« 都電荒川線の花電車 | Main | 会社もいろいろ »

June 04, 2007

テレサ・テンは何故チェンマイに行ったのか

先週、テレビでテレサ・テン物語を見ていて、思い出したことがある。

彼女は1995年、タイのチェンマイにあるホテルで急死した。

タイを訪れる海外有名人は多い。しかし滞在先はバンコクや、中・南部のビーチがほとんどだ。

では、彼女はなぜタイ北部にあるチェンマイに行ったのだろうか?

チェンマイ近くの山岳地帯には、少数民族の集落が点在している。これら少数民族の多くは中国・貴州省や雲南省からミャンマー・ラオスを経由し、時をかけて流れ着いたと言われる。

しかしこの地域に住む少数民族の中に、近代以降移住してきた人たちがいる。中国人である。

中国人を少数民族のカテゴリーに入れるのは一見無茶なような気もする。しかしこの地域に住む中国人とは、1946~8年の国共内戦時に共産党軍に追われて雲南省からミャンマー経由で敗走してきた旧・国民党軍の人達なのだ。

2001年にこの近辺を旅したとき、『山地村』と漢字で書かれた門のある、このような中国人集落のひとつを訪れたことがある。その集落にはよろず屋や床屋などが当たり前のように存在し、通りには『承徳路』『介寿路』と言った漢字の名前が付けられていた(…こーいった道路名を付けることまでタイ政府は認めているのだろうか?)。不思議な感じではあったが、興味深い空間だった。

テレサ・テンは生前、天安門事件の際に香港で行われた抗議デモに参加したり、軍隊への慰問活動に積極的だったり(彼女が軍服を着て走っている姿は、今でも彼女を紹介するテレビなどでよく見る)するなど、歌手以外に、いわゆる活動家的な側面を持っていたことも事実である。

彼女はチェンマイで、これらの中国人と何らかのコンタクトをとっていたのだろうか。今となっては全てが謎というか、ほじくりかえすこと自体が野暮という気もするけれども、彼女の話題が出るたびに私の脳裏には、あの、中国人の不思議なコミュニティの記憶が蘇る。

070604pai
Pai (Thailand) [MAP] , Minolta α-9xi with 24-85mm***

地図はおおよその位置です。詳しい場所は忘れてしまった…でも再び行けば思い出せるような気も。


|

« 都電荒川線の花電車 | Main | 会社もいろいろ »

#Taiwan」カテゴリの記事

#Thailand」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テレサ・テンは何故チェンマイに行ったのか:

« 都電荒川線の花電車 | Main | 会社もいろいろ »