« 三の酉 | Main | ポラロイドのデジタルカメラ 2 »

December 02, 2006

ポラロイドのデジタルカメラ 1

『本気撮り』カメラとは別に、お遊び用のカメラを使いたくなることがある。

一昔前にはトイカメラというジャンルがあって(今もあるか)、ロシア製のロモやホルガなんかが有名だった。今でもロモをしつこくヨイショしている雑誌はあるが。

私も、オモチャというのとはちょっと違うけれど、息抜き用カメラとしてリコーのFF-9SD Limited(スケルトンコンパクト)やミノルタA-2(これは丸っこい形をしたクラシックRFカメラ)を持っている。

しかし、こーいうのは写真撮る割にはカット消費量が少ない(…わかるだろうか?)私には使いづらかった。フィルム1本使い切るのに時間がかかるのだ。んなもんで、性能を追求するわけでもない(むしろ多少変態っぽい写りの方が好ましい)この手のカメラはデジタル向けではないかと思っていた。

このようなデジタルカメラとしては、ちょっと前、トミーの『TDG-501』がロモっぽい描写をするというので話題になっていた。しかし、これはトイカメラにしては値段が高かったし、写りもちょっとクセが強すぎるように感じた。

んな中、先日ネットを徘徊中、ポラロイド社のデジタルカメラというのを見つけた。『izone300』なるカメラの作例集で、ひと昔前の銀塩コンパクトカメラっぽい感じの写りだった。んーこれはよいかも、と思い調べてみる。スタイルもよいしPolaroidのロゴも格好いいけれど、300万画素、というのがちょっと今買うにしてはスペック低いように思われた。しかしさらに調べると、500万画素の『izone550』っつーのもあるようだった。だが、こっちは日本ポラロイドの公式サイトには載っていない。カメラ店でも販売されている様子がない。けれどもイオンショップで売られているほか、ネットオークションでも怪しげなショップからいくつか出品されている。

そこで怪しげなオークションに入札。不可解に値段が釣り上がりつつも、送料込み約8,000円でめでたく落札できた。イオンショップでは\16,800だし、ほかのオークションでは7,000~10,000円前後で落札されているケースが多いようなので、まあまあ運がよかったかもしれない。本音は、この類のカメラに10,000円以上は出したくなかったのだけど…つーか、仕入原価いくらだよ。

で、現物が本日無事に到着した。

日本語版のマニュアルはごく簡単なものしかなかった。そこで充電している間にCD-ROMに入っている英語版PDFマニュアルでスペックを確認した。何しろメーカーサイトに載ってないので、詳細が不明だったのだ。

■画素数・撮像素子 5.2Mピクセル 1/1.8インチCMOS
■レンズ 8.54mm F3.0(35mm換算で約40mm)
■シャッター速度 1/500~1/8秒
■撮影感度 わからん
■記録メディア SDカード(+内蔵メモリ16MB)
■記録フォーマット JPEG
■動画 AVI 640x480
■バッテリー 内蔵(…ぅゎぁ)
■撮影距離 1m~無限遠
(ただしFocus zones: Centreともわざわざ書かれていることから、固定焦点ではないのかもしれない)
■ホワイトバランス オート、太陽光、曇天、電球、蛍光灯
■内蔵フラッシュ 連動範囲 1~1.5m オート、強制発光、発光禁止
■露出補正 -2EV~+2EV(1/2EV単位)
■サイズ W70mm×H72mm×D22mm 85g

初撮りは明日だな。

061202polaroiddigital
このカメラ、MP3プレーヤーにもなるそうだ。たぶん使わないとは思うが。

|

« 三の酉 | Main | ポラロイドのデジタルカメラ 2 »

■Photo / Camera」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三の酉 | Main | ポラロイドのデジタルカメラ 2 »