« 最高気温18度、降水量1mm | Main | B級レンズグルメ »

July 16, 2007

分不相応

中越沖地震が起きた時間、この場所にいた。


070716mutsu
Aomori [MAP] , Konicaminolta α-sweet Digital with 24-50mm***

かつて『原子力船むつ』が使用していた原子炉など諸々が展示されている、青森県むつ市の『むつ科学技術館』。

この類のPR施設は立派なものが多いけれど、交通不便な場所にあることが多い。理由は推して知るべし。ここも「駅から車20分」とだけ案内に書かれているところを、無理して路線バス30分+バス停から30分歩いてたどり着いた。もともと子供向けに造られた施設のようなのだが、大人の目で(…いろいろな意味で)見ても、展示物や蔵書が豊富で結構楽しめた。『子供の科学』、30年ぶりくらいに読んだわー。へへへ。

原子力は、現在のところ人類が作り出したあらゆるモノの中で、もっとも分不相応なものだと思う。それは、非常に優れた能力を持ちながら、人間の力では十分に制御することができないという点で。

今回の地震で、震源地から9kmのところに原子力発電所があったことについて、誰が、どう責められるべきなのだろうか?

地震直後、放射能漏れが発覚する前、原発が運転停止したことについて、夏の送電不足を心配する声があった。考え方が間違っている。

|

« 最高気温18度、降水量1mm | Main | B級レンズグルメ »

■Journey」カテゴリの記事

■Days」カテゴリの記事

#Japan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 分不相応:

« 最高気温18度、降水量1mm | Main | B級レンズグルメ »