« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006の9件の記事

February 28, 2006

日本で日本人を旅券不携帯で逮捕

日本人女性を旅券不携帯で逮捕…誤認逮捕相次ぐ埼玉県警

このニュースを最初に知ったときには
「俺もパスポートを持ち歩いてないと逮捕されるかもしれんなー」
と冗談っぽく思っていた程度だったんだけど、突っ込んでみると何だかよくわからない事件なのですね。

1.女性がアジア系の外国人に見えた
→は、とにかくとして(…しかし見かけで逮捕されるというのは決して許されることではないが)

2.ポルトガル語が書かれた封筒を持っていた
→アジアでポルトガル語圏の国・地域というのは決して多くないのだけど。南米のアジア系移民まで憶測を膨らませたのだろうか。

3.女性は当初「日本人です」と答えたが、さらに質問すると何も話さなくなった…家族によると、女性は初対面の人と話すのが苦手だという
→それはそれでこの女性にも問題があると思うのだが、そういう性格ならば

4.女性の母親(58)は当初、写真を見せても「知らない」と話していたが、その後「自分の子供だ」と証言した
→なんで親は否定するかね?

…途上国の人は人間的にも遅れていると思っている人もいるかもしれないけれど、ヤバい輩は日本人の方がはるかに多い。


↓アジアのポルトガル語圏といえばメジャーどころではここくらいかな、ということで
060228macao
Macao (China), Minolta α-9xi with 20mm***

| | Comments (0)

February 25, 2006

中古カメラ市

銀座・松屋デパートで今やってます。

このデジタル全盛時代にねぇ…っていう感じで、斜に構えて行ってきたんですけど、結構盛況だったっすね。売ってるのは相変わらずライカ中心でしたが。

やっぱり銀塩カメラは、弄んでて楽しいんだろうなぁと思います。デジタルカメラは同じ価格帯の銀塩カメラに比べても、なぜか質感が劣るんですよね。製品寿命が短いのでメーカーが意識的にそうしているのかもしれないですけど。先日もニコンD200を触って、そう思いました。よくできているけど、F6には遠く及ばないなーと。まぁ今までニコンのカメラ買ったことのない奴が数十秒触っただけでの感想ですから、別に哂い飛ばしてもらっても結構ですが。

しかし古いレンズをウンチクたれながら楽しそうにいじってる爺さんを見ていると、男は一生メカものが好きなのだなぁと微笑ましく思ってしまいますね。何だかんだ理屈つける割には写真ヘタな人が多いんだけどね。でも、いいじゃないすか…ねぇ。

俺が年とったときにも、こーいうカメラが残っていればいいなぁ。

060225cameramarket
Tokyo, Konica KD-510Z***

| | Comments (2)

February 24, 2006

金メダルおめ

にわか評論家を気取るほどの知識も何もないんですけど、フィギュアって、やるたびに順位が大きく変わるんだろーなぁとテレビを見てて感じた。ある程度のレベルに達したら、あとは運に左右されるような。

しかし彼女、なんか欲の無さげな感じが、見ていて気持ちよかった。

060224sunshinecity
Tokyo, Konica KD-500Z***
(この中にプリンスホテルが入ってるんで…正直、苦しいこじつけです)

| | Comments (0)

February 19, 2006

蝋梅-ろうばい-

ほんとは満開時にはもっとピシッとした形をしているようなのだが、いかにも『蝋の如き梅』という感じだったので載せてみる。

春遠からじ。

060219japaneseallspice
Tochigi, Konica KD-500Z***

| | Comments (0)

February 18, 2006

一人旅向けの旅先

有名観光地っつーのは、往々にして一人で行くと周囲から浮きまくることがあるものだけれど、逆に集団で行きづらいような旅先もある。

今日行った栃木市なんかも、そう。

地味なんだけどしっとりした風情がある。

しかし他人と行ったら「…退屈だな。この辺、何か面白いところないの?」と言われそうな感じのする土地であるのだな。インパクトに欠けると言うか。

だが、一人でてれてれ歩くには心地よい場所だ。も少し暖かくなったら、また行くかも。

060218tochigi
Tochigi, Konicaminolta α-sweet Digital with 24-85mm***

| | Comments (0)

February 15, 2006

尊敬されない年寄り

若者が未熟なのは必然だが、未熟な年寄りは絶望的だ。若者はこのような年寄りを見ても将来に絶望せず格好の反面教師とすべし。

言うまでもなく、古くより年長者は尊敬されてきたし、本来そうあるべきなのだが。

しかし美しく老いる人に逢うと、年をとるのも悪くないと思ったり。

060215oldiesbut
Paro (Bhutan), Minolta α-807si with 24-85mm***

| | Comments (0)

February 12, 2006

マイナーチェンジ

何となくここのところずっとスクエアサイズの画像を載せていたのだけど、今回、ちょびっと変えてみた。あんまり深い理由はないけど。

あと、2月の記事から使用カメラを明記するようにしました。「どんなカメラで撮ってるの?」と聞かれることがしばしばあるので。

もっとも、写真を見て「いいカメラ使ってんでしょ~?」ってほめられても、あんまりいい気持ちはしないもんなんですけどね。なぜ素直に俺の腕を認めないのかと。ははは。

060212torino
Tokyo, Konica KD-510Z***


| | Comments (0)

February 05, 2006

では青空の写真を

060205sunshine
墓ですが。

池袋・雑司が谷の墓地から見るサンシャイン60。寒空の中にそびえ立つ、巨大な墓標のようだ。

Suggestionだな。

***************
Tokyo, Konica KD-510Z

| | Comments (0)

February 04, 2006

立春

060204shoptsukudani

今日の空はきれいでしたねー。上を向いて歩いた一日でした。東京にもこんな青空があったのかと。

写真と全然合ってませんが。

***************
Tokyo, Konica KD-500Z

| | Comments (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »