« オリンピック始まった | Main | APO TELE ZOOM 100-300mm »

August 11, 2008

夏なもんで暑さを求めて

こんな暑い時期だからこそ暑いところへ行きたいというのは、ある意味、自然な欲望である。

しかし相変わらずヒマはないし、この時期、観光地めいた所へ行くと混雑でドツボにはまる恐れもある。

そんなことを考えているうち、最近、冷房のない電車というのに乗ったことがないことに気づいた。

そこで東京の近くで、今でも冷房のない電車が走っている路線は残っているのか調べたところ、千葉県佐倉市の『山万ユーカリが丘線』というのがそうであるらしいことを知った。

ここは普通の電車ではなくて、新交通システムと呼ばれるモノレール風の鉄道である(以下、説明が面倒なのでwiki会社のリンクを参照)。

先日、千葉方面へのヤボ用があったついでに、この電車に乗ってきた。


↓ユーカリが丘線の始発駅、ユーカリが丘駅。なぜか男女が踊りながら電車をお迎え。
0808111welcome
Chiba [MAP] ,KONICA Revio KD-510Z***

昭和55年製造のプレートが付いた小柄な車両の天井には、一見、エアコンが付いているようにも見えるけれど、中で回っているのは、ただの送風機のようだ。窓は二段になっており、上の段が手前に開く仕掛け。だがガバッと開くわけではないので、外の空気を存分に受けるには不十分。しかしこの日は幸か不幸かあまり気温が高くなかったため、さほど暑さは感じなかった。


↓ユーカリが丘線の電車内
0808101inkoala
Chiba, KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 20-35mm***

この駅を起点に住宅地を一周するこの鉄道は、通して乗っても13分ほどのごくごく短い行程であり、旅行気分を味わうには物足りなかった。しかし沿線を歩くと住宅のほか、ショッピングセンターや古い店や田んぼなど変化に富んだ光景が見られ、それなりに面白かった。


↓シンプルな造りの『地区センター』駅。駅名はホームの壁に直接書かれていた。
0808112station
Chiba, KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 20-35mm***

つーか一周乗った後で、電車が走るところを撮ろうと線路沿いを歩くうち、これまたあっけなく一周してしまったのだ。あとで調べると、一周約3km。


↓田んぼの脇を走るモノレール風の電車。
0808102runningkoala
Chiba, KONICAMINOLTA α Sweet DIGITAL with 20-35mm***

しかしこんな電車がささやかに走る町というのは、なかなか楽しげでよいですね。


|

« オリンピック始まった | Main | APO TELE ZOOM 100-300mm »

■Journey」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏なもんで暑さを求めて:

« オリンピック始まった | Main | APO TELE ZOOM 100-300mm »