示されて、シャッターが下りない。じゃあなんでMモードだとレンズを認識しないのにシャッターが切れるのかということは、考えない。考えても仕方がない。

さて。α380のMモードは、純正レンズを使うと露出を計って測光値と設定値の差異を表示したり、MFではフォーカスエイドをしてくれたりするけれど、マウントアダプタを使ったときには、これらの機能はまったく働かない。露出とピントは、勘&目+撮った後の背面液晶で確認しながら微調整する。α380のライブビューには、『スマートテレコンバーター』という、ボタンを押すと画像を1.4倍または2.0倍に拡大する、ワンタッチのデジタルズーム機能がある。これは細かいピント合わせに使えるかと思ったけれど、液晶が今ひとつ粗い(注:ピント合わせ用としては)。光学ファインダーより若干使える程度。ただし撮影後に背面液晶に表示される画像では、露出やピントを割と正確にチェックできる。手ぶれ補正のインジケータは動いているけれど、実際に機能しているかどうかは不明。


0908222m42

0908223m42
Tokyo, SONY α380 with 85mm***

あんまり絞り込んでもつまらんし、かと言って、開放ではまずピントは合わないだろうと思ったので、絞りはF4~5.6で撮った。でー結果ですけど、ピントが合っていても、フレアが生じて、モワーンとした感じの写り。上の画像は、どっかにピントが合うだろうと思って撮ったら、後ろの方の花に合った。発色は何となく昔のネガフィルム風で、ちょっと面白いと思ったけれど、総括すると、……ああそうか、という感じですな。

ロケ地:六義園。

|

« 盆 | Main | 富山に行った。まっすぐ帰った。 »

■Photo / Camera」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 盆 | Main | 富山に行った。まっすぐ帰った。 »