« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009の7件の記事

May 31, 2009

デジタルだから

デジだから、たくさん撮れば、中には当たりもあるわという感じで普段カメラを使っている方も少なからずいらっしゃると思われるが、どーもね。

ワタクシの場合、数打っておきながら、どれも力なく的をハズしておるような画像を量産しているような気がしてならないのですわ最近。

もっと一つのことに集中して取り組まないとダメだね。

…と、あたかも子供のようにオノレを自己批判。


090531tokyolocalline
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

草ボーボーの線路。どこかのうらぶれたローカル線かと見紛えてしまう光景。

都電の沿線にも、まだ新しい発見がある。


| | Comments (0)

May 23, 2009

新α体験会。

090523sonybuilding
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

先日ほんの少し語ったソニーの新しいαの体験会というのが銀座のソニービルで行なわれていたので、ちょびっと行ってきた。

以前行ったことのあるα700のお披露目会に比べると、マニア向けの機種ではないためか、意外に人は少なかった。しかし、おかげで、ソニーの方にいろいろお話をうかがうことが出来た。

動画機能はなんで付いてないのかとか、α700の後継機はどうなんだとかいう、想定の範囲内と思われる質問は、それなりにかわされた。しかし、私が個人的に小さな心の中で熱望していた、

「この辺の機種をベースに5番台のα中級機を作る予定はないっすか?」

という問いに対しては、はっきりと、

「ありません」

と断言された。

α-5xiやα Sweet D(海外ではα 5Dという名で売られていた)などのα-5番台の機種を愛用してきた私としては、ちょっと残念。7番台は「ハイアマ」向けなので、私みたいな者にとっては、若干役不足(←本来の意味で)な気後れ感を持ってしまうんですわね。

もっとも、今回発表になったα230/330/380も、決してスペック的にどうしようもなく劣っているところがあるわけではないけれど。

そして本日、実機を触ってみた感想。

・グリップが浅いので、重いレンズを付けると持ちづらいかも。でも逆に、小さいレンズは似合うと思う。
・あと、このグリップの形だと、多分きしまないだろう。
・ボディ色ではα330の茶色いのが目を引くけれど、α330/380の黒も微妙に濃淡を効かせたツートンカラーでカッコエエ。
・見た目は歴代のα-Digitalの中では個人的に一番好み(注:銀塩αは除く)。
・α330と380の違いは、画素数以外では「グリップ表面のザラザラの形状」だけなのだそうだ。それだけの違いでわざわざ二機種用意する必要があるのだろーか?
・操作系はクセがあるので、各々がよく使う機能が使いやすいかどうか買う前に調べておく必要あり。

0905232catalogueとは言え、今回、実際に買うかどうかは別ですが。しかし、私が今、現行のαのラインアップから一機種選べと言われたら、たぶん330か380にすると思う。

目新しい機能ではなくなったけれど、背面液晶が可動するライブビューは、いいわー。

| | Comments (0)

May 17, 2009

今日も雨どす…

090516rainnyday
Tokyo, KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 24-135mm***

最近は、うまいことヒマができても、そんなときに限って天気が悪い。

明るいネタがないばかりでなく、明るい写真も撮れないのだわぁ。

| | Comments (0)

こっそりフライングで語ってみる

090516newalpha

性能面のスペックはあんまり変わらないようだ。大きさや重量は、α200が130.8x98.5x71.3mm・532gであるのに対して、230は、128x97x67,5mm・450g。メモリースティック専用になるという噂があるので相当小さく出来るのかと思ったら、そうでもなさそう。しばらく見ない間にメモステも結構安くなっているので、メディアが変わることには昔ほど抵抗はない。

あと、デザイン的には結構精悍な感じがして、よい。実物を触ってみないと何ともいないけど。今度は、きしむのは、ちょっと。でも、この路線で700の後継も来たらいいな。

すんません適当に好き勝手なことを語ってしまいました。

| | Comments (0)

May 06, 2009

ゴホンと言えばド顰蹙

巷では、冬に戻ったかのようにマスクをつけている人を多く見るようになった。

ところで、日本はヨソの国に比べて特に清潔感があるとは思っていないのは私くらいだろうか。

たしかに『潔癖症』な人は少なくないんだけど、そん中に、ハタから見て、潔癖症が清潔に結びついてないような雰囲気の、っつーか、グッサリ言い換えれば『俺様清潔ルール』で生活している方々も少なからずいて、そんな方々が、場の空気をいたずらに乱しているような感じがしてならないのだ。

とは言え、そういう人に向かって、

「アナタ実は、キタナクないっすか?」

なーんてことは、決して口にはできないのですが。


090506tuktuk
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

今日、都電に乗っていて、車窓からこの車を見つけ、慌てて降りてしまった(←しかし我れながら見事に釣られていると思う)。

一見、飾り物のようにも見えたのだけど、日本のナンバープレートが付いていたので、現役で走ることができるようだ。うらやましい。


| | Comments (0)

May 05, 2009

都電の車両覚え書

マニアな話というより、最近、新しい電車が増えたため、自分用のメモにするつもりで、ちょっと調べてみた。ちなみに今の私が型名で電車を語れるのは、都電だけだ。鉄道マニアのみならず、出張が多い人なんかがよく語る、「ナントカ系新幹線が…」というような会話にも、さっぱりついていけん。


090505densya

上の画像は、7000形(左上)7500形(右上)8500形(左下)9000形(右下)っす。何がどう違うか興味のある方は、自分で調べてください。

さて。現在都電を走る電車の型式と数は、下記の通りである。

7000形(1954年製・1977年改造)…22両(全車両数の中で占める割合 52%)
7500形(1962年製・1984年改造)…11両(以下同じ 26%)
8500形(1990年製)…5両(12%)
9000形(2007年製)…2両( 5%)
8800形(2009年製)…2両( 5%)

今後は、8800形を増やして、7500形を置き換える計画らしい。

ということは、今回8800形が入ったことによって、7500形が2両減ると考えると、

7000形…22両(55%)
7500形… 9両(22%)
8500形… 5両(13%)
9000形… 2両( 5%)
8800形… 2両( 5%)

なんでこんな計算をしたかといえば、都電に乗ると、7000形や7500形といった古い電車に遭遇する確率が非常に高いような気がしてならなかったからなのだ。しかしこうして見ると、古い電車が占める割合は80%弱。5回に1度は新しい電車に当る計算になる。けれども、8500形や9000形って、乗った記憶があんまりない。古いやつの方が稼働率が高いのだろうか。


0905052rosecar
Tokyo, KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 24-135mm***

ところでバラ色の新車・8800形電車に、先日、早起きして乗ってみたけれど、普通の小さい電車という感じで、なぜかあんまり新鮮な感じがしなかった。

やっぱり乗って楽しいのは、「に゛ょ~~ん♪」という独特のモーター音をたてて走る、古い電車の方だ。今後、数が減るにつれて、いっそう人気が出そうな感じがする。

| | Comments (0)

May 01, 2009

定額給付金

090501mayday
Tokyo, KONICA Digital Revio KD-500Z***

まずは留守中に『定額給付金申請書』が入った書留を配達に来ていたらしく、不在ナントカ票を持って日曜日に郵便局へ行ったら、特設の『定額給付金申請書の書留受取コーナー』ができており、明らかにイヤイヤ休日出勤している様子の職員から書留を受け取り、申請書を書いて区役所に行けばすんなり給付金がもらえるのかと思いきや、直接現金での給付は窓口混雑が予想されるため6月以降になりますなるべく郵送で申請してください口座振込しますから但し通帳と身分証明のコピーも添付しなさいと案内に書かれており、なんで確定申告より手間がかかるんかねーと感じながらもコンビニでA4×1枚コピーを取って、申込書と共に郵送。振り込まれるのは受付後逐次、だそうだ。¥12,000を手に入れるために要する、付随業務は相当なものである。

お金の重みは、人と、時と、場合によって異なる。でも、「さもしい」とおっしゃった方の気持ちが、少し理解できたような気が。

| | Comments (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »