« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006の9件の記事

October 29, 2006

さて…

来週は、どーにか暦どおりに休めそうな感じですが…

天気がよければいいんだけど、最近は遠出の計画を立てると雨アラシばっかりなもんで、どーしたもんかと。

しかし休出が多いと、心のON/OFF機能がうまく働かなくなっていくような気が。よろしくありませんですわね。

061029halloween
Tokyo, Konicaminolta α-sweet Digital with 35mm***

電車が通過する瞬間、背後から、ハロウィン帽を被った子供を抱いた女性が「♪でーんしゃが来ったよ~ん」と語りかけながら画面左側を歩いていった。

この場合、もう少しカメラを下に振った方が構図的にはbetterだったのだが。とっさに反応できなかったのが、ちと悔しい。

| | Comments (0)

October 28, 2006

見通しの暗い時

…「そういうときこそ前向きに」って言うけど、

まず足元が不安なわけだから、下を向くのは当然のことではないのかね。

061028millan
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***

なーんてことを口に出して言ったりすると
「こんな減らず口叩く余裕があるっつーことは、まだ余力ありそうだな」
と思われてしまうのだろうねー。

あーいかん。いや別に口に出してはいないけどさ(謎)。

| | Comments (0)

October 22, 2006

しわしわしわ…

061022hechima
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***

ネタがないので、本日の一枚は、近所に咲いてたヘチマの花。

フレア出てしまいましたが。

ヘチマって夏のものと思っていましたが、いつまで咲いてるんでしょ…

| | Comments (0)

October 21, 2006

日本シリーズ

毎年、日本シリーズが始まるころになると、肌寒くなるような気がする。

昔は屋根なし球場で試合をするのが当たり前だったから、テレビを見ながら外の寒さも感じたものだった。

そーいえば昔は、日本シリーズはデーゲームだった。小学校や中学校のときには、学校にラジオを持ち込んでこっそり中継を聞いたり、用務員室に途中経過を聞きにいったりする妙に熱い奴がクラスにいた。

今の子は、どうなんだろう。

もっとも現在は、携帯を持っていれば大して苦労せずにリアルタイムで情報が手に入る時代になってしまったのだけど。

しかし自分の贔屓のチームが出ていなければ、正直なところ日本シリーズって、どうでもよかったりするものだが。

061021indifference
Tokyo, Konica Digital Revio KD-500Z***

んなわけで、生涯一度しか日本シリーズを真剣に見たことのないワタクシでしたとさ。


| | Comments (0)

October 17, 2006

カシオペア復活?

061017exs770

『カシオペア』っつーのは、その昔カシオで売っていたPDAのことですが、これはデジタルカメラ。

このEXLIM CARD EX-S770のウリは『データキャリング機能』である。

これは、あらかじめPC等で作ったJPEGファイルをメモリに落として、カメラの背面液晶で表示させるというもの。

このカメラの背面液晶は2.8型とデカい。というわけで、これ買うと、簡単にいろんなファイルをJPEGにできるJPEG作成ソフトも付いてくるのですね。で、これを使えば、たとえばWeb上の時刻表データをJPEG変換して、旅先でこのカメラの大きい液晶で閲覧する、なんていう使い方ができるわけです。まあ便利だこと。

…って、「それってもともとPDAの機能じゃん」と感じたのは私だけではないはず。せっかくだから、住所録やスケジューラも入れてくれてくれればいいのに。

ここで一つ、Cassiopea with EXILMみたいの作ってくれたらなー。最強のお散歩デジカメになるのだけど。

| | Comments (0)

October 15, 2006

やはり日頃の行ないか

061015fineafternoon
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***

遠出しない週末は天気がよいのに。そりゃやっぱり日頃の行ないでしょと言われりゃー思い当たるフシはいくつでもありますが。

しかしこれからしばらくは週休一日が続きそうだし、景色も枯れてくるし、先週使い残したフィルムの消化に時間がかかりそうな悪い予感が。

| | Comments (0)

October 13, 2006

フライパンでバタで炒める

食通で知られた英文学者・作家の吉田健一氏お勧めのマツタケの料理法は、土瓶蒸しなどの和風の調理ではなくて、これなんだそうである。

対北朝鮮の禁輸で今の時期、影響がありそうなのが、マツタケ。割安な北朝鮮産のマツタケが入手困難になることにより、マツタケ相場に影響が生じるのだろうか。

かつて私が住んでいたブータンの村から車で30分くらい山を登ったところにあるヤブでも、マツタケが取れた。それは、日本語で書かれた段ボール箱に詰められて航空便で輸出されていた。しかしブータン産マツタケのピークはなぜか7~8月頃だったので、輸入マツタケの主流にはなれないようだった。だって、真夏のマツタケって、ねえ。

高価で、味そのものは日本人以外には評価の低いマツタケは、ブータン人の間でも人気薄だったけれども、「Matsutakeだよ~ん(現地語では「サンゲ・シャモ」と言うが、これでも通じた)」と金持ちの知人から何度かマツタケをいただいたことがあった。

けれども醤油なしで二年間生活していた私がマツタケを調理する術は、限られていた。それが、「フライパンでバタで炒める」であった。

061013sangeshamo
Bondey (Bhutan), Olympus CAMEDIA D-400 ZOOM

ちなみに現地酒でもって酒蒸しも作ってみたが、一口食って、マツタケに申し訳なくて泣いた。

しかしこんな贅沢にマツタケ食えたのは、これっきりである。


| | Comments (0)

October 08, 2006

今日の日本海

しっかしこんな日にわざわざこんな場所を旅しているということは、もはや「日ごろの行いが悪いんだよ~んぷにっ( ´∀`)σ)Д`)」とかいうようなそういう微笑ましい問題ではないような気がするのだよ。

061008hetasitarashinude
Niigata, Casio Exilim Pro EX-P700***

| | Comments (2)

October 01, 2006

今日のホープ軒

061001maybestillliving
Tokyo, Konica Revio KD-510Z***

相変わらず張り紙等がないので詳細は不明だけれども、看板を残してバラしているということは閉店ではなく改装なのだろうと思われる。日曜日の今日も工事をしているのは、短期完成を目指しているためだろうか。

実は、本日は午後から雨が降ってきたため、あまり写真が撮れなかった。お粗末でした。ペコリ(AA略

| | Comments (4)

« September 2006 | Main | November 2006 »