« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007の8件の記事

July 29, 2007

そうだ選挙に行こう

首相が代わって、何が原因で前任者に比べて激しく支持率が下がったのかピンと来ない私は世情に疎くなったのだろうか?

改憲改憲と言う割に、憲法のどこをどう変えるのか、はっきり聞いたことのないような気がする私は世情に疎くなったのだろうか?

年金制度が当てにならんという声を聞くが、じゃあそーいう人たちは如何にして老後の生計を立てるのか具体的に聞いたことのないような私は世情に疎くなったのだろうか?

今日、投票所には、某テレビ局の出口調査員が四人いた。そのせいかどうかわからんが、前回に比べて投票所が賑わっていたような気が。まーとにかく政治に関心を持っておく人が増えるのは、いざという時のためにも、よいことですわな。


070729hoozuki
Tokyo, Kodak EasyShare V1003***

近所の庭先に鉢植えでポツンと置かれていた、ほおずき。

漢字で書くと『鬼灯』なのは「なるほど」という感じがするけれど、英語で"winter cherry"って言うのは、何か違和感がある。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2007

荒れた天気の日には

そりゃ空模様が気になるのは当然だけど、やっぱ足元を気にしなきゃ。オノレは地に足をつけて生きているんだろ?天の声を気にしていたって、しゃーないわね。天気をどうこうできるわけじゃないし、明日の天気がどうなるかだって、わからない。

「ご自分の経験ですか…?」


070726nazo
Niigata, Casio Exilim Pro EX-P700***

…え?

ぶはははは は は (謎


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2007

B級レンズグルメ

先日買ったミノルタ24-50mm F4。小柄なズームレンズで、α-Sweet Digitalとのバランスが良い。しかもAPS-Cサイズで換算すると36-72mm相当になるため、手ごろな標準ズームとして実用になる。


070722oldalpha
Tokyo, Konicaminolta α-sweet Digital with 24-50mm***

現代風のデジタル対応レンズのように繊細な描写にはならないけれど、いい感じにB級っぽいガサツな写りをする。いかにもミノルタ的で、好感が持てる(…今さら何を)。昔、ミノルタMF機にMDロッコール35-70mm F3.5を付けて撮っていたときの感触を思い出す。あのレンズも骨太な描写だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2007

分不相応

中越沖地震が起きた時間、この場所にいた。


070716mutsu
Aomori [MAP] , Konicaminolta α-sweet Digital with 24-50mm***

かつて『原子力船むつ』が使用していた原子炉など諸々が展示されている、青森県むつ市の『むつ科学技術館』。

この類のPR施設は立派なものが多いけれど、交通不便な場所にあることが多い。理由は推して知るべし。ここも「駅から車20分」とだけ案内に書かれているところを、無理して路線バス30分+バス停から30分歩いてたどり着いた。もともと子供向けに造られた施設のようなのだが、大人の目で(…いろいろな意味で)見ても、展示物や蔵書が豊富で結構楽しめた。『子供の科学』、30年ぶりくらいに読んだわー。へへへ。

原子力は、現在のところ人類が作り出したあらゆるモノの中で、もっとも分不相応なものだと思う。それは、非常に優れた能力を持ちながら、人間の力では十分に制御することができないという点で。

今回の地震で、震源地から9kmのところに原子力発電所があったことについて、誰が、どう責められるべきなのだろうか?

地震直後、放射能漏れが発覚する前、原発が運転停止したことについて、夏の送電不足を心配する声があった。考え方が間違っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2007

最高気温18度、降水量1mm

台風が来るため大雨注意報が出ていた都内。それに対する旅先の天気予報は、こうだった。

北海道ではないのに、いくらなんでも7月に18度は、あり得ないのでは?しかも降水量1mmという微妙さは、どう解釈すればよいのやら。

そう思いつつ新幹線で北へ向かった私を待ち受けていたのは、天気予報そのまんまの光景だった。


070715kombu
Iwate [MAP] , Konica Digital Revio KD-210Z***

青い海ときれいな夕焼けを撮りたかったんすけど…


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2007

台湾画像up

5月の旅の画像を、やっと泰東寫眞舘にupしました。この辺の『台湾小旅行』をご覧ください。

ブログに慣れるとHTML作るのがダルくなるのは、あまり望ましいこととは思っておりませんけれども…しかし生活にゆとりがないって、やーね。

070708taiwanup
Jinshian (Taiwan) [MAP] , Konicaminolta α-sweet Digital with 24-85mm***

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 07, 2007

お約束

070707asagaomarket
Tokyo [MAP] , Konica Digital Revio KD-500Z***

というわけで本日も鶯谷駅で途中下車。

しっかし人大杉。朝顔以外の露天商も多く店を出していた。お祭りのノリだな。

うちの近所の植木屋が遠征して朝顔売ってるのを見つけたときは笑ったけど。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2007

山びらき

本日は富士山などの山開き。つーわけでブログ向けの小ネタをひとつ。

かつて東京近郊には『富士塚』という小山が百ヶ所以上あった。

これらは18-19世紀、『富士講』という富士山信仰の講集団が盛んだった頃、本物の富士山の代わりに気軽にお参りできる対象として、富士山を模して造られたといわれる。

富士塚は高さ数メートルのものがほとんどであるため、富士講が衰退し時が流れるにつれて、造成や工事などで無くなってしまったものもある。しかし今でも都内にも数十箇所の富士講が残っている。

今日は所用で上野に行ったついでに、国指定重要有形民俗文化財に指定されている東京・入谷の『下谷富士塚』を訪ねた。


070701mtfuji
Tokyo [MAP] , Casio Exilim Pro EX-P700***

下谷富士塚の高さは5m。画像手前に『二合目』の石が見えるのに対して、上部の、人が集まっている辺りが山頂である。一言で言えば原始的なジオラマ。しかし、この岩は本物の富士山から持ってきた火山岩なのだそうだ。信仰の対象として考えると、よく造られていると思う。

下谷富士塚が公開されるのは6月30日と、本物の富士山の山開きである今日7月1日の2日間のみ。昔はどうだったかわからないけれど、現在、こんな小柄な富士山に毎日登山者が集まると、山の形が歪んでしまいそうな気がするので、制限する気持ちも理解できないわけではない。

ところで来週、入谷は朝顔市だそうである。

またブログ向けの小ネタが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »