« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005の6件の記事

December 25, 2005

アンチシェイク実験。

051225antishake
そーいえばα-Sweet D売り物の手ブレ補正機能の効き目を試したことがなかったので、実験してみた。

原版をExifデータで確認するとシャッター速度は1/5秒。ちなみにレンズは35mmF2です。実際には成功率100%ってほどではなかったが、たしかに効果はある。ていうより、時節柄もっと華やいだもん撮りゃーいいのにと自己嫌悪に陥りました…。しっかし暇なのはクリスマスだけだわ…もぉ。

話変わって、今度の正月は、私、とりあえずタイに行くっす。ほーんと、とりあえずって感じだな。航空会社のWebサイトで何げにポチッとやった先がバンコクだったという次第。日程も短いしねぇ。本音は、久しぶりの海外だからもっと冒険したかったけどなぁ。でもいろいろ準備する余裕ないし。どこでもいいから外国の空気吸いたかったっつー感じかなぁ。でも、それならもっと空気のきれいな所にしておけばよかったなぁ。

…ていうか、バンコク着いてからどこ行くか、これからまじめに考えないと。

| | Comments (3)

December 23, 2005

冬の朝の光。

051223thimphu
下の記事を書くときにブータンの写真を見つくろっていて発見した、ハードディスクの中で眠っていた画像。

6年前のちょうど今頃、ブータンに来たばかりで暇こいていた私は、ひとり早起きして首都ティンプーの町を歩いては写真を撮っていた。そのときに撮った写真の中の一枚である。

日本と同じく、ブータンも今頃は、朝は光が低くて、結構ドラマチックに見えるシーンに出会えた。

早起きすると、いい光景が見られるのが今の季節。

寒いけど。

| | Comments (0)

December 19, 2005

ブータン国王、退位を表明

051219hismajesty
ブータン新聞『クエンセル』によれば、National Day(建国記念日みたいなもん…かな)の演説で、現ブータン国王が08年に王位を皇太子に移譲すると語ったらしい。

この演説では同時に国の民主化や初の総選挙の実施についても話されていることから、民主化と自らの退位をからめているのではないかとの見方が強いようだが、民主化以降、現在の王制にどのような変化があるのかこの演説では明らかになっていないようだし、また、後継者を明らかにしているということは、王制そのものをなくすつもりもないのだろう。

気になった、というか「らしいな」と思ったのは、国王が「…協議会の中では、『ブータンに議会制民主主義を取り入れるには時期尚早』という考えが主である」と語っていたこと。トップダウン意識にどっぷり浸かっているこの国のお役人がいかにも言いそうなことである。

けど、現国王もまだ若い(50歳)とは言え、たしか即位したのは17か18歳のときだし、本音は、単にもう疲れただけじゃないかと…。俺には、何だかそんな気もする。

| | Comments (0)

December 18, 2005

ミノルタAF24mmF2.8

051218ginkgoしっかし、さぶいですねぇ。今日の突風に耐えて辛うじてがんばってるイチョウを撮ってみた@都内。

ところで、α-Sweet Dを買って以来初めて、先日、冬ボでコニミノのレンズを買った。AF24mmF2.8NEW。思えば、新品のレンズ買うのはいつ以来だろう。わからん。しかしミノルタ関係では今世紀初なのは確かだ。

APS-Cサイズだと36mm相当の画角になるので、ファインダーを覗くと見慣れた視野が現れるのが良い。しかも軽いし。これでF値が2.0だったらもっと良かったのだが。

しかしこの24mmF2.8、20年前のα-7000時代と同じ設計のレンズ(いや、これは、もっと前のMFロッコール時代と一緒だったような気も)をいまだに売っているのもすごい話だ。というか、これを買う前にネットで量販店の在庫を調べてみたら、結構αレンズのラインアップぼろぼろになっているじゃねーか。カタログ落ちしているレンズはともかくとして、50mmF1.7や85mmF1.4Gが次回入荷未定ってマジすか?いいのかコニミノ?

| | Comments (0)

December 11, 2005

そして師走

051211cafe
なんだか天気が冴えないまんま紅葉のシーズンが終わってしまったやうな@東京。

年内にもう一度くらい、どこか撮影に行きたいもんだがな。

しかし日々寒くなるし。うーむ。

| | Comments (0)

December 03, 2005

子供受難の時代

051203road
自分が小学生の頃にも集団登下校はあったけど…

現代の日本では、子供は一人歩きできなくなってしまったのかね。

根っから放浪癖のある私としては、とりあえず今子供でなくてよかったと思うのだが、しっかし何とかせにゃいかんよな。

| | Comments (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »