« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008の8件の記事

October 31, 2008

Never fading flower

ちょっと前、カメラ雑誌などでよく目にしたモデル、平山りえさんのWebサイト『Provocative SNOW WHITE』を久しぶりに見た。

ご結婚されたそうで、モデルのお仕事は引退したとのこと。でもサイトは、更新されていた。

休止→放置状態のサイトが目立つ中で、とても好感を持つことができたサイトっす。


081031unseasonable
Tokyo, KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 50mm***

最近暗い話題が多いので、たまにはおめでたいネタで。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2008

千葉へ行ってきました(続き)

0810291chiba2
Chiba, RICOH Caplio GX100***

マックスコーヒーもいいけれど、それよりも、千葉といえば、ある意味で駅弁のあるべき姿を体現している万葉軒のトンかつ弁当じゃないかしらと云う方も、世の中に5人くらいはいるのではないかと思う。

…と書いておきながら、ワタクシも実は今回、20年ぶりに食べたわけですが。昔と変わらぬ包装も、当時は違和感がなかった(嘘)。


081029299lee
Chiba [MAP] , RICOH Caplio GX100***

で、九十九里の海岸に立ったとき、ふと、『せんべい買わなきゃ経営が危うい』と言われていた銚子電鉄の、その後の様子がどうなっているか気になった。

JRを乗り継いで銚子へ。銚子電鉄の、こちらも昔と変わらぬ姿の古びた電車の中には、平日にも関わらず、カメラを持った観光客が何人もいた。あとで調べたところ、それなりに業績も改善したようだ。よかったですね。


0810293choshi
Chiba [MAP] , RICOH Caplio GX100***

出荷待ちのぬれせんべいの入った段ボール箱が、ひと気のない待合室を占領している仲ノ町駅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2008

千葉へ行ってきました

081028chiba
Chiba, RICOH Caplio GX100***

最近は都内でも普通に見かけるようになりました。

しかし、さすがに本場の人気は違う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2008

1:1モード

081019onlyryokuousai
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

いわゆる正方形のスクエアモードが搭載されたデジタルカメラというのは、この機種が、先駆け的な存在だったと思う。

ブログ向けの画像を撮ろうとする時には使いやすい。他の機種だと、撮る時にフレーミングを考えて、upする時にもう一度トリミングを考えていたから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2008

THE BIG ISSUE

ちょっと前から、この雑誌を会社の最寄り駅で定期的に売っている人を目にするようになった。

以前、この本で、すごく読みたい記事があって、売っている人を探して、仕事の帰りにいくつかの駅で、わざわざ電車を途中下車したことがあった。だがそのときは結局、見つけられなかった。

その後、偶然、というか、たまたま売っているのに出くわすことは、何度かあった。しかし立ち読みができないから、中身がどんなんだかわからないので、気になっても、なかなか買おうという気までは起こらなかった。

けど、欲しくなれば入手できる環境になったので、発行元のWebサイトで内容を確認。昨晩、初めてこの本を買った。

やっぱ最初に声をかけるときには、かすかに勇気が必要だったけれど、別に、どうということはなかった。

初めてなのに、なぜか「毎度っ」と言われた。

でー感想ですが、まず第一印象。薄いっすね。これ。35ページ。広告てんこもりの、立派なフリーペーパーが氾濫するこのご時世では、正直、ちょっと違和感があります。でも金払って手に入れるコンテンツは、やっぱ内容が濃いですわ。これ結構重要。

たぶん、また買うと思います。


081018bigissue
Tokyo, RICOH Caplio GX100***


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2008

都電レトロカレー

0810133todencurry

ネタです。

都電の車庫や都営地下鉄の主要駅で、現在、限定5,000個販売中っす。1個400円。なんでまた、荒川車庫イベントが終わったばかりのこの時期に限定販売するのかは、謎です。

『おいしい昭和の味』と箱に書いてあります。たしかに、昔の甘口ライスカレーに似ているかな。ここ数年は南アジア風のカレーばかり食っているので、今ひとつ自信がありません。でも、こーいうのも、たまにはよいですね。

もうひとつ、これの売り物は、『昭和30年代の都電記念乗車券をかたどったしおり』が1枚同梱されているところです。私が買ったものには『第14回国民体育大会記念 東京都開催 電車往復乗車券』というのが入っておりました。全部で5種類あるということなので、コレクション&コンプリートを目指すマニアの方もいるかもしれません。

私は、素直にこの1枚をシオリとして使わせていただこうかと思います。


0810132bookmarker


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2008

そしてCaplio GX100を買ってしまった

0810131gx100

で、なんでまたこれを買ったかといいますと、持て余しがちだったCaplio R5Jを割と高い値で買い取りしてくれる店を見つけたところ、下取り交換にすればもっと高く買ってくれるっていうのがそもそもの理由で…って、のっけから言い訳ですが。

っつーかですね。R5Jも、予備バッテリーなども買ってしまっていたので、何だか寂しいじゃないすかバッテリーだけ残して手元からなくなってしまうと。…そのとき、これと同じバッテリーを使うGX100が目に入ったわけです。もちろん投げ売り価格の安さが重要なポイントだったことは、言うまでもありません。

↓とりやえず近所の花とか草とか撮ってみる
0810122sonihennnoflowersbygx100
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

さて。巷では、このカメラの評判は分かれている感がありやす。価格の割(注:投げ売り以前の)に普通のコンデジと写りに大差がない、とか、逆に、これを使うようになってからデジ一眼の出番が減った、とか。

私が思うに、このカメラの最大のウリは、自分の好みに設定できる機能が異常に多いところでしょう。撮影モード、画質、露出補正量、レンズの焦点距離、ファンクションボタンの割り当て等々をデフォルト状態でどうするか、二通りのパターンを設定することができます。だもんで、自分の『撮影の型』みたいなものを持っている人にとっては、これが非常に便利なわけです。いや私も、日常もっともよく使う焦点距離35mm相当スタートでデフォルト設定できるのにはちょっと感動しましたよ。今まで使ってきた機種だと、ズーム端が35mm相当でない限り不可能だったから。

Caplio R5Jで気になっていたホワイトバランスや露出精度等については、完璧とまではいかなくても、それなりの傾向がつかめます。しかしながら、結局は1/1.8型CCDの1,000万画素機。絶対的な画質はデジ一眼とはあくまで別モノです。だけど価格(注:しつこいけど投げ売り以前の…)がデジ一眼のエントリー機クラスとあまり変わらないので、それを不満に思うか、或いは自分なりの設定でカバーできるかどうかが、評価の分かれ道になっているように感じます。たぶんカメラ任せで写しても、当然、それなりには写るけれど、おそらくコストパフォーマンスの良さは感じられないと思うわけですよ。

↓これはホワイトバランスをいじってみた例
0810123gx100sample
Tokyo, RICOH Caplio GX100***

けど、これ、私が今使っているCASIOのEX-Z200とキャラかぶるなーうーまたつまらん悩みが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2008

壊れ~かけの~

081005sotired
Aomori, CASIO EXILIM EX-Z200***

こんなとき、一度完全にぶっ壊してから再生を図るか、或いは延命策を講じつつ復活を目論むか、考えが分かれるっつーのは、やっぱり立場によるのかなぁ単に性格的な問題だけのやうな気もするのだが。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »