« 会津若松 | Main | 銭湯強化月間 »

June 18, 2006

カシオEX-P700インプレ…

正式名称は「CASIO EXILIM PRO EX-P700」というのですね。

あら恥ずかしい。あたしゃプロじゃございませんですわ。

今さら絶版機のインプレではありますが、私の持っているカメラの中では最新機種でございます。

さてこのカメラ。一月近く使ってみて、長所と短所が際立っている機種だと感じました。

よいところ。
○無難な画作り。妙なクセがない。AEも割とよく当たる。
○カスタマイズ次第で相当凝った機能が使える。
○広角(33mm相当~)気味のズーム。私の持っているデジカメの中ではα-Sweet Dに20mmレンズを付けたときに次いで広角で撮れる機種である。
○見やすい光学ファインダー。おそらくコンデジの中では最強の部類。液晶が見づらいところでは非常に重宝する。

悪いところ。
×微妙にポケットに入らないデカさ。
×起動・終了がトロい。

以上の点を総合すると、「スナップに使うには大きさ・スピードなどでやや不満があるけれども、一眼のサブや、ちょっとした小旅行のお供には最適かも」と、頭の中で用途が導き出されるわけですが、まさにそんな感じです。

実際には現在ほとんどの店頭では、この後継機種が並んでいるわけですが、これらは残念ながらEX-P700の長所が失せてしまっておるのですね(レンズの広角域が狭かったり、光学ファインダーが無くなっていたり等)。逆に勝っているのは画素数の多さとスタイリッシュさだったりするわけで。

まぁ結論としては、これまでと同様、「俺の気に入った機種は、売れない」ということですな。

060618exp700
Tokyo, Casio Exilim EX-P700***


|

« 会津若松 | Main | 銭湯強化月間 »

■Photo / Camera」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 会津若松 | Main | 銭湯強化月間 »