« タイの写真upしました | Main | 早くも叩き売りか »

January 19, 2006

コニカミノルタ、カメラ事業から撤退。

060119minoltakonica
コニカミノルタ、カメラ・フォト事業終了(プレスリリース)。

『泰東寫眞舘』に載っている写真のほぼ100%をコニカまたはミノルタのカメラで撮ってきた私としては、やっぱ何か一言感想述べないといかんね。

しかし実際、最近のコニカミノルタの「カメラ会社としてのやる気のなさ」みたいのは薄々感じていたから、この日が来るのは、ある程度予想できていた。時期的なもんは別として。ただ、銀塩のアフターまでソニーに移管するとは思っていなかったけど。

もともと、合併する前からコニカもミノルタもアフターケアが非常に良い会社で、写真手前のミノルタA-2(デジの方じゃないっすよ念のため…って見りゃわかるか)なんていう50年前のカメラも、SSに持っていったら分解清掃を快くやってくれた。ソニー移管後、そこまでやってくれるのかな。それが一番気がかりだ。

製品についてはねぇ…たまたま気に入った機種がコニカやミノルタだった、という感じだった。私の場合。詳細は『泰東寫眞舘』の撮影機材ページに書いてあるけど。メーカーに対する思い入れみたいなものは意外になかったりする。コニカでもミノルタでも「何これ?イラネ」的機種も多かったし。

まーそれはともかくとして今後はどうしましょうかと言うと、デジ一眼についてはAマウントをソニーが継承して製品作ってくれるからレンズは当面そのまま持っておくとして、銀塩は…HEXAR RFみたいなカメラのメンテをソニーがほんとに面倒見てくれるのだろうか。でもなー。気に入ってるからなぁ。これを機にライカに変えようとも思わないし。

製品に対する思い入れは深いからね。それが、つらい。

|

« タイの写真upしました | Main | 早くも叩き売りか »

■Photo / Camera」カテゴリの記事

Comments

ついに来るべきときが来ましたな。

コニルタフリークとして残念ですが、これも時代の流れというものなんでしょうか。

何年か前、キャノンの社長だか取締役だかが「数年以内に淘汰が進み、カメラメーカーは数社に絞られるようになるだろう」ってなことを言ってましたが、こんなにはやく来るとは思いませんでした。

次はペンタックス、なんてことにならなきゃいいのですが・・・。

Posted by: tamaki | January 21, 2006 22:17

やっぱデジ一眼の出遅れが原因でしょうかねー。

最初っからコンデジだけだったら、リコーや旧コニカみたいに規模を縮小して細々とやる手もあったんでしょうけど。

しかし銀塩廃止は痛いですね。もっとも俺も最近フィルムの使用量がめっきり減ってますが。

今後は折を見てY/Cマウント等の手持ち機材のデジタルシフトを考えていこうかと思っています。アダプタかましてデジで活用しようかと。

Posted by: B.God | January 22, 2006 19:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« タイの写真upしました | Main | 早くも叩き売りか »