« 定額給付金 | Main | ゴホンと言えばド顰蹙 »

May 05, 2009

都電の車両覚え書

マニアな話というより、最近、新しい電車が増えたため、自分用のメモにするつもりで、ちょっと調べてみた。ちなみに今の私が型名で電車を語れるのは、都電だけだ。鉄道マニアのみならず、出張が多い人なんかがよく語る、「ナントカ系新幹線が…」というような会話にも、さっぱりついていけん。


090505densya

上の画像は、7000形(左上)7500形(右上)8500形(左下)9000形(右下)っす。何がどう違うか興味のある方は、自分で調べてください。

さて。現在都電を走る電車の型式と数は、下記の通りである。

7000形(1954年製・1977年改造)…22両(全車両数の中で占める割合 52%)
7500形(1962年製・1984年改造)…11両(以下同じ 26%)
8500形(1990年製)…5両(12%)
9000形(2007年製)…2両( 5%)
8800形(2009年製)…2両( 5%)

今後は、8800形を増やして、7500形を置き換える計画らしい。

ということは、今回8800形が入ったことによって、7500形が2両減ると考えると、

7000形…22両(55%)
7500形… 9両(22%)
8500形… 5両(13%)
9000形… 2両( 5%)
8800形… 2両( 5%)

なんでこんな計算をしたかといえば、都電に乗ると、7000形や7500形といった古い電車に遭遇する確率が非常に高いような気がしてならなかったからなのだ。しかしこうして見ると、古い電車が占める割合は80%弱。5回に1度は新しい電車に当る計算になる。けれども、8500形や9000形って、乗った記憶があんまりない。古いやつの方が稼働率が高いのだろうか。


0905052rosecar
Tokyo, KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 24-135mm***

ところでバラ色の新車・8800形電車に、先日、早起きして乗ってみたけれど、普通の小さい電車という感じで、なぜかあんまり新鮮な感じがしなかった。

やっぱり乗って楽しいのは、「に゛ょ~~ん♪」という独特のモーター音をたてて走る、古い電車の方だ。今後、数が減るにつれて、いっそう人気が出そうな感じがする。

|

« 定額給付金 | Main | ゴホンと言えばド顰蹙 »

■Days」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 定額給付金 | Main | ゴホンと言えばド顰蹙 »