« 瞬間の記憶 | Main | キヤノン、銀塩カメラ開発凍結 »

May 26, 2006

今さらRAW撮り初体験

もともとデジタルは利便性が売りだと思っていたので、ワタクシは現像に手間がかかると言われるRAWには消極的だったのですけれども、ふと今日、思いつきで試してみた。下の画像の上がJPEG「撮って出し」画像で、下がRAWを現像したもの。現像はフリーソフトの『RawShooter Essentials2006』を使用。

060526rawtest_2
Tokyo, Konicaminolta α-sweet Digital with 85mm***

ぉおおおお結構違うもんじゃないですかぁ…もぉ。大きいサイズで見ると差はもっと顕著なんですが。それにしても、惚れ直したわ。この描写。

たしかにRAWはオノレで画像処理しなきゃいかんから手間ひまがかかることは事実ではありますが、私は元来それほど数多くのカットを撮る方ではないし、今日加工処理してみて、そんなに苦になるほどのものでもないことを実感した。これからはα-Sweet DはRAW中心で使っていこうかと思った次第(実のところは、この機種のJPEG描写が今ひとつ気に入らなかったのが今回RAW撮りにトライした一番大きな理由だったのだけど)。

|

« 瞬間の記憶 | Main | キヤノン、銀塩カメラ開発凍結 »

■Photo / Camera」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 瞬間の記憶 | Main | キヤノン、銀塩カメラ開発凍結 »