« ノロといえば圭介 | Main | メコンに架かる橋 »

December 18, 2006

ブータン国王退位

ということを昨年の今ごろ書いた。

そのときは2008年に退位とされていたので、先日この話を聞いたときには そりゃまだ2年先のことだろと思ったのだが、いきなりの前倒しである(CNN Asiaの記事〔英語〕)。

民主化の目処をある程度立ててから退くのが筋だと思うのだけれど、何か退位を急がなければならない事情があるのだろうか。

これが他の国ならば週刊誌や夕刊紙の格好のネタになるところだが、そこは週刊誌も夕刊紙もないブータンのこと、公には、真相は闇の中。もっとも娯楽に乏しいブータンでは、人は、噂話が大好きなので、首都ティンプーあたりでは(たぶん誰もが思いつくような)様々な憶測が飛び交っているのだろう。

061218thimphu
Thimphu (Bhutan), Minolta α-9xi with 24-85mm***


|

« ノロといえば圭介 | Main | メコンに架かる橋 »

#Bhutan」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ノロといえば圭介 | Main | メコンに架かる橋 »