« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009の9件の記事

July 31, 2009

忘れられたかめら

090731captureone
RAW現像ソフト、Capture OneのVer. 4.8.2がリリースされた。

新機種への対応が遅いのが難点のひとつといわれるCapture One。しかし今回のバージョンアップでは、6月に発売されたばかりのオリンパスE-P1やソニーのα230、330などに新たに対応しているという。

…あのぅ。

まさかα230や330と同時発売されたはずの、俺のα380には未対応っすか?

リリースノートで確認したけれど書かれていない。念のために4.8.2にアップグレードし、α380で撮ったRAWファイルを見ようとしたけれど、やっぱり認識しなかった。

ぁうー。いくらユーザーが少ない(…?)機種とは言え、それはないわぁ。

メーカーにクレーム(ただし、英語だなぁ)を入れるべきかどうか、検討中。

| | Comments (0)

July 26, 2009

飛鳥山公園モノレール

0907261monorail
Tokyo [MAP] , SONY α380 with 24-135mm***

そもそも誰が建設を要望したか謎の、突如として現れた東京・王子の飛鳥山公園モノレール。路線長48m(…)。急勾配を上下するので、モノレールというよりプチ登山鉄道のような趣もある。

それにしても、あまりにも謎っぽい風体なので、いろいろ調べてみたところ、『嘉穂モノレール』というブランドものらしい。

この『嘉穂モノレール』の納入先を見ていると、中には、ちょっと好奇心をそそられる路線もあったりするのだけれど、それにしても、なんでまたこれが飛鳥山にできたのかは謎。


0907262mountaintop
Tokyo, KONICA Digital Revio KD-500Z***

モノレールの終点駅(名前はまだ無いっぽい)近くにある飛鳥山の山頂?標。標高25.4mだそうです。


| | Comments (0)

July 24, 2009

二本目

090724nihonme
ちなみに昨年オトナの樹に成長した一本目は、中国・内モンゴル自治区に植林された模様。

| | Comments (0)

July 19, 2009

森のいかめし

中学の頃、同じクラスだったF沢君という鉄道マニアが、やはり同じクラスにいた、森君、という男のことを、「おい、森!…森のいかめし!」と呼んでいた。

何ですのんそれは?と尋ねると、北海道にある「森」という駅で売られている「いかめし」が、有名な駅弁なのだそうだった。

…と云う、本当にどうでもいい言葉を数十年ぶりに思い出したのは、『青森・函館フリーきっぷ』を見ながら今日の行先を考えあぐねていたときのことである。

今日の天気予報も、雨。ついでに、風も強いらしい。

天気が良ければ青森に戻って、例によって陸奥の海を見ながらマッタリしようと企んでいたのだけど、とても好天は期待できそうになかった。

しかし函館の町歩きは、もう、お腹一杯である。そこで、何処に行こうかきっぷを眺めていたところ、乗り降りフリーエリアに「森」と書かれているのに気づいたのだ。

列車に乗って駅弁を食いに行く、というのも、雨の日にふさわしい旅の姿のような気がする。

函館から森までは、普通列車で1時間20分。

脳内で描いていたイメージと違って、森駅は、防波堤を挟んで海に面していた。考えてみれば、森(Forest)では、イカは獲れない。


090719moristn
Hokkaido [MAP] , RICOH Caplio GX100***

めぼしい観光スポットがあるわけではなく、特に大きな町というほどでもない感じだったけれど、ホームは3番線まであり、東京からの寝台特急も停まる、それなりの規模の駅だった。

駅舎内にある売店は、案の定、いかめしグッズを含む、いかめしオンパレード状態だった。ちょうど昼時で、待合室にいる旅行者の多くが、いかめしを食べており、イカ臭かった。

雨が上がっていたので、駅の外へ出た。せっかくだから、弁当でなく、新鮮なイカ料理が食べられる店がないかと思ったのだ。

しかし、その手のメシ屋の類は見つけることができなかった。

駅からしばらく歩いたところに、図書館があった。何とはなしに入ると、「昭和35年の森駅付近の地図」というのが貼られていた。それによれば、当時は、駅前に、今は存在しない大衆食堂や旅館があったようだった。その昔は、この町も、もっと栄えていたのだろう。

来た道を戻り、「いかめし」の幟が目立つ、駅前の柴田商店という店で、結局、いかめしを買う。この店は直販をやっているようで、買ったいかめしは、まだ温かかった。


090719ikameshi
Hokkaido, RICOH Caplio GX100***

できたての駅弁を評するというのは邪道のような気もするけれど、まあ旨くて当然っすね。


090719sl
Hokkaido, RICOH Caplio GX100***

観光スポットが無い割に、駅で旅行者を多く見かけたのは、どーも、函館からSL列車が来ていたためらしかった。いつも走っているかどうかは、わからん。


090719noheji
Aomori, RICOH Caplio GX100***

帰路、雲が切れてきたのを見て途中下車したくなり、東北本線の野辺地駅で降りて、夕食を食らった。

ああそれにしてもまた車窓から陸奥湾の新しいナイスなビューポイントを見つけてしまいましたわ次回は天候の安定している時期を見計らってリベンジしたいっすねぇいつになるかわかりませんが。

| | Comments (0)

July 18, 2009

函館は今日も雨

090718rainnyhakodate
Hokkaido [MAP] , RICOH Caplio GX100***

今回は『青森・函館フリーきっぷ』という、青森県北部から北海道・函館近郊までのエリアが乗り放題のきっぷを持っているので、さらに北へ足を伸ばし、函館へ向かう。

天気予報によれば、高い確率で雨らしい。

「北海道は梅雨がない」とか「台風が来ない」とか言われる割に、なぜか私は昔から函館と天気の相性が悪く、雨や嵐に遭うことが多い。

この日も、午後になって、大粒の雨がボタボタと落ち始める。


0907182fune
Hokkaido, SONY α380 with 18-55mm***

函館の町は、観光地としてソツがなくまとまっており、インドアでも、それなりに見所がある。

しかし、そんな場所というのは、往々にして一人旅をするヒトにとっては居心地が悪いこともある。

朝市で有名な函館駅近くの市場で、ある店のおばちゃんに、執拗に「何買うの?」と何度も訊かれた。

そりゃーカメラ持ってうろついている個人旅行者なんぞ、買い物をしたところで客単価も低いだろうし、商売人にとってはウザい存在だろう。

だからと言って、「え?まだ決めてないの?これ美味しいよ。トキシラズ」と、わざわざクソデカい魚を薦めるのは、単なる嫌味である。

↓独り身の男に、これを土産に買っていけというのか
0907183unknowntime
Hokkaido, SONY α380 with 18-55mm***

帰りに寄った食堂も、空いている店を選んで入ったら、店内に有名人のサイン色紙がたくさん貼られている割には、魚の、味、というか鮮度が今ひとつ(市場のすぐそばなのに…)。

この日の天気のような気分で、一日が終了。言うまでもなく、夜景など見る気にはならず。明日の天気次第では、また、行き先を考えるのに苦労しそうだ。

| | Comments (0)

July 17, 2009

Escape from Tokyo

090717morioka
Iwate, RICOH Caplio GX100***

定時速攻ダッシュで、北へ向かう新幹線に乗る。

暗くなってから東京を発って、その日のうちに電車で青森まで行けることに感心してしまう俺は、頭が古いのか。

| | Comments (0)

July 12, 2009

どんより

090712todenbya380
Tokyo, SONY α380 with 24-85mm***

梅雨どきだから当然と言えば当然なのですけれども、このところ、週末はどんよりした日が続いておりやす。気分も、どんよりしております。最近は雲も分厚くなってきておりまして、ちょっとやそっとのことじゃぁ晴れません…って、何の話をしてるんだか。


0907122monorail
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

都内・王子に、今週の17日、唐突にモノレールが開通するらしい。

路線図を見ると都電と競合しているようにも見えるのだけど(笑)


| | Comments (0)

July 05, 2009

レインボーブリッジを歩いて渡る

090705rainbowbridge
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

お台場方面某所へ、ヤボ用。

今までこの地域に行く時は、『ゆりかもめ』か、都バスを利用していた。

しかしこの日は時間に余裕があったので、以前レインボーブリッジを歩いている人を『ゆりかもめ』から見たことがあったのを思い出し、徒歩で向かってみることにする。

地図も見ずにJR浜松町駅から適当に海のほうへ歩く。2~30分ほどで、「レインボープロムナード⇒」という表示を目にする。レインボーブリッジ関係施設ではないかと思って行ったところ、そこが橋の入り口だった。

後で調べたところ、都バス「芝浦ふ頭駅入口」バス停または『ゆりかもめ』の「芝浦ふ頭」駅が、この場所に近いらしい。しかし、わざわざ『ゆりかもめ』を降りて、橋を歩いていくっつーのも、アレだが。

入り口のところには親切な注意書きがある。詳細は東京都港湾局のサイトにも載っている。通行無料。注意が必要なのは、歩行通行可能時間だろうか。4~10月は9:00~21:00、11~3月は10:00~18:00、毎月第三月曜日(祝日の場合は、その翌日)は休み、なんだそうだ。時間外で通せんぼをくらうと、この辺りは何にもないので途方に暮れること必至。

歩道の長さは1.7km。『ゆりかもめ』に乗ったときは結構距離があるように感じていたけれど、意外と短いような気が。

歩道は上の画像のような感じで、金網越しに海が見える。しかし反対側を車が大量に走っているため、空気は悪いわ騒々しいわで、快適な気分ではない。ジョギングしている人に何度か会ったけれど、失礼ながら、あんまり健康的に見えなかったっす。


0907054rainbowbridge2
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

途中で何箇所か、金網が部分的に欠けた、ビューポイント的な場所が設けられている。しかし、ベンチも自販機もなく、長居は無用的雰囲気を醸しているので、休まずに渡りきる。もっとも、その辺の規制みたいのを厳しくしないと、すぐグダグダになりそうな気がするのも、わからなくはない。橋を降りた所は、お台場海浜公園。ここで、ちょっとホッとするわけですわね。

一度くらいは話のタネにいいかなと思うけれど、二度は遠慮したいわと思ったレインボーブリッジ徒歩行でした。


0907052daiba
Tokyo [MAP] , RICOH Caplio GX100***

換算24mmを使いたかったので、α380はお休みっす。

| | Comments (0)

July 04, 2009

孤高のかめら

10s36965_3『家電批評』というムックの「【総力特集】夏のボーナスで買って間違いナシの家電リスト [2009夏版 部門別]ベストバイ&ワーストバイ 完全カタログ」で、「デジタル一眼レフ部門ワーストバイ」に、数多の機種の中から、見事に我がα380が選出されていた。ますますもって俺様専用カメラの感が強くなってきたようですぜ。ぶはは。


090704a380tes
Tokyo, SONY α380 with 24-85mm***

本日も、ためし撮り。

| | Comments (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »