« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006の12件の記事

November 28, 2006

三の酉

061128torinoichi
Tokyo, Casio Exilim Pro EX-P700***

今年も終わりっすねぇあぁ今年はいったい何をやったのだろうなんだか無駄に年食っただけぢゃねぇのかなぁ来年こそはなんとかしなくてはいかんのじゃぁと思いつつ本日の夕食は屋台の焼きそばなり。

| | Comments (0)

November 26, 2006

早起き

この季節、天気のいい日の朝夕は、いい感じに写真向きの、角度の低い光になる。

そんな日は、早起きして外出すると思いがけず美しい光景に遭えるかもしれない。早起きが辛い季節ではあるけれど、それはそれ、代わりに昼に寝ればよい。

061126maidenhair
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***

| | Comments (0)

November 25, 2006

本日のランチ・MOJA MOJA

以前このブログで紹介した東京・大塚のアジア多国籍料理店「MOJA MOJA」

今日、店の前を通ると…

061125moja1

誰が面白いメニューを書けと(略

ツボを突かれて思わず店に入った俺。世間一般の日本人にどれくらいこのセンスが通じるかは疑問だが。

冷ややっことチキンカレーが出てくるのだろうか。つーか、その組み合わせってどうなのよ?好奇心にかられて注文。

しかしライスとカレーしか出てこない。

豆腐は?なにげにカレーに目をやる。

061125moja2
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***

よーく見ると、インドスタイルの干キソ、いやチキンカレーの中に、豆腐が浮いているではないか。

インドでは豆カレーがポピュラーだから、俺の知らないところで密かに豆腐カレーというのが存在していても不思議ではない。食ってみると、なんだか豆腐もカレーに馴染んでいるような気がするし。

念のため、パンジャビドレスを着た、南アジア系の女性店員に聞いてみる。

「インドにはトウフないです。これはインドのカレーと…ニホンのトウフをMixしました!…ダイジョウブでしたか?」

誰が面白いことを言えと(略

| | Comments (2) | TrackBack (1)

November 23, 2006

狂犬病

フィリピンで日本人が犬に噛まれ、帰国後に狂犬病を発症するという事件が相次いで起きた。

狂犬病は、発症してしまうと致死率がほぼ100%といわれる。侮れない病気である。

日本で発症したがゆえにニュースになったけれど、狂犬病は多くのアジアの国々では特に珍しい病気ではない。私がブータンに行ったときも、出発前・入国後併せて3回予防注射を打った。ブータン人でも狂犬病を意味する「Rabies」という英単語を知っている人は多かった。ちなみに「Mad Dog Disease」でも結構通じた。はは。

アジア諸国へ行った人はご存知かと思うが、多くの国では、犬は放し飼いになっている。つながれているのは、本当にヤバいのだけである。こうした犬は日中は惰眠をむさぼり大人しくしているものが多いけれども、夜になると攻撃力が平均35%くらいupし、群れをなして凶暴化するケースがしばしばみられる。こんな環境で生きているのだから、伝染病なんぞが流行った暁には、あっという間に広まるわけである。

私の場合、近所の犬には、時々豚をさばいたあとで出る肉くずをくれてやる等して友好関係を築いていたため、ほとんどトラブルはなかったけれども、なじみのない町で朝晩などに犬の群れに襲われたことが数回あった。そのときはたまたま通りかかったブータン人に助けられたものの、それ以来、夜道を歩くときは常に石を数個握りしめるよう心がけるようになった。

しかし実際、当時ブータンにいた協力隊員の1~2割は、犬に噛まれた経験があったように思う。んで、噛まれた時は、さらに3回、ワクチン注射を受けなければならなかったのだ(当日、3日後、1週間後くらいだったような)。今思えば、ヘビに噛まれるよりはるかに大ごとだったような気が。もっとも発症したときのことを考えると、仕方がないのだけれど。

んなわけで、アジアの犬をなめてはいけないのだ。

061123bhutanesedog
Kyichu Lhakhang (Bhutan), Minolta α-807si with 24-85mm***

…ところで徳島のガケ犬って、なんであんなに大騒ぎになるかね(地元だけならともかく)。


| | Comments (0)

November 19, 2006

雨降って

…マラソン中継をやってれば外出も億劫になりますわな。

銚子電鉄のことを書いていて、年内にもう一度くらい、日帰りでサクッとどっかへ行きたくなってきた。

テレビ東京の旅番組のようなやつ。微妙どころの芸能人がレポーターで、どっかの寒村を走っている電車に乗って、適当な駅で降りたら温泉と食堂がありました、みたいなの。

つーかテレビ東京の旅番組って、実はほとんど見たことないけど。

061119iwannagosomewhere
Tokyo, Casio Exilim Pro EX-P700***


| | Comments (0)

November 17, 2006

せんべい買わなきゃ電車が止まる

千葉県に、銚子電鉄という電車が走っている。

JRの銚子駅から犬吠埼の方へ向かう全線5~6kmくらいの短い路線で、何度か乗ったことがある。小さな一両編成の古びた電車で、都電に近い雰囲気もあって、個人的にはこの手の電車は割と好きだ。

しかし、この銚子電鉄が経営難らしい。それもかなり切迫した様子なのだ。

最近この会社のサイトに、

「緊急報告『電車運行維持のためにぬれ煎餅を買ってください!!』」

という記事が書かれ、話題になっている。

資金難のため車両の法定検査ができず、このままでは年を越せなくなるというのだ。

んで、なぜそこで「ぬれ煎餅」かというと、この会社は短い鉄道路線だけでは経営が苦しいため、副業で、ぬれ煎餅を沿線土産として売っているからなのである。

煎餅を何枚買えば車検(ていうのかねやっぱり)を受けられるかよくわからんが、少しでも力になってあげられたらとも思うけれど、いざ行ってみたらカメラ持った鉄オタが溢れているような気がするし、それを想像すると何となく躊躇してしまうので、ここはひとつ勝手ながら鉄オタのパワーに期待しようかと思う次第。

061117choshidentetsu
Chiba, Olympus CAMEDIA C-8080 Wide Zoom***

2年前、オリンパスC-8080を購入し、試し撮りで銚子に行ったときに撮った銚子電鉄の電車。


| | Comments (0)

November 16, 2006

頭脳流出

とあるIT系企業の方から聞いた話。

最近、日本の大手メーカーを早期退職した技術者の中で、韓国の企業に再就職する人が結構いるとのこと。早い話が、給料がいいらしい。

もっとも人遣いも荒いようなのだが。しかし今や人遣いが荒いのは日本も変わらないので、それならば韓国でチャチャッと稼ぎ、金が溜まったところで割り切ってリタイアした方がよいのだそうだ。

急速に増える高品質商品のニーズに応えようとする韓国企業と、早期退職の肩たたきに苦しむ日本の技術者の思惑が一致した形になっている。

一方で日本企業の経営陣は、リストラによって収益改善が数字上つくろわれ、とりあえず笑顔なわけだが、さて会社の将来は。

綻びが現れる頃には、今の経営者たちはもういないだろう。…そしてうまくいけば私も。

061116tokorea
Tokyo, Casio Exilim Pro EX-P700***

※画像は再就職先とは関係ありません。


| | Comments (0)

November 11, 2006

風をよむ

東風→こち、やませ
南風→はえ、まぜ
西風→ならい
北風→ならい

風の読み方は、いろいろある。

『ならい』を辞書で引くと「冬の寒い風」とも書かれていることから、方向よりも性質が重要なものかと思われる。

関東地方の一部では北東風のことを『やませ』と呼ぶところもあるらしい。『やませ』の語源が『山背』だと考えれば、その方向に山があるからそう言うだけのことであって、これも厳密に追及するのは無粋というものだろう。

実は今日会った人が、このような読み方の名前だったので、つい気になって調べてしまいました。

もっとも最初に電話で「『××かぜ』さんですか?」と聞いてしまった私が一番無粋ですゎね。反省。

061111waving
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***


| | Comments (0)

November 06, 2006

既に有名なのかこれは?

『デジタルカメラサーチ 日立、東芝、三菱』

『デジタルカメラについて』も奥が深い。

061106unknowndigitalcamera
Konicaminolta α-sweet Digital with 35mm***

やはりここはRAWで撮るべきか。

| | Comments (0)

November 05, 2006

んー

結局今日、ちょびっとだけ出勤。

たまった決裁文書に1時間メクラ判押しまくって帰りましたが。

しかし出勤すると天気がよいのね。くそ。

061105templeonameyoko
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***

会社帰りに御徒町駅で下車。いつも電車の中から見て気になっていた、アメ横の中にある寺に行ってみる。場所はこの辺り

喧騒の中の静寂空間っつー感じでした。

| | Comments (0)

November 03, 2006

アジア多国籍連合料理店

以前このブログで紹介した「SABA大塚北口店」は、店をたたみ、南口側にあるもう一つの店舗に統合された。んで、その後はいよいよ風俗店になるのかと思ったら、「アジア・インド料理 MOJA MOJA」という店になっていた。

名物メニューが「ナンカレーピザ」と書いてあるところなどインド原理主義者の怒りを買いそうな内容ではあるが、好奇心からランチに入ってみた。

ランチメニューは、まず「6種類のカレー」。しかしその選択肢がまた、グリーンカレーなどのタイカレーと、豆カレーやキーマカレーなどのインドカレーが一緒になっている。ここは一つ、グリーンカレーをナンで食ってみようかと思ったが、カレーの下に「ガパオ」と書かれているのを発見し、何となくそれを注文。ガパオとは、「ひき肉のバジル炒めぶっかけご飯」である。タイの屋台なんかで、よく見かける料理。おそらくインドの料理ではない…と思う。

で、あんまり期待しないで食べてみたのだが。

…うまいんだわぁこれが。なんで最初っからタイ料理店にしないのかと、突っ込みを入れたくなるくらい。

しかしどうもこの店、いろんな国の料理人が集っているらしい。ディナーメニューには「バングラ風ライスコロッケ」や「生マグロの生春巻」なんていうのもあるし。

実は最近、うちの近所にもこの手の「アジア多国籍連合料理店」みたいのができている。流行りなのだろうか。

考えてみれば、人をアジア系飯屋に誘っても「タイ料理の、あの匂いがダメ」とか「カレー系は得意ではないのでインド料理店は出来ればご遠慮戴きたく」などと嫌がられることが、結構ある。そんなとき、「それでもアジアの飯が食いたいんだよぉぉぉ」と思う私のような人にとっては、ここのように選択肢が豊富にある店が身近にあると、非常にありがたく感じる。

なお、この店には日替わりランチもあったので、次回はこれを食べてみようと思う。

ちなみに、この日の日替わりランチは「カキフライ定食」だった(…え?)。

061103aseancity
Tokyo, Konica Digital Revio KD-500Z***

香港の一つ隣にタイがある、大塚の街。


| | Comments (0)

November 01, 2006

Phenomenon

世の中、おもしろい人が減って、おかしい人が増えてきたという現象は、

なんかね、

ウチらの世代(含む俺)にも責任の一端があるような気がする。

061101phainomenon
Tokyo, Konica Digital Revio KD-500Z***

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »